映画『探偵はBARにいる3』の大泉洋さんに直撃インタビュー

大泉洋さん/photo:saito

『探偵はBARにいる3』主演・大泉洋さんインタビュー


『探偵はBARにいる』の第一作目は、2011年に公開されて大ヒット! 2013年『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』も人気を博し、今年、シリーズ第三弾『探偵はBARにいる3』が公開されます。大泉洋さんと探偵シリーズのファンにとっては、待ちに待った新作です!

今回、探偵(大泉洋)と相棒の高田(松田龍平)が出会うのは謎の美女(北川景子)。二人は彼女の仕組んだ罠にはめられていく……という物語。本作に懸ける思い、撮影エピソードなどたっぷりお話ししていただきました。

プロデューサーと脚本家と話し合って練り上げた新作です

『探偵はBARにいる3』

『探偵はBARにいる3』の名コンビ、探偵と高田(松田龍平)


―4年ぶりの『探偵はBARにいる』シリーズになりますが、監督以外のスタッフ、キャストは以前と変わらないそうですね。

大泉洋さん(以下、大泉):監督が吉田照幸さんに変わりましたが、ほかのスタッフは、このシリーズをずっとやってきた方たちです。メイクさん、衣裳さん、撮影スタッフ、美術さん……、みんな変わっていなくて「また一緒に仕事できるね」という喜びが現場に充満していました。

本当にみんな3を作るのを待っていて、そういう空気を感じることができて、幸せな映画だと思いましたよ。北海道の方たちにもよく「洋ちゃん、探偵はまだやらないの?」と言われていたので「お待たせしました!」という感じです(笑)。

―今回、『探偵はBARにいる3』を制作するにあたって、スタッフや脚本の古沢良太さんとしっかり話し合いの場をもたれたそうですが、大泉さんは第三作目をどのような映画にしたいと思って臨まれたのでしょうか?
大泉洋さん/photo:saito

『探偵はBARにいる3』の脚本には大泉さんのアイデアも入っている


大泉:
僕が「こういう映画にしよう」と最初から話し合いに参加したわけではないのです。プロデューサーと脚本家が作り上げた脚本を一番最初に読ませてもらってから話し合いました。オリジナル性の高いストーリーなので、脚本を読んで「ここは弱いんじゃないの?」というような厳しい意見をいう立場にありました。

それは『探偵はBARにいる3』は、1、2よりも面白いものにしなくてはいけない、失速したら3作目で終わってしまうと思ったからです。三部作って聞こえがいいでしょう(笑)。東映さんに4も作りたいという気持ちにさせるには、この3作目を圧倒的に面白い映画にして、大ヒットさせて、お客さんに「やっぱり、このシリーズはおもしろい!」と思わせることが大切だと思いました。

『探偵はBARにいる3』

本作のヒロインのマリ役は北川景子さん


だから僕は脚本に対してけっこう厳しい意見を言いましたね。結果的にすごくおもしろい脚本になったと思います。ヒロイン(北川景子さん演じる岬マリ)が最後どうなっていくのかというところは、何度も話し合いました。まぁそういう大事なとこは勿論話しましたし、ギャグっぽい遊びのシーンも話しましたね。ススキノの面白い風俗を入れようよ、みたいな(笑)。映画のあちこちに色んな意見を入れさせてもらいました。


『探偵はBARにいる』シリーズの良さは楽しさの中の切なさ


―探偵と高田のコンビなど定番になっているものがあるのは魅力だと思いますが、このシリーズの核になっているのは何でしょうか?

大泉:探偵と高田の間の空気とか、源ちゃん(マギー)、峰子(安藤玉恵)とのやりとりなど確立されているので、何をやってもどんな会話をもらっても楽しくなると思うんですよ。でも楽しいだけじゃなくて、そこに切なさが必要だと思います。

探偵にはどこか悲しさがつきまとっている気がするんですよ。刑事ものは派手に演出してもいいかもしれませんが、探偵は違う。僕が見てきた探偵は切ないイメージがあるし、ヒロインも報われないイメージがあります。探偵は真相を知り、その結果が辛いことでも受け止める。そんなイメージが好きだし、今回も大切にしました。
大泉洋さん/photo:saito

大泉さん、このシリーズで大切にしたい探偵の切なさを語る


―探偵は切ないイメージというお話がありましたが、探偵を演じるのに参考にした探偵映画や小説などありますか?

大泉:それはないですね。有名で魅力的な探偵はたくさんいますけど「〇〇を参考にしました」と言っても、お客さんはおもしろくないでしょう。ただ、シリーズ1作目をやったときにルパン三世にちょっと似た雰囲気はあると思いました。僕は本当にルパンが好きなので、車のシーンでは「ルパンみたいだな」とうれしかったです(笑)。

探偵の拷問シーンが楽しみと言われても、困ります(笑)

『探偵はBARにいる3』

毎回お楽しみのハードなアクションシーン


―本作でも極寒の北海道でハードな拷問シーンがありましたが、撮影はいかがでしたか?

大泉:海で、船首にパンツ一丁で括りつけられて沖へ出ていくシーンですね(笑)。マイナス何度かわかりませんが、寒い上に海だから風が強くて大変でした。あのとき僕は裸にパンツ姿ですが、脚本には“パンツ姿”とは一言も書いていないんです。監督がこだわっていて、あのようなシーンになりました。

よく「探偵の拷問シーンが楽しみ」と言われるのですが、困っちゃいますね。いずれあっさりやめてやろうと思っていますよ(笑)。「今回なかったね」「そうだね」というような感じで(笑)。

―ご自身の故郷である札幌が舞台というのも、このシリーズのポイントでもありますが、大泉さんにとって、札幌とはどういう存在ですか?
大泉洋さん/photo:saito

大泉さん、故郷、北海道について語る


大泉:僕みたいな仕事をしている人は、ほぼ高校卒業後に東京へ行く人が多いのですが、僕も含めTEAM NACSのメンバーは30歳過ぎてから東京で働くようになったのです。札幌歴が長いので、僕らの根っこは札幌。月にレギュラー番組の収録などで、3回は帰れているので安心感がありますね。ずっと札幌に帰れないと息苦しくなるかもしれません。

やはり千歳空港に降りて、空気を吸ったとき、気持ちがいいですから。でも最近は、札幌で1ケ月仕事をしてから東京に戻るとそれはそれで「帰って来た」という気持ちにもなります(笑)。もはやどっちもホームなのかもしれませんね。

『探偵はBARにいる』シリーズは、4、5、6と続けていきたい


―『探偵はBARにいる』の1作目を振り返って、当時シリーズとして続くと思っていましたか?
『探偵はBARにいる3』

探偵シリーズはずっと続けていきたいと語る


大泉:最初にお話しを頂いたときから、東映さんはシリーズ化を考えていて「東映のプログラムピクチャーにしたい」と言われたのです。でも1作目がヒットしないとシリーズ化は無理だから、僕にはただプレッシャーしかありませんでした。でも東映さんは大々的にシリーズ化を発表しちゃったから「これどうする?」と。本当に不安でしたね。3作目まで作ることができて、本当によかった、ホっとしています。

とりあえず僕は3までは続ける責任があると思っていましたが、ここから先は、ヒットしないことには続けられないと思っています。僕は『探偵はBARにいる』シリーズをできる限り続けたい。だから多くの人に劇場で見てもらいたいですね。最近はDVDなど自宅で映画鑑賞される方も多いと思いますが、ぜひ、本作は劇場で見ていただきたいです。

―今後、シリーズで続けていくにあたって、監督や脚本も手掛ける可能性はないですか?
『探偵はBARにいる3』

このシリーズの監督や脚本にも興味がある


大泉:監督……やってみたい気もしますね。脚本も監督もやってみたいのですが、おそらく想像を絶する大変さだと思うのですよ。

僕は基本的に面倒くさがり屋なので、できるかどうか。監督と脚本に取り掛かったら、半年くらい他の仕事できないかもしれない。でも家族がいるし、彼らを路頭に迷わすわけにもいかないし……とか考えてしまいまして(笑)。でも、興味はありますね。重い腰が上がるかなというところでしょうか。

―All About映画ガイドなので、好きな映画、思い出の映画など、ありましたら教えてください。

大泉:普段、映画館で見るのは、とんでもないアクション映画が多いのですが、最近、飛行機の中で『君の膵臓をたべたい』を見まして、久々に泣きました、いい映画でしたね。『探偵はBARにいる3』でヒロインを演じてくれている北川景子さんが出演しているので見たんですよ。もちろん彼女も美しくて素晴らしいのだけど、北村匠海くんという若い俳優さんがすごくうまかったですね。いい俳優だなあと思いました。

―最後に、このシリーズの1,2にはない、3の魅力というのはどこでしょうか?

大泉:前作の『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』は、アクションシーンも多く派手だったのですが、本作は1に寄せた作品になっています。血が飛び散るような残酷なシーンはありませんし、レーティング(年齢制限)もないので、どの年代の方にも楽しんでいただける映画だと思います。

第一作目から6年経ち、我々も大人になりました。30代の6年は大きいですからね、まず体がいうこときかない(笑)。ただ同じセリフでも6年前の僕と今の僕が言うのでは違う。そのあたりの微妙な変化は映画に出ていると思います。それがシリーズを積み重ねていくおもしろさではないでしょうか。


『探偵はBARにいる3』
(2017年12月1日より、全国ロードショー)
『探偵はBARにいる3』

『探偵はBARにいる3』


探偵(大泉洋)のもとに飛び込んだ依頼は、高田(松田龍平)の後輩の原田(前原滉)の恋人・麗子(前田敦子)を探すこと。捜査を進めるうちに、麗子はモデル事務所を装った風俗店でバイトしていたことを突き止めます。探偵は調査のために事務所にいった際、店のオーナーの岬マリ(北川景子)と偶然すれ違い、探偵は彼女を見て「どこかで会ったことがある」と思うのですが……。

監督:吉田照幸
出演:大泉洋、松田龍平、北川景子、前田敦子、鈴木砂羽、リリー・フランキー、田口トモロヲ、志尊淳、マギー、安藤玉恵、正名僕蔵、篠井英介、松重豊、野間口徹ほか

大泉洋(おおいずみ・よう)
1973年4月3日、北海道生まれ。北海道の深夜番組「水曜どうでしょう」で人気を博す。演劇ユニット「TEAM NACS」に所属。主な映画作品は2011年『探偵はBARにいる』2013年『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』2008年『アフタースクール』2012年『しあわせのパン』2013年『清須会議』2015年『駆込み女と駆出し男』ほか。2017年は人気漫画の映画化作品『東京喰種 トーキョーグール』にも出演。2018年は「TEAM NACS」の本公演「PARAMUSHIR~信じ続けた士魂の旗を掲げて」がある。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。