顔だけ好き vs 顔以外は全部好き。あなたならどちらを選ぶ?

undefined

「どっちが好み?」「私は右」「私は左かな。性格よさそう」顔の好みもさまざま。そして選ぶときも、決して顔だけで選んでいるわけではないはず。

究極の選択です。仮に「顔だけ好き(顔以外は好きじゃない)」人と「顔以外は全部好き(顔だけが好みじゃない)」人のどちらかしか選べないとしたら、あなたはどちらを重視しますか?

まず顔以外に好き嫌いが発生する外見としては、スタイルがあります。身長が高い/低い、太っている/やせている/筋肉質など、それぞれ好みはあるでしょう。女性ならば、男性の毛深さなどを気にする人もいるでしょうか。もちろん内面も、顔以外の選択基準に含まれます。

現実には、「顔以外」何ひとつ好みじゃなかったら、つきあいたいほど好きにはならないのではないでしょうか。しかし逆(顔以外は全部好き)は割とよく聞くケース。

いずれにしても、当の相手にそのことを正直に伝えるのは、あまりにデリカシーのない発言です。「顔が好み」くらいまでは言ってもいいですが、「顔だけ好き/嫌い」だと知られてしまったら、相手はあなたのことを良くは思わないでしょう。

美的感覚と好みは別物。必ずしもイケ面や美人でなければダメというわけではありません。顔の好みも人それぞれですから、誰もが認める整った顔ではなくても気にする必要はないのです。

筆者も過去おつきあいした人に「顔が好み」と言われたことがあります。美人でもない自分のどこが……と尋ねたら「おいしそうな顔して食べるところ」とのことでした(笑)。


顔が好きな相手を選ぶメリット・デメリットとは

undefined

顔のよしあしを決めるのは造作だけではありません。「笑顔が好き」という好みも「顔が好き」な理由のひとつになるのです。


「顔が好き」な人を恋人にすると、見ているだけでドキドキします。ついつい恋人の写真を撮りたくなったり、会えない時間に写真を眺めたりするだけでも幸せな気持ちになれますよね。

一方、顔にこだわる人ほど、顔が合格点の相手に対し、他の採点が甘くなってしまいがち。たとえ恋人とケンカしてしまっても、「怒った顔もステキ」と思えれば、許せることが増えるかもしれません。

また、相手の欠点(好みではないパーツ、性格など)に関しても、よほど生理的に受け付けないほど致命的に無理でなければ、「でも顔が好みだし!」で許容できてしまうことも。

このように恋人に対して優しい気持ちになれるのは「顔が好き」な相手とつきあうメリットといえるでしょう。


しかし、デメリットは真逆になります。

「顔が好き」だから許せると思っていた相手の欠点は、交際が長くなり、つきあいが密接になるほど気になる度合いも高くなります。なまじ顔が好みなばかりに、苦しい状態になっても「手離すには惜しい」と別れを決意できなくなることもあるかもしれません。

最初は「眺めているだけで幸せ」だったはずの顔も見慣れれば当たり前となり、つきあいが長くなるうちに、これまで目をつぶっていたことも無視できなくなってしまうのです。

「顔が好き」だから優しくできているうちはいいのですが、逆に怒った顔や泣いた顔が見たくて、むやみにからかい、相手がムカつくことを言ってしまう……これも「顔が好き」な相手にやってしまいがちなこと。あなたは軽い気持ちでも、相手は傷つきます。そのうち失望されてしまうかも。

物事は表裏一体、受け取る角度によっては真逆にもなるということです。