貯金のための実家暮らしには否定的な理由

私はこれまで、実家暮らしでメチャメチャ稼いでいるという人に、一度もお目にかかったことはありません。成功している人はたいてい実家を出て自活しています。

稼ぐ人になるための生き方

稼ぐ人になるための生き方



「お金を貯めるために実家暮らしを続ける」という人がいます。もちろんそういう考えを否定はしませんし、たとえば仕事や結婚で失敗し、一時的に避難させてもらうということもあってよいと思います。

しかし私は、貯金のための実家暮らしには否定的な考えで、たとえばお金がかかっても、人生のチャンスを切り開くために積極的に一人暮らしすることを推奨します。

というのも、実家にいて親に依存していると、生活設計を考える必要がないため、自立心が育まれないからです。それに、親に依存するものが多いと、どうしても精神的に未熟になりがちです。(もちろん全員がそうということではなく、実家暮らしでもしっかり自立している人もいます)

仮に経済的にはしんどくても、働いて自分で家賃を払い、水道光熱費を払い、自分で家事や食事をして、自分ひとりの力で生活を成り立たせる。そうやって自ら収支を把握し自己責任においてお金の使い方をコントロールする。それは「自分ひとりでもやっていける」という自信となり、生きる力を養います。

また、一人暮らしをすると、ひとり孤独な時間が増えますが、それは自分の内面と対話する機会をより多く与えてくれ、心の成熟につながります。

家を出ることは機会をつかみ取ること

そもそも家を出るとは、チャンスをつかみ取る旅に出ることでもあります。たとえば地元にいると発見できなかった自分の才能が見つかることがあります。これまでの人間関係や馴染みの環境から解放されたことで、自分の思考パターンが変わるからです。

実家に居ると、どうしても親の価値観の影響を受け続けます。それが悪いことではありませんが、親は子に変革を迫ることはないため、自分の殻から抜け出すことは難しいでしょう。

引きこもりも、親が引きこもりを許しているからであり、子もその状態に甘んじているために長期化するのだと想定されます。

しかし家を出て親の価値観から離れ、多様な職業、生き方、人や情報などの刺激に触れることで、今まで興味すらなかったことに携わり、それがきっかけとなって人生が変わることもあります。

アメリカでは「移動するとは、何事かを成そうとする意志の現れである」と言われることがありますが、実際その通りでしょう。

私も、もし地元の大学に進学して地元で就職していたら、田舎だったので不動産投資なんて思いつかなかったかもしれないし、起業も思いつかなかったかもしれない。出版社も少ないから本を出せるチャンスに恵まれず、文章を書く力が発揮されないまま人生を終えていたかもしれない。

親には相当心配をかけたようですが、実家を飛び出し東京に来たからこそ、今の生き方、人生を手に入れることができたのだと思っています。

東京は確かに地方出身者で占められているという理由もありますが、私の周りの成功者と呼ばれている人に、東京生まれの東京育ちより、地方出身者のほうが割合としては多い印象があるのは、やはり夢と野心を持って家を出てきたからなのかもしれません。

そういうこともあり、まだだいぶ先ではありますが、私も自分の子どもが成人したら、家から追い出し自立させる予定です。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。