BRT(バス高速輸送システム)とは

BRTとは、バス・ラピッド・トランジットの頭文字をとったもので、「バス高速輸送システム」と訳されます。路面電車とそん色ない輸送力と機能をもつ、バスをベースとした都市交通システムです。
BRT

福岡の連結バスBRT。路面電車のような大量輸送力が魅力。

このBRTは都心の虎ノ門と、中央区晴海や勝どき・豊洲などの臨海部をつなぎます。この臨海部にはすでに「ゆりかもめ」(東京臨海新交通)や都営地下鉄大江戸線・東京メトロ有楽町線が走っていますが、晴海と勝どきエリアの鉄道駅は都心と直通でつながっていないため乗り換えが多く、所要時間は30分以上かかります。高層マンションが林立する勝どき駅ではラッシュ時にホームが混雑し、コンコースを拡張する工事が行われているくらいです。

こうした臨海部の交通利便性を高めるため、東京都は2014年、「都心と臨海副都心を結ぶ公共交通に関する基本方針」を策定し、BRT構想を立ち上げ。2015年にBRTルートなどの基本計画をとりまとめ、運行事業者を公募したところ、京成バスと東京都交通局の2者が選定されました。

2019年は「勝どきルート」と「晴海・豊洲ルート」が開通

「都心と臨海副都心を結ぶBRTに関する事業計画」によると、2019年に2系統の運行から始め、2020年の東京五輪後に3系統、2024年度以降の選手村の改修後に4系統を運行する予定。

まず2019年の2系統では、新橋駅を起点に勝どきを終点とする「勝どきルート」、虎ノ門を起点に新橋駅・勝どき・晴海2-3丁目を経由して豊洲駅を終点とする「晴海・豊洲ルート」が開通します。そして2020年五輪後には、虎ノ門を起点に新橋・市場前駅(豊洲新市場前)、有明テニスの森を経由して国際展示場駅を終点とする「新線ルート」が加わる予定。2024年以降に五輪選手村の再開発が竣工したら、虎ノ門~新橋~勝どきを経由して晴海5丁目の選手村をつなぐ「選手村ルート」が完成します。

今回のBRTの特徴は大きく3つあります。第一に、いずれのルートも現在工事中の「環状2号線」(環2、臨海部~外堀通り~秋葉原)を利用する点です。そして第二には、高速バスらしく停留所が少なくなる点。現在の都内のバス停はおおよそ350~400メートル間隔ですが、BRTでは2倍の1-2キロメートルくらいに伸び、これによって新橋~勝どきの約2キロ間が10分でつながることになります。第三の特徴は、大量の輸送力。片道最大3000人/時と言われている路線バスに比べ、BRTは2車両が連結されているため最大5000人/時の輸送力をめざします。

臨海部の常住人口は8倍、就業人口は400倍に膨らむ?

このBRT開通によって、都は常住人口・就業人口ともに大幅に増えると見込んでおり、特に五輪選手村が整備される晴海五丁目は常住人口が3100人から五輪後2万9000人に増えると見込んでいます。この人口増大を収容するため、約18ヘクタールの広大な敷地に、住宅(マンション)24棟(総戸数約5650戸)のほか、商業施設・クリニック・保育所などが整備される予定です。

竣工後は晴海五丁目には1万2000人以上が住む大きな街が誕生し、BRT沿線エリアとなる晴海・勝どき・豊洲の全体エリアでは常住人口19万人以上に増えるとみられています。現在、晴海五丁目は最寄り駅である勝どき駅まで徒歩20分ほどかかりますが、このBRTで利便性は一気に高まりそうです。

また就業人口も増加する予測も。新豊洲では現在の就業事項が100人ほどですが、2020年の五輪後には4万4000人と400倍にも膨らむと試算されています。

築地市場移転問題で開通スケジュール延期も

一方の都心側も、東京メトロと都市再生機構(UR)が「虎ノ門ヒルズ」付近に東京メトロ日比谷線の新駅を設置する方向で動いています。というのも、日比谷線は「虎ノ門ヒルズ」の西側を通る桜田通りの地下を通っているから。新駅は霞が関─神谷町駅間に設置され、日比谷線新駅や銀座線虎ノ門駅とは「地下歩行者ネットワーク」で結ぶ構想も出ています。

しかし、これらの実現は少し先延ばしになりそうな雲行きも。臨海部の人口増は環2の開通を前提としていますが、虎ノ門から新橋までは開通したものの、新橋から豊洲区間が築地市場の敷地を通るため、築地市場が移転しないと工事が進められず、これによってBRT運行会社設立を延期する方針が決まり、BRT開業スケジュールも後にずれこんでいます。築地市場の移転ならびに環2の整備が急務といったところです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。