ブライダルフェアや式場見学にデニムやスニーカーはNG!?

ウェルカムボード

会場コーディネートは自身の結婚式の参考になります 写真提供:Goshi Photo

ブライダルフェアや式場見学に服装の決まりはありません。デニムやスニーカーでももちろんOK。ビーチサンダルやジャージで行っても、会場によってはちょっとビックリされるところもあるかもしれませんが、入店を拒否されることはないでしょう。ドレスコードがある訳ではないのですが、やはり服装によってプランナーやスタッフが受ける印象は変わってきます。だからホテルや式場の格式や雰囲気に合わせて服装を選ぶと安心です。



土日祝日の式場見学は服装に注意!

ウェディングケーキ

ブライダルフェアではアイテム展示もチェックしておきましょう

もし土日祝日に式場見学に行く予定なら、あえて1つだけ服装に気を配ってほしいポイントがあります。それは土日祝日だと結婚式が行なわれている可能性が高いので、オフィスカジュアルなどある程度、清潔感のある装いを心掛けること。説明を受けるブライダルサロンは別館や別フロアであっても、館内を見学している間に当日の花婿花嫁、ゲストに出くわす可能性もあります。ご両家様にとっては特別な1日なので、いくらオシャレでもあまりに汚いスタイルは避けるよう配慮しましょう。



式場見学・ブライダルフェアの服装で、プランナーや結婚式の雰囲気が決まる?

神戸旧グッゲンハイム邸

挙式会場や披露宴会場以外のスペースもチェックしておきましょう 写真提供:Goshi Photo

来館時に記入してもらうアンケート以外にも、プランナーは花婿花嫁様との会話や雰囲気、立ち居振る舞いなどから、どんなお2人なのか、どんなご両家様なのかを想像しながらウェディングの提案をしてきます。

特に、お2人のファッションを、イメージやアイディアの提案する際の大きなヒントにするプランナーは多くいます。だから自分たちらしいファッションで見学に行くことは、結婚式スタイルを決める上でも大きなポイントになります。

そして実は、来館されたカップルの雰囲気やファッションをみて、接客するプランナーが決められることもあるので、当日の装いは自分たちのスタイルを大切に。自分たちのセンスや好みを分かってくれやすいプランナーにあたる確率が高くなります。結婚式のイメージが固まっている人はもちろん、まったくイメージが湧いてない人は特に、自分たちらしい装いでブライダルフェアや式場見学に足を運びましょう。



ブライダルフェアでドレス試着を体験するなら

ドレスフィッティング

ブライダルフェアでも、ドレス試着は人気の体験型イベントです

ブラダイダルフェアでは、ウェディングドレスやカラードレスの試着ができたり、ヘアメイク、ネイル体験ができるイベントが開催されていることもあります。

もしドレス試着をするなら、ブラウスやシャツなど、前開きタイプの脱ぎやすい服装の方がヘアスタイルも乱れずスムーズ。下着やムダ毛のケアも気をつけておきましょう。ヘアスタイルもアレンジしてくれるフェアもあれば、試着のみの場合もあります。ドレス試着のみであれば、ヘアスタイルもアップにしていくとイメージが掴みやすいはずです。

ヘアメイク体験はフルメイクというより、アイメイクなどポイントメイクの体験が一般的です。もしヘアメイク体験を希望するなら、メイクを作り込んでいかない方がベター。ドレス、ヘアメイク、ネイルなど体験型のイベントは混み合うことが多いので、どうしても体験したい人は早めの時間帯がオススメです。


ブライダルフェアの持ち物、チェックポイントは?

テーブルコーディネート

料金をはじめ納得できてから式場と契約しましょう 写真提供:Goshi Photo

写真を撮れるホテルや式場なら、スマホやカメラで写真を撮っておきましょう。質問もスマホや手帳にリストアップしておくと聞き漏れが防げます。

ホテル・結婚式場見学時にしておきたい質問リスト

館内を見学する際は、挙式会場・披露宴会場(バンケット)以外の施設を忘れずにチェックしておきましょう。華やかなコーディネートや模擬挙式などのイベントが催される挙式&披露宴会場についつい注目しがちですが、親族控室や着替え室、トイレなど、ゲストのためのスペースが充実しているかを確認することが大切。必要な施設や設備はゲストの顔ぶれによって異なります。たとえば赤ちゃん連れのゲストがいらっしゃるなら、授乳室やおむつ交換ができるスペースや設備があるかどうかなど、メインの施設だけでなくゲストのためのファシリティをよくみておきましょう。




ブライダルフェアも式場見学も、見学だけにせよ結婚式をおこなう場所なので、ホテルや式場のステイタスや雰囲気に合わせて服装を決めることが大切です。また華やかな雰囲気で結婚式のイメージもしやすいブライダルフェアですが、華やかさにうっかり目を奪われて肝心な施設や設備をチェックし忘れないように。料金プランやキャンセル料も冷静に確認して、少しでも納得ができない点があるなら一旦、保留にする決断も大切。いろんな式場のブライダルフェアや下見をして、結婚式場選びを楽しんでくださいね。

ホテル・結婚式場見学の注意点。契約前にキャンセル料を確認




【写真提供】
Goshi Photo



■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
経験談の応募はこちらから!

【経験談例】
第三子を出産してすぐ、夫の社内不倫と、相手女性の妊娠が発覚。それでも夫婦関係の再構築を選択した話(30代、女性)

40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)

W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。