東京の銀座5丁目に店舗をかまえる「煎茶堂東京」

日本初のシングルオリジン煎茶専門店として、2017年11月に銀座にオープンした「煎茶堂東京」。バリスタがハンドドリップスタイルで煎茶を提供する、三軒茶屋の日本茶専門店「東京茶寮」の姉妹店です。三軒茶屋はカフェスタイルがメインですが、銀座の店舗は商品を購入することができます。
煎茶専門店undefined銀座「煎茶堂東京」

銀座にオープンした「煎茶堂東京」


シングルオリジンとは?希少な品種茶の面白さに触れる

さて、シングルオリジンとはどういう意味なのでしょうか?

最近コーヒーでも聞くワードですが、これは単一農園、単一品種のお茶のこと。農家さんの顔が見えるお茶と言ってよいと思います。作り手である農家さんの想いをストレートに受け取ることができるお茶です。
シングルオリジン煎茶

農家さんの想いを受け取る

4月下旬頃から新茶の摘みとりがはじまり、茶畑が一年で最も忙しい収穫の時期を迎えます。お茶をつくる茶畑では一年を通して様々な農作業が農家の人々の手によって行われます。成長著しい春先は収穫のための茶の木に肥料を施し、夏の日照りには水を与え、冬の寒さから守るよう防寒対策を行うなど、365日見守り続け、それはまさに人間の子育てのようです。一番茶が収穫されるときは、茶農家の人々の喜びもひとしおです。

水、空気、土、光、そして人。これらの自然の力と人間が関わりあうことではじめて良いお茶ができます。お茶づくりは自然と人間の協同作業の賜。365日愛情と手間を注いでつくるお茶は歴史ある日本の味です。

現在ご高齢ながらもお茶づくりに励む小さな茶畑をもつ農家では、重機など無かった時代から、鍬ひとつで開墾してきた茶畑は我が子のように可愛く、「自分たちが作ったお茶をあるがままに色んな人に喜んでもらえるのが本当に嬉しい」 とおっしゃいます。そんな農家さんの想いをそのままに私たちは頂戴することができます。
茶摘み

365日愛情と手間を注いでつくるお茶

「煎茶堂東京」には25種類ものシングルオリジン煎茶がラインナップされています。日本で作られるお茶の品種の約80%は「ヤブキタ」という品種です。品種茶として生産量第2位の「ゆたかみどり」になると、全体の約6%と一気に少なくなります。

品種のなかには、土地を選ぶもの、育て方が難しいもの、製茶加工する際に美味しく仕上げていく技術が難しいものなどもあります。「煎茶堂東京」の25種類の品種茶はどれも希少茶であり、通常では私たちがなかなか出会うことができないとても珍しい煎茶ということになります。25種類のシングルオリジン煎茶のラインナップは、常に同じではなく時に応じて入れ替えもあるそうです。

シングルオリジンの煎茶を選ぶコツ

初めて飲む個性派煎茶の味わいを五感で感じ、自分とのフィーリングで茶葉をセレクトすることも楽しさのひとつ。

それぞれに個性的な香りや味わいを持つ品種茶に触れると「日本茶に、こんなにたくさんの種類と味の違いがあるなんて」と純粋な驚きを体験できることでしょう。
煎茶堂東京の茶筒はパッケージカラーも美しい

パッケージカラーも美しい

 

選び方のコツを3つほどご紹介します。1つめは、直感的に選ぶ方法。煎茶堂東京では、シングルオリジン煎茶を直感的に選ぶことができるよう、言葉ではなく色彩で味を表現したパッケージ商品を展開。独自のアルゴリズムでそれぞれの茶葉を色に置き換え、茶葉の魅力を伝えています。

2つめは、試飲して選ぶ方法。店内には試飲スペースも設けてあり、お茶の味を体験をすることが出来ます。お店の方のおすすめ品や気になるお茶を試してみてから購入できます。

3つめは、丁寧なPOPと煎茶の缶の裏面の説明を参考に選ぶ方法。お茶の特徴がわかりやすくユニークに記載されており、味のイメージが伝わってきます。
煎茶堂東京の煎茶缶の裏面

煎茶缶の裏面

 

ギフトにも最適!ペアリングが楽しいお菓子缶

店内にはシングルオリジンの煎茶に合うお茶菓子も缶に入ったパッケージで用意されており、購入可能。お菓子とお茶のペアリングがパッケージの裏側に表記されているのも嬉しい!お菓子を先に選んで、ペアリングを参考にお茶を選ぶのも楽しいですね。かゆいところに手が届く親切さを感じさせてくれます。
「煎茶堂東京」のシングルオリジン煎茶にあうお菓子

シングルオリジン煎茶にあうお菓子

煎茶堂東京のお菓子缶の裏面

裏面にはお菓子に合う煎茶が記されている

煎茶、菓子の缶は、いずれも同じサイズなので重ねてオリジナルの風呂敷に包むこともできます。ちょっとした手土産にも最適です。
煎茶堂東京のオリジナル風呂敷に包んで

缶をオリジナル風呂敷に包んで


煎茶堂東京オリジナルの透明急須も魅力的!

透明というとガラスを想像しますが、ガラスではありません。特殊樹脂を加工した素材で出来ています。
煎茶堂東京のオリジナル透明急須

煎茶堂東京のオリジナル透明急須

割れない・熱くない・省スペースを実現した美しいデザインの1人前サイズの急須は、誰でも簡単にお茶を淹れることができるシンプル設計。持ち手やフタのつまみがないので、重ねて収納できるところも魅力的です。
煎茶堂東京のオリジナル透明急須は、「割れない、熱くない、省スペース」

割れない、熱くない、省スペースな透明急須

煎茶堂東京のオリジナル透明急須は、使い方は普通の急須とまったく同じ

使い方は普通の急須とまったく同じ

取り外し可能な網も、広く急須の底まで届いているため茶葉の抽出力も抜群。スムーズに煎茶の美味しさを引き出してくれます。実際に使ってみましたが、急須同様にお茶の旨みや甘味が出て、美味しくお茶をいれることができます。
煎茶堂東京のオリジナル透明急須

煎茶缶にプラスして透明急須も贈り物に最適

透明急須とシングルオリジン煎茶をセットにできるギフトボックスもあり、贈答品としてもお使いいただけます。
銀座「煎茶堂東京」ボックス入りギフト

ギフトに最適なボックスセット

 

日本茶が好きな方にはもちろんのこと、日頃、珈琲やワインにこだわっている方に差し上げてもシングルオリジン煎茶への新鮮な驚きとともに、新たな日本茶の魅力を楽しんでいただけることでしょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。