グローバルなカラートレンドを象徴する「ウルトラ・バイオレット」

2018年の色,パントン・カラー・オブ・ザ・イヤー2018,ウルトラ・バイオレット

「パントン・カラー・オブ・ザ・イヤー2018」は「ウルトラ・バイオレット」に決定しました

グローバルなカラートレンド情報を発信する米国パントン社は、「カラー・オブ・ザ・イヤー2018」に「ウルトラ・バイオレット」を選びました。独創的で神秘的なムードを醸し出す「ウルトラ・バイオレット」は、魅力的で好奇心をかきたてる色。「ウルトラ・バイオレット」に代表されるパープル系は、2018年のカラートレンドの中で、最も注目すべき色であり、多くの人々にとって選択肢となるでしょう。

色には、心理的、象徴的な意味があります。「ウルトラ・バイオレット」は、宇宙の神秘、好奇心をそそるような未来を想起させます。そして、複雑な世界に生きる現代人に寄り添う色であり、解決と課題をもたらすテクノロジーを象徴する色でもあります。将来の方向性を模索する、独創性や先見性を備えた思慮深い色と言えるでしょう。

建築家・安藤忠雄がデザインした「ラベンダー色」の風景

建築家・安藤忠雄が設計した「頭大仏殿」は、夏はラベンダーの紫色に覆われます

建築家・安藤忠雄が設計した「頭大仏殿」は、夏はラベンダーの紫色に覆われます

2017年12月15日、昨年に引き続き日本で開催された「パントン・カラー・オブ・ザ・イヤー 2018」の発表イベントでは、「ウルトラバイオレット」のイメージをもっとも適切に示している風景として、建築家・安藤忠雄氏が設計した「頭大仏殿(Hill of the Buddha)」の画像が映し出されました。                                        
                                       
2015年に完成した「頭大仏殿」は、環境一体型建築の事例の1つ。大仏を包み隠すように設計されたランドスケープは、夏は紫色のラベンダー畑が広がり、冬は真っ白な雪におおわれます。北海道の大自然に包まれた立地と、光や余白の空間をデザインした安藤建築によって、美しくも力強い風景が生まれました。

「頭大仏殿」は、札幌市中心部から車で約45分のところにあります。誰もがその場所を訪れるのは難しいですが、世界中の人々がオンラインでその景色を楽しむことができます。安藤建築に魅了された人々にとって、一度は訪れてみたい聖地のような場所と言えるかもしれません。

映画「パープル・レイン」に象徴されるプリンスの色

今なお多くの人々の記憶の中に生き続けるミュージシャンたちが、パープルをシンボルのように使っていました。たとえば、1960年代から、変化しつづける革新的なスタイルで唯一無二の存在感を示したデヴィッド・ボウイ、ジミ・ヘンドリックス。彼らの名曲「パープル・ヘイズ(Purple Haze)」、プリンスの映画「パープル・レイン(Purple Rain)」などがそうです。

2017年、パントン社はプリンスの財団から依頼を受け、プリンスの公式ブランドカラー「ラブ・シンボル #2」を選定しました。「ラブ・シンボル #2」は、プリンスが世に送り出した音楽、アート、ファッション、文化の永続性を表現する色です。

カウンターカルチャーにおけるパープルは、既存の枠組みにとらわれることなく、境界を取り払っていくような創造性を示しています。

リアーナのドラマティックなコスチューム

ファッションアイコンとしても注目される歌姫リアーナ,リック・ベッソン監督の最新作『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』では、一瞬で容姿を変えることができるエンターテイナーを演じます

ファッションアイコンとしても注目される歌姫リアーナ。リック・ベッソン監督の最新作『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』では、一瞬で容姿を変えることができるエンターテイナーを演じます
(c) 2017 VALERIAN S.A.S. - TF1 FILMS PRODUCTION

女優、モデルとしても活躍する歌姫リアーナは、ファッションアイコンとしても注目されています。リアーナはヘアメイクやコスチュームに、パープルのドラマティックな効果を巧みに取り入れています。

たとえば、リック・ベッソン監督の最新作『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』では、一瞬で容姿を変えることができるエンターテイナー(宇宙人)・バブル役で出演。さまざまなヘアメイクやコスチュームで、観客を楽しませてくれます。

メイクアップにおいて、パープルは新しい色ではありませんが、2018年はマットな仕上がりのリップカラーが新鮮に映ります。ヘアカラーにおいては、鮮やかなパープルから、わずかにパープルの色みが感じられるものまで、目にする機会が増えたのではないでしょうか。

2018年春夏ファッションにおいても、パープル系は重要なトレンドカラーです。ワンピースやドレスのようなエレガントなものだけでなく、メンズを中心にアスレチックウェアにパープルを取り入れるなど、カジュアルなシーンにパープルが進出しています。

パープル系を使いこなすヒント

パントン社は「カラー・オブ・ザ・イヤー2018」の選定に際して、著名な建築家、アーティストらの独創的なパープルの使い方に着目しています。しかし、パントン社のリサーチ対象は多岐に渡ります。この項では、日常生活の中に、パープル系を取り入れるヒントをご紹介しましょう。

■生花・フラワーアレンジメント
紫色のバラ,インスピレーションを与える、紫色のバラのフラワーアレンジメント

インスピレーションを与える、紫色のバラのフラワーアレンジメント

パープル系の花は、グリーンと組み合わせることによって神秘性を高め、インスピレーションを与えます。新しいアイデアを必要としている方に、パープルのフラワーアレンジメントを贈ると、喜ばれるのではないでしょうか。

■子ども向けのアニメーション映画

大ヒットしたディズニー映画『アナと雪の女王』の登場人物アナは、パープルのケープをまとっています。また『カーズクロスロード(カーズ)3』には、ワイン色のセダン、ナタリー・サートゥンという新しいキャラクターが登場します。新しいキャラクターによって、パープルのイメージは刷新されていきます。

■新しい宝石「タンザナイト」
2月の誕生石「紫水晶(アメジスト)」は、良縁を結ぶと言われます

2月の誕生石「紫水晶(アメジスト)」は、良縁を結ぶと言われます

パープル系のカラーストーンは、神秘的で思慮深く、過剰な刺激からの解放といった印象を与えます。1967年、タンザニアのメレラニ鉱山で発見された「タンザナイト」は、ダイヤモンドより希少性が高く、近年人気が急上昇しています。

■フードやドリンク
和菓子などに用いられる紫芋,フィリピンのウベは、より鮮やかな紫色をしており、アイスクリームなどに用いられます

和菓子などに用いられる紫芋。フィリピンのウベは、より鮮やかな紫色をしており、アイスクリームなどに用いられます

パープルの野菜やフルーツなど、紫の色素を含んだ食材は美容・健康面でさまざまな良い効果が期待できそうだということで、近年、研究が進められています。美しく盛り付けられた健康的な食事は、日々の生活に豊かさをもたらします。

■鮮やかに発光するLED照明

都市の景観を鮮やかに彩るイルミネーション。LED照明の色は年々、鮮やさを増しています

都市の景観を鮮やかに彩るイルミネーション。LED照明の色は年々、鮮やさを増しています

LEDとは発光ダイオードのこと。世紀の発明として、その発明の対価について話題になった青色LEDは記憶に新しいところです。商業施設、住宅、舞台芸術などにLED照明が取り入れられるようになり、今後はより鮮やかな紫の表現が見られるでしょう。

そのほかには、自動車、家電製品、生活雑貨、インテリア、パッケージなど、さまざま領域で、デザインにパープルを取り入れるようになってきています。

パープル系の配色・カラーコーディネート

「ウルトラ・バイオレット」に象徴されるパープル系は、どのような色と組み合わせたらよいでしょうか。「パントン・カラー・オブ・ザ・イヤー2018」の発表イベントでは、次の5つのカラーパレットが紹介されました。

■TRANSCENT(トランセンド:超越する)
淡いトーンのパープルを組み合わせると、ミステリアスで浮遊感のあるムードが生まれます

淡いトーンのパープルを組み合わせると、ミステリアスで浮遊感のあるムードが生まれます

ブルー、ピンク、グレー、オフホワイトなどの色みを帯びたパープル系は、ミステリアスで浮遊感のあるムードをかもし出します。

■EXTRATERRESTRIAL(エクストラテレストリアル:地球外)
カーラ・デルヴィーニュ,リック・ベッソン監督の最新作『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』は、西暦2740年の宇宙が舞台。

リック・ベッソン監督の最新作『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』は、西暦2740年の宇宙が舞台。リアーナとともに、カーラ・デルヴィーニュも存在感を放ちます
(c)2017 VALERIAN S.A.S. - TF1 FILMS PRODUCTION

グリーン、サファイアブルー、シルバー、ガラスようなグリーンなど、地球外の環境をイメージさせるカラーパレット。好奇心をかきたて、未知の世界へと誘います。

■SOPHISTICATED(ソフィスティケイテッド:洗練された)
ツヤや光沢といった質感は、洗練されたイメージを強調します

ツヤや光沢といった質感は、洗練されたイメージを強調します

磨かれた、わずかにツヤのある質感は、エレガンスをかもし出します。明るいピンク、シャンパンベージュ、柔らかい白、オパールグリーン、オパールブルーなどと組み合わせるとよいでしょう。

■PIQUANT(ピクァント:小気味のよい)

暖色系にパープルを加えると、フランスの小粋なイメージが生まれます

暖色系にパープルを加えると、フランスの小粋なイメージが生まれます

赤、オレンジ、黄色といったあたたかい色は、現状を超越する力、新しいものに突き進んでいくパワーを秘めています。これらの色にパープルを加えると、前向きな力が出ます。

■RICH(リッチ:豊かな)
ワインや熟したベリーのようなダークパープルは、リッチなイメージをかもし出します

ワインや熟したベリーのようなダークパープルは、リッチなイメージをかもし出します

チョコレート、ワイン、熟したベリー、キャビアなど、パープルの色みを含んだダークカラーの食材は、食卓をリッチに彩ります。これらの色に、イエローグリーン、オリーブグリーン、アボカドグリーンなどを加えると、洗練された雰囲気が生まれます。

「ウルトラ・バイオレット」に代表されるパープル系は、組み合わせる色によって、さまざまなイメージに変化します。色選びに迷ったときは、パープルを選択肢に加えてみてはいかがでしょうか。どんなとき、どんなアイテムで取り入れたらよいのかは、今後の記事でご紹介します。

【取材協力】
PANTONEおよびその他のPantoneの商標は、アメリカ合衆国Pantone LLCおよび/またはその他の国に所在する子会社各社の商標または登録商標です。

【参考】

映画『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』
2018年3月全国ロードショー
配給:キノフィルムズ
© 2017 VALERIAN S.A.S. - TF1 FILMS PRODUCTION
URL:http://valerian.jp/

【ガイドからお知らせ】
ウェブアンケートを活用して、カラーリサーチを実施しています。匿名でご回答いただけますので、ご協力をお願いいたします。アンケートの結果は、今後の記事に反映させていただきます。
ガイドの最新情報は、All About公認ガイドブログFacebookページTwitterをご覧ください。

【関連記事】



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。