レジャーは、それなりに出費が必要になるため、まとまった金額のレジャー資金を貯めておくなどしないと、楽しめないと考えている人は少なくありません。とはいえ、ちょっとした発想の転換で、お金をかけなくても家族でレジャーを楽しむ方法はあります。
 

散歩&バーベキューは鉄板のレジャー

必ずしも遠くに出かけるのがレジャーではありません。まずおすすめなのは、お弁当を持って近くの公園まで散歩を楽しみながら、青空の下でご飯を食べるというもの。都内はもちろんのこと郊外にも地方にも公園はありますので、誰でも手軽に楽しめますね。

また、バーべキュースポットへ行って、バーベキューを楽しむのもアリです。少し遠出をするときには、プラスαでサイクリングをしながら出かければ、かなり充実した内容になります。さらに帰りに入浴施設に立ち寄れば、完璧な1日が送れそうです。
 
お金の掛からないレジャー

サイクリングは、お金のかからないレジャーの1つ

 

自宅の庭でテントを張ってキャンプする

意外と楽しいのが自宅の庭でのキャンプです。この時にはしっかりとテントを張って、夜は寝袋で寝れば気分は盛り上がります。

「えっ、そんなこと?」と思うかもしれませんが、特に小さなお子さんの場合には、無邪気に喜んでくれますよ。夏であれば子供用のプールも準備して、水遊びを取り入れると充実度がアップします。
 
自宅キャンプは大人も十分に楽しめる

自宅キャンプは大人も十分に楽しめる


自宅でのキャンプは、節約以外にもメリットはたくさん。ご飯の準備や片付けが楽チンですし、渋滞に巻き込まれる心配はありません。お財布に優しい以上の効果が期待できるのです。
 

社会科見学を兼ねて工場見学に参加する

お菓子の工場等では、工場見学を受けつけています。いつも食べているお菓子がどのように作られているのか、どのような人たちが働いているのかを知ることができるので、遊びながら学ぶことができます。

工場の中にはお菓子作りが体験できる施設を設けているところもありますので、見る・食べる・作るの経験を一度に体験することができるところもありますよ。

また、航空会社の工場見学もおすすめです。こちらはかなり人気なのですが、航空機モデルの展示や歴代の制服の展示、空港の概要紹介、格納庫へ行って本物の飛行機の見学など、大人でも十分に楽しめる内容になっています。その他に、鉄道やバスの一日乗車券を利用して、街巡りを楽しむという方法もあります。

お金をかけなくても、楽しむ方法はいろいろあります。リーズナブルにレジャーを楽しんだら、浮いたお金はしっかりと貯蓄に回し、将来に備えましょう。

【関連記事をチェック!】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。