喜寿とは? 意味や由来を解説

kis

喜寿は「喜の字の祝(い)」や「喜の字の齢(よわい)」とも言われています


数えで77歳を喜寿と言います。長寿のお祝いは、還暦(60歳)と古希(70歳)、そしてこの喜寿(77歳)が続きます。「喜」の字を漢字の草書体で表すと上が「七」下が「十七」でちょうど「七十七」に見えます。そこで77歳のお祝いになったようですね。


喜寿のお祝いのやり方

お祝いは内輪でするのが一般的です。個人差はありますが、77歳といえど、まだまだ現役でご健在です。ホテル、レストラン、料亭などで家族全員でおいしい食事、おしゃべりを楽しむお祝いの形はいかがでしょうか。自宅以外で食事会を皆でするのも楽しいものです。


喜寿のお祝いをする時期

数え年(77歳)でも満年齢(76歳)でも決まりはありません。世界保健機関(WHO)が発表した世界保健統計2016では、男女平均が83.7歳で日本が世界一の長寿国。女性の平均は1位が日本で86.8歳、また男性の平均はイタリアと並んで80.5歳の6位です。こうしてみると個人差はありますが、77歳はまだまだお元気な方が健在されています。

お祝いをする時期は、家族や友人、親戚が集まりやすい日がよいでしょう。またお誕生日にこだわらず、お正月、ゴールデンウィークやお盆など比較的皆が集まりやすい頃がベストです。


喜寿祝いの相場

祝う気持ちが一番ですが、住む地域や立場によっては相場は違ってきます。

・両親へ→10,000円~50,000円程度。兄弟で折半するケースもあります。
・親戚へ(叔父・叔母)→5,000円~20,000円
・祖父母へ→5,000円~10,000円

・表書き→「祝喜寿」「喜寿御祝い」「寿福」「長寿御祝」
・水引→のしを付け、紅白か金銀の蝶結び。

■お返しはどうする?
原則としてお返しは不要ですが、お返しをする場合は記念の品をそれぞれのお祝いに応じたお返しをするのではなく一律に。表書きは「内祝」「寿」結びは蝶結びです。


喜寿祝いにおすすめのプレゼント

bara

お花は最も人気のある贈り物です。黄色の花束、ブリザートフラワーなど贈るといいですね

古希と同じく、喜寿のカラーは「紫」そして「黄」です。この色にちなんだものがよいでしょう。たとえば衣服や普段の生活で使う湯呑などの小物類、日用品。また定番のちゃんちゃんこ、座布団や座椅子などがおすすめです。フラワーアレンジメントやブリザートフラワーも人気のある贈り物です。

年相応のものより、少し若年層のものを贈ると気が利いているかもしれませんね。いつまでも若々しくいてほしいものです。また、なかなか会うことができない遠く離れた両親、祖父母でしたら実用品と一緒にビデオレターや家族写真を贈るのはいかがでしょうか。きっと喜ばれると思います。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。