洗練されたコスメブランドが続々と上陸している銀座。9月14日(水)、この銀座にオーストラリア発のボタニカルスキンケアブランド「Aesop(イソップ)」がオープンしました。今回は、オープンに先立ち来日していたCEOのマイケル・オキーフさんにその魅力を伺いました。

CEOのマイケル・オキーフさん。40歳には見えないツヤツヤのお肌と笑顔!

CEOのマイケル・オキーフさん。40歳には見えないツヤツヤのお肌と笑顔!


「イソップは、もともとヘアケアブランド。ブランドスタート時、余計な成分をはぎ落として完成した“透明なシャンプー”は大きな話題になったんですよ」と、話始めたマイケルさん。かつて、オーストラリアで主流だったヘアケア商品は、ケミカルなものが使われていたため、頭皮のトラブルを起こす人が多くいたそう。そこで、敏感肌の人のためにボタニカル(植物の)エッセンスを使ったブランド「イソップ」が立ち上がりました。

マイケルさんセレクト。乾燥する時期にオススメのアイテムは左から「B トリプル C フェイシャル モイスチャライジング ジェル マスク(60ml/9030円)」、「フェイシャル ハイドレーティング クリーム38(60ml/11,550円)」、「アンチーオキシダント アイクリーム(10ml/8820円)」

マイケルさんセレクト。乾燥する時期にオススメのアイテムは左から「B トリプル C フェイシャル モイスチャライジング ジェル マスク(60ml/9030円)」、「フェイシャル ハイドレーティング クリーム38(60ml/11,550円)」、「アンチーオキシダント アイクリーム(10ml/8820円)」


イソップの特徴は“自然が持つ植物の力”と、“人間が研究した安全性”のベストバランスを追求して作れられていること。長年に渡って、植物や肌、アレルギーに関する研究を重ね、そのバランスを導き出した “イソップならでは”のものです。容器の蓋をあけると、ラベンダーやマンダリンなどの香りが広がり、フッと心が解かれるようにリラックスできます。

マイケルさんは「美は高価なコスメなどで作られるのではなく、心地よく暮らすことで作られる」と言います。食や睡眠はもちろん、映画鑑賞、アート、友人とワインを飲みながらの会話、など毎日を心地よく生きることのひとつとして、イソップを取り入れてほしいそう。

店舗のデザイナーは、1号店のデザインも手がけた建築家の長坂常氏が担当

店舗のデザイナーは、1号店のデザインも手がけた建築家の長坂常氏が担当


ライフスタイルに溶け込むスキンケアブランドとあって、その店舗もユニーク。「お店は、その地域の歴史や雰囲気にあったデザインを」というコンセプトなため、世界中にある店舗は全て違います。9月14日(水)にオープンした銀座の2号店は、レンガ通りのビジネスマンやオフィスレディが入りやすい、まさに街に馴染んだ店内。カフェのような表参道の1号店とはまた違った雰囲気を楽しむことができます。

肌に優しい植物由来のケアアイテムを始め、多角的に美をサポートする「イソップ」。一度お店に入れば、それを簡単に感じることができます。あなたもオープンしたての銀座店を訪れてみてはいかが?

■ DATA
Aesop Ginza (イソップ 銀座店)
住所:東京都中央区銀座4-3-5
TEL:03-6228-7818
HP:www.aesop.com
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。