早期リタイア後アルバイトで収入を得た方がいいでしょうか?

皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回の相談者は、仕事にモチベーションがなくなり早期リタイアを希望する55歳の男性会社員。ファイナンシャル・プランナーの深野康彦さんがアドバイスします。※マネープランクリニックに相談したい方はコチラのリンクからご応募ください。(相談は無料になります)
 
早期リタイア後、アルバイトが必要か

早期リタイア後、アルバイトが必要か



■相談者
浮浪雲さん(仮名)
男性/会社員/55歳
奈良県/賃貸住宅

■家族構成
一人暮らし

■相談内容
現在55歳です。今後働くモチベーションがなく、56歳で早期退職を考えています。退職金を含め現在の株価が変動しなければ、56歳時点で1億2000万の資産があると考えています。年金は65歳からの見込み受給額は、額面で年間約184万円、個人年金は60歳から70歳まで年間130万円(税込み)あります。このような資産内容ですが、90歳まで生きたとして早期退職(完全リタイア)しても老後資金は大丈夫でしょうか?子供や配偶者はいませんので、介護費用もそれなりに必要と考えています。退職後は実家に帰り(両親は他界)築45年の家を約3000万円でリフォームしたいと考えています。その場合、家賃はいりませんが、固定資産税等が新たにかかります。アルバイト等をしながらセミリタイアにした方がよいでしょうか?

■家計収支データ
「浮浪雲」さんの家計収支データ

「浮浪雲」さんの家計収支データ



■家計収支データ補足
(1)ボーナスの使いみち
貯蓄100万円、家電等の大きな買い物50万円

(2)リタイア後の生活費について
住宅リフォーム後は無職の兄弟と一緒に住むが、新たに増える兄弟の生活費(食費や雑費、光熱費等)負担は現在の家賃と同額程度と考えている。よって、トータルとして現在の生活費と変わらないとのこと。

(3)加入している保険の保障内容
・本人/個人年金保険(60歳から10年確定、年額130万円)=払込終了
・本人/終身保険(60歳払込終了、死亡保障200万円)=毎月の保険料9600円
・本人/医療保険(終身保障終身払い、入院5000円、がん特約、通院特約付き)=毎月の保険料5600円  

(4)リタイア後の生活について
定年後は趣味を楽しむ。

■FP深野康彦からの2つのアドバイス
アドバイス1 資金的には完全リタイアをしても問題はほぼない
アドバイス2 一変する生活と環境にいかに適応するか
 
アドバイスの詳細はこちら>>