undefined

同世代の友人には既婚者も多いはず。結婚している友人からリアルな結婚生活を聞き、未来の生活を具体的にイメージしてみましょう。

「いつでも結婚できる女」になろう

結婚を望む大人の女性に必要なのは、実現可能な結婚生活のプランニング。
たとえ相手が誰であろうと、結婚して妻になった後どのような働き方をするか、定年後はどのようなセカンドライフを送るかといった計画を、仮でもいいから立ててみましょう。

未婚の女性は特に「憧れの結婚生活」に理想を抱きやすいですが、大人ならば、周囲の結婚している友人や知人を見て、現実がどの程度なのかも知っているはず。
絵空事ではない青写真を描けば、おのずと「今からやっておいたほうがいいこと」や「今のうちだからできること」が見えてきます。

■「今からやっておいたほうがいいこと」の例
・「産める体」の維持に取り組む
(35歳を過ぎて子供が産みたいなら、体力や健康状態の向上を)
・出産や夫都合の転居の可能性を踏まえた仕事の長期計画
(雇用形態の見直し、勤務先の待遇によっては転職や独立を考えても)

■「(独身の)今のうちだからできること」の例
・資格取得、昇進試験などビジネススキルの向上
(結婚後もできなくはないが、独り身のほうが融通がつけやすい)
・投資を含めた老後の資産計画
(独身のうちに貯めた資産は個人のもの、独身のまま老後を迎えた際の安心材料にもなる)