【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

35歳から恋愛したいときの注意点

35歳からの恋愛は、20代とは違う!

35歳からの恋愛は、20代とは違う!

20代のころの恋愛とは違い、35歳を超えると恋愛も随分変わってくるものです。だからこそ、自分も若かった頃の感覚で恋愛をしようとすると、うまくいかなくなってくるでしょう。

今回は、35歳以上の人が恋愛をするときの注意点を紹介します。


ポイント1.年相応の魅力を持たないといけない

恋愛相手が10歳以上年上であれば、相手から見れば「若さ」はありますが、同世代や年下を恋愛のターゲットとするのであれば、若い女性が持っていない“年相応の魅力”がないと、恋は掴みにくくなるものです。

では、大人ならではの魅力は何か?と言えば、まず1つ大事なものは「自分を持っていること」です。
ある程度の年齢になっても自分を持っていない人というのは、話していてもあまり面白みがないので、相手に興味を持ってもらいにくくなります。興味を持たれなければ、恋愛には発展しなくなってしまいます。

自分の考えやポリシーを持って生きている姿は魅力がありますし、歳を重ねた分だけ、深い味わいが出てくるもの。それは、それなりの経験がないと出てくるものではありません。
もちろん個性が強すぎると、合う人は限られてきますし、ポリシーを持っているが故に頑固になってしまったら、上手な人付き合いはできなくなります。
だから、程度は大事ですが、大人の年齢になると、単に異性として惹かれるだけではなく、人として魅力を感じたり、どこか尊敬できたりするところから恋愛感情が生まれることもあるものなので、単に「女性(男性)としての魅力」で勝負するのではなく、こういった “人間力”も武器にした方がいいでしょう。

もう1つ年相応ならではの魅力を挙げるとすれば、やはり「包容力」です。若い時は自分にいっぱいいっぱいであっても、ある程度の年齢になったら、自分のことだけではなく相手の立場に立ってきちんと物事を見られたり、相手の思いを受け止めてあげられたりするような「器の大きさ」も問われてきます。

自分のことを理解されようと、自分の話ばかりをするのではなく、きちんと相手の話を聞いてあげ、理解を深めていくことは、大人の余裕があるからこそできることです。

包容力の中には、相手の欠点に対しての「対応力」も含まれます。単に相手を責めて自分の理想通りに変えようとするだけでは、ある意味、“お子ちゃま”です。ある程度のことなら“対応できる自分”になってこそ、大人なのです。

中身が成長しないまま、外側だけ年相応になってしまったら、モテにくくなるのは当然のこと。大人ならではの魅力を持ちたいものですよね。

次も大人だからこそ、できていた方がいいことです。次のページをご覧下さい。