一人旅におすすめの京都のお庭7選

龍安寺の知足のつくばい

龍安寺の知足のつくばい

一人でゆっくり自分を見つめ直したい、誰にも邪魔されず、とにかくぼーっとしていたい。そんなときにおすすめなのがお寺でのお庭鑑賞。

京都には、様々な庭園がある中で、今回は一人旅にふさわしい、ゆったりと拝観させていただける7つのお庭を選んで紹介します。

宝泉院 大原の里の「立ち去りがたい」庭

洛北の大原の里というと、誰もがまず思い浮かべるのが、歌にも歌われる三千院。それから、平清盛の娘で、安徳天皇の母となった建礼門院徳子(けんれいもんいんとくこ)が、静かに余生をおくった寂光院も、多くの人が訪れます。

しかし、大原で最も味わい深く、一人旅にもぴったりだと思うのは、宝泉院というお寺。仏教音楽「声明(しょうみょう)」の道場として栄えた大原寺(勝林院)の住職の坊(ぼう、居所のこと)としての歴史を持つお寺です。
宝泉院庭園

宝泉院庭園

このお寺の『盤桓園(ばんかんえん)』と名付けられた庭は、客殿の柱と柱の間の空間を絵画を飾る「額縁」に見立てて鑑賞する、いわゆる「額縁庭園」。抹茶とお菓子をいただきながら、ゆったりと拝観することができます。

座る場所は、緋毛氈(ひもうせん)が敷かれた場所ではなく、壁際からズームアウトして眺めたほうが、より美しい「額縁」を楽しむことができます。

庭園には、大きな「五葉の松」をはじめ、楓、桜、梅などが植えられており、一年中、いつ来ても異なる自然の美しさを味わうことができます。さらに、生け垣の向こうの竹林の間からは、山肌が垣間見え、山里・大原ならではの景色が広がります。
つくばい(宝泉院)

つくばい(宝泉院)

ちなみに、お庭の名前の「盤桓」というのは、うろうろする、ぐずぐずする、という意味。転じて、「立ち去りがたい」庭ということで、『盤桓園』と名付けたのですね。

宝泉院で、もうひとつ見ておきたいのが、伏見城の床板の遺構を使ったという書院廊下の「血天井」。いわれてみれば、確かに天井のシミは、「伏見城の戦い」で戦死した武者の顔のように見えます。

<DATA>
■宝泉院
住所:京都市左京区大原勝林院町187
アクセス:京都駅より京都バス17系統・18系統に乗車し、約65分の「大原」下車
地図 → http://www.hosenin.net/access/
ホームページ → http://www.hosenin.net/