誤った自立で、人と上手に関われない!?

自立の方向性を間違えると、人と深く関係を築けなくなる?

自立の方向性を間違えると、人と深く関係を築けなくなる?

自立している女性は素敵です。ただし、方向性を間違えると、人と深く関係を築けない人になってしまうこともあるので、注意が必要です。
今回は、自立した女が陥りがちな恋のミステイクを3つ紹介します。

「自立の方向性を誤ることで恋愛がうまくいかなくなることがある」といっても、だからといって自立すること自体を否定しているわけではありません。
そもそも恋愛をすることにおいて、精神的な自立をしていることはとても大事なことです。なぜなら、一人で立っていられない人は、パートナーに依存しがちで、相手に与える愛情に対して、見返りを求めるようになるからです。「私がここまでやってあげたのだから、あなたもその分、私に返してくれるはず(&返してくれないと困る)」と思ってしまうのです。

本当の愛というのは、無償なので、見返りを求めている時点で、愛は愛でも、“自己愛”であることが多いのです。

逆に自立している人は、「自分がしてあげたいから」というシンプルな理由で、相手に奉仕することができます。普段から自分で自分を満たしているので、相手に見返りを求めなくてもいられるのです。つまり、自立している人ほど、本当の意味で人を愛することができるのです。

では、自立しているからこそ、恋愛がうまくいかなくなる人というのは、なにを間違っているのでしょうか?


ミステイク1:マイペースになりすぎる

自立している人の中には、趣味や仕事が充実していて、一人の時間も愛し、一人でも生きていけるような人になっている反面、マイペースになりがちです。

そういう人は、恋愛などで深く関わろうとする人が現れると、自分のライフスタイルが乱され、調子が狂ってしまいます。だからこそ、自分の生活を変えない程度の付き合いをしてくれる人を望むこともあります。

それでは、人生のパートナーとなり得る相手との出会いは難しいでしょう。そんな自分の人生の“オプション”レベルでしか、パートナーと関わることを求めていない人に対して、真剣に付き合おうと思ってくれる人は少ないからです。

人と付き合うというのは、相手と共に人生を歩んでいくことであり、そのためにも足並みを揃えて時を過ごす必要も出てきます。
また、自分はさっさと進めたいことでも、相手には相手のペースがあるので、時にはそれに合わせなくてはいけないことも出てきます。それが人によっては、歯がゆさを感じることもあるでしょう。
でも、自分のペースで突き進んでしまったら、相手は段々、一緒に歩むことを止めてしまうかもしれません。パートナーシップにおいて、いくら自分がHAPPYでも、相手がUNHAPPYではうまくいかないのです。

そんなマイペースにも関わらず、人生を共に歩むパートナーを望んでいる人は、自己改造するくらいの気持ちを持たなくてはいけないこともあります。でも、大切な人と足並みを揃えることで感じる安らぎや幸せも必ずあります。自分の都合で進むのではなく、相手のペースにも合わせられる人になりましょうね。

次も自立している人が陥りがちなミスです。次のページをご覧下さい。