「思い出ジミ」をつくらない。この春登場する新HAKUがすごい!

若い頃、シミを気にせず日焼けをしたことは誰にもありますよね。大人になってから必死に美白ケアをしても時すでに遅し。続々と出てくるシミを見て、若い頃の自分の行動を後悔する人も少なくないはずです。そんな女性たちの思い出を後悔に変えないために生まれ変わったのが、2018年3月21日に登場する新しいHAKUです。

資生堂HAKU画像

HAKU メラノフォーカスV(医薬部外品)税抜10,000円(編集部調べ)


新成分配合で、明るく澄んだ、生まれたての透けるような肌へ!

資生堂HAKUといえば、発売から13年連続で売り上げNo.1をキープし続けている美白美容液。その積み重ねた実績からも、資生堂が誇る先端のシミ予防研究のすごさがわかります。

新HAKUは何が進化したかといえば、現行の美容有効成分4MSK(メラニン色素の過剰生成を効果的に抑制)、m-トラネキサム酸(メラノサイトの活性化を効果的により抑制)、アンダーシールダーに加え、Vカット複合体(整肌・保護成分)を新配合している点。これによりシミの根本原因を整えてシミの生成連鎖を抑止し、乾燥や肌あれを防ぎながら美白へと導いてくれます。

新パッケージのオーロラ箔素材は、前向きな気持ちを表現

HAKUというと純白でシンプルなパッケージというイメージですが、今回のリニューアルではプリズムカラーを取り入れて刷新。シミが改善された時の女性の前向きな気持ちを表現し、純白のボディに加えて、上部には希望あふれる七色のオーロラ箔素材を施しています。ここにも、資生堂の「思い出ジミをつくらせない」という強い意志を感じることができます。

使い方は朝と晩、化粧水で肌を整えた後にディスペンサー2回分を押し、シミやそばかすが気になる部分を中心になじませるだけ。ピタッと密着するなめらかな使用感で、美白成分を肌のすみずみまでいきわたらせてくれます。これなら毎日のお手入に無理なく取り入れられそうですね。

あの時の紫外線ダメージをなかったことにするために......。これまで一度もHAKUを体験したことがない人も、新生HAKUの実力を試してみてくださいね。

■商品DATA
HAKU メラノフォーカスV(医薬部外品) 1万円(税抜・編集部調べ)
※2018年3月21日(水)新発売

■お問い合わせ
資生堂

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。