冬の電気代とガス代を節約するには?

冬場に上がる光熱費はやはり電気代とガス代です。エアコンの使用やお風呂、キッチンでのお湯の使用、煮込み料理によるガス(オール電化の場合は電気)が原因です。電気代とガス代、この2つをしっかり抑えるようにしていきましょう。それでは、この2つをどのように節約するのかをお伝えしていきます。
 

カーテンや断熱シートを活用しよう

新しい住宅の場合、断熱窓や二重窓など断熱効果の高い窓やサッシにすでになっていると思いますが、古い住宅の場合は自分で窓の断熱を行う必要があります。

カーテンは窓の断熱に効果的です。中でも、遮光カーテンなどの分厚い生地の物だと断熱効果が高くなります。また、隙間ができないように、高さはピッタリまたは少し長めにしましょう。ブラインドはデザイン性が重視されるので、断熱効果はあまり期待できません。

また、ホームセンターなどで売っている、窓に張るタイプの断熱シートやフィルムを使うのもよいでしょう。遮光カーテンと組み合わせるとさらに効果が期待できます。ただ、見た目が悪くなりますので、来客が多いご自宅の場合はリビング以外で使用するなど配慮したいものです。
 

衣類は1枚厚着しよう

上着を羽織るなど、1枚多く厚着をするだけで体感温度は上がります。カーディガンを羽織れば2.2℃、ひざ掛けをすると2.6℃、靴下を履くと0.6℃体感温度が上がるという例もあります。冷気が溜まりやすい足元はフワフワ靴下やフワフワスリッパで暖かくし、ボトムスで足腰を冷やさないようにしましょう。

ちなみに我が家のソファには、ひざ掛けを通り越して毛布を常備しています。ひざ掛けとは違い、体ごとスッポリかぶったり、家族と一緒にひざ掛けにしたりと、普通のひざ掛けより大きさもボリュームもあり、モフモフして気持ちよいです。
 

料理は圧力鍋や熱伝導率の良い鍋を使い、時短ですませる

冬場はおでんや煮込み料理が美味しくなりますが、こうした料理もガス代が高くなる要因の1つとなっています。圧力鍋や熱伝導率の良い鍋を使い、できるだけ煮込み時間を少なくすることが大切です。
 

お風呂は続けて入ろう

足し湯や追い焚きをできるだけ避けるためにも、お湯が冷めないうちに続けて入りたいものです。時間が合わない時は蓋をして、できるだけ冷めないようにしましょう。
 

節約効果が高くなるように、電力会社を見直す

普段の電気の使い方やライフプランを考慮し、節約効果が高くなるような組み合わせを選ぶのがベターです。以下に、ポイントをいくつか挙げてみました。

・共働きで朝と夜に家事を集中させている家庭なら、深夜電力など時間帯割引を利用
・電気とガスを併用しているならセット割り
・ガソリン代が毎月2万円以上かかるなら、ガソリン系の電力会社(さらにクレジットカードはそのガソリン系に集約させる)

詳しい解説は「電力自由化で電気代の節約をしよう」をご覧ください。
 

光熱費の安い家に住もう

引越しをする時はできるだけ、光熱費がかからなそうな家に住みましょう。私が家を建てる時や引っ越しをする時に一番重要視することは、ランニングコスト(維持費)がいくら位かかるかです。光熱費は毎月のランニングコスト(維持費)の1つです。

詳しい解説は「住むほどに家計費を節約できるマイホーム作りとは」をご覧ください。

このランニングコスト(維持費)が高いと、自分の懐を徐々にボディブローのように痛めつけます。毎月必ずかかるお金だからこそ、光熱費のかかりにくい家に住むことができれば、浮いたお金で自分と家族の未来のためにお金が使えるようになります。

・木造より鉄筋やRC
・一戸建てよりマンション
・古い家より新しい家
・リビングの日当たり
・LPガスより都市ガス
・吹き抜けや床暖は電気代が増える

新築でマイホームを持つ時はできるだけ光熱費が抑えられるように設計し、省エネタイプの住宅を選びましょう。「住むほどに家計費を節約できるマイホーム作りとは」でも解説しているので、併せてご覧ください。

【関連記事をチェック!】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。