離婚には予兆がある

原因がなく、離婚をすることはない。必ず理由があり、その予兆もあるはず。

原因がなく、離婚をすることはない。必ず理由があり、その予兆もあるはず。


「離婚をする前には、予兆があるのか?」そういう質問を受けることがありますが、実際に離婚をした人に聞くと、やはり予兆はあると言います。

逆に、夫婦仲はまったく問題なくて、うまくいっていたと思っていたのに……という人もけっこういます。相手から離婚を切り出され、青天の霹靂という人でも、後になって冷静に考えてみると「ああ、あれがそうだったのか」「確かに、これが予兆だな」と思い当たることが出てくるようです。

そこで今回の記事では、離婚を事前に防ぐべく離婚の予兆について8つの項目を挙げてみようと思います。


1.性格の不一致

恋は盲目というように、恋愛時代は性格がちょっと合わなくても、そこが魅力と思ってしまうことがあります。でも、それは大きな勘違いで、いざ結婚をしたら我慢ならないとなってしまうことが多いのです。結婚という現実に直面したとき、相手の魅力だと思っていたことも急に色あせてしまうというわけです。

たとえば、考え方の違いです。物事に対して自分はポジティブに考えていても相手がネガティブだと、気持ちが暗くなってしまいます。行動派と慎重派などもそうですが、極端に考え方のタイプが違うと、お互い気も遣うし、疲れる毎日になってしまうのです。

「自分の趣味を気に入らないと言った」、「そんな洋服は好きじゃないから着るな」、「やたらキレイ好きで家の中の汚れをチェックされた」など細かいことを挙げればたくさんあり、他人から見れば細かいことでも本人にとっては大問題ということもあります。

とはいえ、離婚を切り出す前に、何度も踏みとどまっているものです。理由は性格であって、相手に悪気はないとわかっているからです。自分が我慢をすればいいと思い詰めてしまう傾向がありますが、最終的には我慢の限界がきて離婚に至ります。

こういった性格の不一致による離婚を防ぐには、相手のいいところを見てあげることが大切です。その上で、すべてを受け止めたり、すべてを我慢するのではなくて、時にはスルーをしてみるのも手かもしれません。


2.浮気

やはり離婚の原因となるのは浮気です。相手が浮気をしていると思ったら、いきなり問いつめるのではなくて、ちょっと泳がせてみましょう。
売り言葉に買い言葉で問い詰めてしまっては、取り返しのつかないことになりかねないので、落ち着いて何も知らない顔をして、いつも通り優しく接するのです。

浮気相手を秘密裏に突き止めて証拠をつかむことも大切です。お金はかかりますが、興信所や探偵に依頼すればすぐわかるので、動かぬ証拠を集めて、相手の方を別れさせましょう。

どうしても別れないのであれば、離婚ということになりますが、慰謝料などはしっかりもらうように根回ししてから動きましょう。

男性の浮気に関しては、すぐに気づく女性が多いでしょう。ほとんどの方は挙動不振になり、悪いなという気持ちが働いて、今までにないプレゼントをくれたり、妙に優しくなるのです。また、服装に気をつけてお洒落になったり、携帯をお風呂まで持って行ったり、ロックをかけたりもします。休みの日が急に仕事になったり、見たことのないものが増えることも多々あります。こういったことは、日常的に相手を見ているからこそ気づくもの。女性のカンはけっこう当たるのです。

浮気がバレたり、責められなかったとしても、勘づかれて証拠をつかまれ、すでに離婚の準備を進められている可能性があることを心にとめておきましょう。


3.DV

相手から一度でもDVがあったら離婚を考える人は少なくありません。暴力をふるった方は「ちょっとした行き違い」、「夫婦喧嘩」と思っているから、急に離婚を突き付けられたと思うかもしれません。

あなたが被害者である場合、一度DV被害に遭ったらまずは逃げることが大切です。ずっと耐えていては、命にかかわります。DVはストレスが原因になることも多く、どんどんエスカレートしていきます。

一刻も早く実家に帰るなり、専門機関に相談をしましょう。夫婦で相談したほうがいいこともありますが、正直、相手の説得には時間がかかります。そうしている内にDVを受けないとも限らないので、とにかく逃げることを最優先に考えるのです。

アメリカでは国が取り組むDVの更生プログラムがありますが、日本ではまだ公的な加害者プログラムの開発は進んでおらず、NPO法人や専門家に相談することになります。いまだ行政や警察に行っても、夫婦喧嘩の延長線上として片づけられてしまうこともあります。

どんな場合でも「相手も苦しんでいる」と同情しないことが大切です。DVはそう簡単には治りません。自分が危険にさらされていると思って、早めに別居なり離婚といった結論を出すことも大切です。


4.浪費がとまらない

とにかく、欲しいと思ったら買ってしまう。カードの支払額もかなり高額に。

とにかく、欲しいと思ったら買ってしまう。カードの支払額もかなり高額に。


先ほどのDVと同じように、浪費も癖です。使わないように我慢させていると、逆にとんでもなく大金を使ってしまうのが浪費家です。

無理に抑えるのではなくて、きちんとお金の管理をして、使える額を話し合いましょう。たとえば、年に1回、パッと使える日を設けて相手に納得させるのもいいと思います。

もともと、浪費癖の背景にはストレスがあると言われています。お金を使うことでストレスを発散させているので、その原因を探って解決することが大切なのです。素人では難しい点も多く、専門家に相談するのも有効だと思います。


5.すれ違いの生活

お互いに仕事をしていれば、なかなか一緒にいられないこともあります。すれ違い生活が続き、夫婦でいることの意味を失ってしまうと、気持ちがどんどん離れてしまいます。

それを防ぐために毎日無理に予定を合わせるのではなくて、この日だけは一緒に過ごそうと休みを合わせてみるというように、少しずつ改善することが大切です。

このときの注意点としては、ただ長時間一緒にいるのではなくて、質を考えることです。短時間でも濃い時間を過ごすことができれば、気持ちが離れることはありません。

むしろ、無駄な時間を過ごしたと感じてしまうようならば、余計に気持ちが離れてしまうのです。時間がない2人だからこそ、時間を大切にした過ごし方を考えていきましょう。


6.精神的な暴力、モラハラ

肉体的に攻撃を受けるのではなくて、精神的に追いつめる暴力もあります。体の傷や痣というように目に見えるものではないので、他の人にわかってもらいにくく、自分の中に抱え込んでしまうこともあります。

そうならないように、自分がつらいと感じた時点で専門家に相談をするのが一番いい方法です。

その上で、離婚や別居を突きつけるなど、本人が反省をして、できることは何でもすると誓わせます。この場合、本人の本気度がポイントになってくるので、口先だけのようならば、潔く離婚をした方が自分を守るためにもいいと思います。


7.親との同居

「結婚前から将来は同居と言われていたけれど、今さら生活を変えるのは無理」「自分の生活のリズムができてしまっていて、ペースを乱されるのは嫌だ」「夫の親が苦手なので、一緒に生活したくない」……結婚生活を通してそう感じる人は少なくありません。

それでも、どうしても同居をしなければという局面になり、結局は離婚に至った人もいます。

また、介護が必要になった親を看るために実家に帰った妻もいます。「親の家に住んでケアするので、一人の方が気が楽」と離婚を切り出した女性もいます。そうなると、男性は大慌て。「僕も君の実家に行こうか、一緒に暮そうか」と提案しても、女性は「結構です」の一点張りで話が進みません。そこで夫側が「僕の親はどうなるんだ?」と発言し大揉めしたケースもあります。

解決策としては、親の近所に住む「別居近住」をすることが挙げられます。老親世帯と子世帯が住むのに近すぎず遠すぎない適当な距離として「スープの冷めない距離」とはよく言ったもの。一つ屋根の下に住まなければ、ややこしい問題を回避することも可能です。親と自分たち夫婦との距離を保つことがポイントというわけです。


8.家庭をかえりみない

仕事があまりにも忙しく、家にも帰らないと、それが離婚の原因になることもある

仕事があまりにも忙しく、家にも帰らないと、それが離婚の原因になることもある


男性の中には、仕事さえしていればすべて許されると思いこんでいる人が多くいます。いわゆる士業やエグゼクティブなど、富裕層の男性ほどそういった傾向も多いようです。

例えば、医師であれば重篤な患者さんのためになかなか帰宅できないこともあるでしょう。経営者にしても、軌道に乗っていない大変な時期には、家に帰らず、休みの日も働くといった毎日が続きます。それを理解できていない女性の場合には、「ずいぶんと遊んでいるのね」と思って、そのまま離婚に至ってしまったこともあります。

この原因は、コミュニケーション不足です。事情を説明すれば、妻だって状況を理解できます。仕事の話をしても無駄と思わずに、話をして現状を理解してもらう努力をしましょう。

女性の方も、帰宅しない理由を聞く勇気が必要です。最初は仕事の話かもしれませんが、話をすることで、お互いを深く知るきっかけになります。

再婚者が語る離婚の前兆・原因・共通点は以上です。

離婚の原因や予兆は夫婦によって様々ですが、いずれにせよ、いきなり離婚になるわけではありません。離婚は悪いことではありませんが、できれば避けたいこと。上記の8つに当てはまるものがあれば、行動してみましょう。とくに夫婦間のコミュニケーション不足が原因となっている予兆の場合、コミュニケーションこそが夫婦をつなぎ止めておく術になるのです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。