気ままな温泉一人旅に出かけてみよう

日本の冬といえば温泉。筆者のように、毎年行くことを心待ちにしている人もいるのでは。家族友人とワイワイ行くのもいいけれど、たまには一人で気ままにほっこりしたい! そんな方のために、今回は一人旅の初心者でも楽しめる温泉地をご紹介します。

一人旅の温泉地を選ぶ3つのポイント

温泉に浸かって笑う女性

たまには一人で心ゆくまで温泉を楽しもう


温泉天国ニッポン。国内に温泉地は無数にあり、迷ってしまいますよね。一人で行くならどこがいいのでしょうか。一人旅初心者の方のために、まずは目的地選びのポイントからご紹介していきます。

1.交通機関が充実している
目的地まで、鉄道やバスの路線が充実している場所を選びましょう。駅から送迎バスを運行している旅館もあり、迷わず安心して到着できます。いわゆる「秘湯」と呼ばれる人里離れた場所にある温泉地は、一人で行くのは少し不安かもしれません。

2.観光客でにぎわっている
知名度が高く人気のある温泉地を選びましょう。観光客が多いエリアなら、一人でも寂しさを感じることがありません。女性一人でも安心して楽しめることができるでしょう。

3.温泉以外にも楽しみがある
温泉以外にも、観光スポットがたくさんあるエリアを選びましょう。旅館に1泊するだけでは、一人旅としては少し物足りなさを感じるかもしれません。神社仏閣、ショッピングスポットなど、周辺施設が充実しているエリアなら、退屈にならず観光の楽しみが増えます。

一人旅初心者におすすめの温泉地3選

熱海(静岡県)
青い海を臨む熱海温泉の街並み

海の幸も堪能できる魅力的な熱海


その起源は1250年にさかのぼり、あの徳川家康も愛したという歴史ある温泉。都心から新幹線で約1時間とアクセス抜群。一時は観光客が減少していましたが、現在は駅前も再開発され、若者の間でも人気が復活しています。

熱海のおすすめ温泉はこちらの記事で。
人気復活!熱海でおすすめの温泉3選

草津(群馬県)
白い湯気が立ち込める草津温泉の湯畑

白い湯気が大迫力の草津の湯畑


日本三大名泉の一つ。温泉地の中心にある巨大な湯畑が有名。硫黄のにおいが立ち込める中の散策は、まさに「温泉に来た!」と実感できます。名物の「湯もみショー」も是非楽しんで。都心からは鉄道やバスで3~4時間と程よい距離です。

一人でじっくり楽しむなら穴場の温泉もおすすめ!
ガイド本にも載っていない!草津温泉の穴場6選

軽井沢(長野県)
浅間山に雪がかぶっている軽井沢の道

浅間山に雪を関する冬の軽井沢


都心から新幹線で約1時間。高原リゾートとして名を馳せる軽井沢は、温泉も充実。冷たく澄んだ空気の中で入る露天風呂もまた一興。駅前にはアウトレットモールがあり、ショッピングスポットが充実しているのも魅力。女性に特におすすめです。

軽井沢のおすすめ温泉や観光情報はこちら。
冬の軽井沢観光ならココ!おすすめスポットと温泉

一人旅で気をつけるポイントは?

旅館によっては、一人客を歓迎しないところもあるので、予約の際はご注意を。現在は「一人旅プラン」を設定している旅館もあるので、初心者なら利用したいところ。

また旅館での食事は、大広間よりも「お部屋食」がおすすめ。寂しさを感じることがなく、一人で思いきり夕食を楽しむことができます。

一人で旅館に泊まる勇気がない……!という方は、日帰り温泉で雰囲気を見るのもいいでしょう。また温泉付きのビジネスホテルに泊まるという手もあります。ここなら一人客も多く、初めてでも不安を感じることがないはずです。

温泉で一人旅デビューしよう!

一人旅なら、同行者を気にすることなく、思いきり温泉を楽しめます。仕事に疲れた心を癒す旅は、一度体験すればハマること間違いなし。是非、今シーズンに一人旅デビューを飾りましょう!


【関連記事】
一人旅で失敗しない!「おひとり様」歓迎の温泉宿10選
一人旅に選んではいけない宿の3つの特徴
贅沢!温泉ひとり旅におすすめな東日本の温泉宿5選

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。