道具や食材などしまいたいモノが色々あるキッチン。オープンで生活感が出やすいから、使いやすさと美しさのバランスが肝心。好きなアイテムを見せて使って、片付く収納を楽しむテクニックを取り入れましょう。


パイプを使った吊るし収納

人気のカフェやカジュアルレストランでは、厨房がオープンになっている所がよくあります。プロが使う道具は選び抜かれたアイテムばかりなので、目利きで腕利きな印象。実は、私たちも毎日のように料理を作っているので、使いやすい道具は自然と定まっているものです。そうした馴染みのあるモノたちが目に見える所にあることで、愛着が深まっていきます。
キッチンのパイプに吊るす収納

タオル掛けのようなパイプは手に入れやすい。ネジ留めできない場所で幅が狭いのであれば、軽い小物を吊るすのに限定して突っ張り棒でも十分。パイプを2段構えにする方法もある

毎日繰り返し使うモノはサッと手に取れて、終わったら元に戻しやすいというのが大事です。そこで便利な収納テクニックとして、最もお勧めしたいのが、パイプに吊り下げるスタイル。

鍋やフライパンをはじめとして、布巾やアルコールスプレー、ザルなどを一列に並べて吊り下げておきます。使い終わった後のゴム手袋を吊りながら乾かすのもOK。来客の時には、並べる数と順番を変えて整えれば、日常とは違う景色に変わります。


マグネットで小物整理

100円ショップやホームセンターの収納グッズを眺めていると、マグネットのついたキッチングッズが見つかります。ペン立てのようなもの、ハガキホルダー状のもの、フタのついた丸いケースなど。そういったグッズを使うことで、ペン、ネームラベル、マスキングテープ、買い物メモ、クリップ、小さなポリ袋、スパイスといった細かいモノの迷子を予防できます。
マグネット収納グッズ

冷蔵庫の横にマグネット式のタオル掛けを取り付けて、ポケットを吊るして小物を整理(左)。スチールラックの側面に鍋敷きや小物入れを張り付ける(右)

冷蔵庫、ラック、レンジフードなど、マグネットが使えるところを上手に使いこなしましょう。オープンキッチンの場合には、リビングダイニングから見えない側面を使うのがポイント。見えてしまう位置になるときは、白で統一感を持たせたり、あえて色や形をアクセントにしたり楽しんでみてください。


見過ごしていた隙間を利用

冷蔵庫と壁の間、家具同士の間などに、わずかな隙間が残っていたりします。隙間家具が入るような空間ではなく、中途半端な残り方をしているなら、マグネットやネジ留めのフックを取り付けて、エプロンやエコバッグを吊るして活用しましょう。
100円突っ張り棒収納

ミニ突っ張り棒を利用して戸棚の下に小物を吊るす(左)。白やシルバーなどフックの色と形を見極めて(右)

戸棚や引き出しにしまう必要のない小物をわざわざしまい込む必要はありません。ちょっと使いたいペンや鍋敷きなども、隙間を使えばすぐに取り出せるので便利です。グッズは100円ショップや無印良品、イケアなどにあり、少ない予算でも効果がすぐに実感できます。


未利用スポットを収納として活用

「しまう」という視点から「置く」という意識に変えることで、未利用スポットの発見につながります。窓のあるキッチンなら、その細い窓枠に小物を一列に並べることができます。窓の幅を利用して突っ張り棒を横に渡せば吊り下げ収納に。ホームセンターなどにある調味料用のミニラックを組み立ててセットするのもいいでしょう。
キッチン収納テクニック

調味料、スパイス、計量カップなど使い勝手に応じて一列に整頓(左)。引き手のついたキャビネットにはスプレーボトルやスモールケースを引っ掛けて(右)

キッチンキャビネットの引き手を吊り下げ収納用に使ったり、扉の上端にセットするハンガーフックを取り付けたりすると、扉そのものが収納として活用できます。扉の裏側にパイプやフックを取り付けて、ポリ袋やクリップなど小物収納に使うのも、同じ発想から生まれたアイデアです。


キャビネット脇も収納に

オープンキッチンでは、キャビネットの脇が通路になっていて、壁のないタイプがあります。その場合には、キャビネットの脇が絶好の収納スペース。真っ先に取り付けたいのがパイプです。
イケアのキッチン収納

イケアのキッチン展示で使われているパイプとフックなら取り入れやすい

キッチンから出入りするときの動線上に位置するので、エプロンやバッグ、あるいはテーブルクロスの予備など布類の吊り下げにピッタリ。薄型のウォールポケットを吊り下げて、郵便物やレシートの一時収納にも使えます。高さがちょうどよく、意外と目に留まらない所なので目立たなくて実用的です。


ワゴン収納を投入

オープンキッチンは解放感が魅力なので、収納家具を買い足したり、大型の収納を置いたりすることに抵抗があるはず。とは言え、よく使う道具をしまい込みたくない。そんなときにはキャスター付きのワゴンがお勧めです。
イケアのワゴン収納

イケアのワゴン利用例。自家製の果実酒や買い置き食品のストックに(左)。ダイニングテーブルで使うマットやコースター、布巾、ティーセットなどをスタンバイ(右)

調理台と同じくらいの高さがあって、棚が2~3段ついていれば、種類別にしまうことができます。キャスターがあるので、場所の移動が自由自在。お茶やコーヒーのストックとティーセット、ランチョンマットなどをしまっておいて、ティータイムや来客のときにはテーブル近くに運んで利用。使用頻度の高い調理道具を収納して、臨時の調理台として活用してもいいでしょう。


キッチン収納の基本に忠実に

リビングダイニングからの視線を考慮すると、キッチンカウンター下にあるキャビネットを最大限に活用するのが基本中の基本。それでも、見えないからといってしまい方が乱雑になっていると、調理の効率が悪くなり、道具を探すための雑音が出たり、ときには食器が欠けたりするなど良いことはありません。
100円ショップ、無印良品、IKEA、ニトリの収納グッズ

引き出し式では100円グッズや無印良品、ニトリのプラケースを使って、鍋やフライパン、フタを立て入れ収納に(左)。カトラリーや小さな食器などを引き出しにしまうときには、仕切りケースを入れて取り出しやすく(右)

キッチンの基本的な収納術を活かして、引き出しや棚の中を整理整頓しておくことが必要です。それをメインの収納として機能させることによって、キッチン内で見えている所にある収納が整えやすくなります。


見せ場をつくる

日々の生活を振り返ってみると、キッチンで過ごす時間は意外と長いものです。買い物をした食品や用品の整理、料理の準備から盛り付けまで、後片付け、お手入れや掃除など。数回の出入りがあったり、長時間の作業をしたりするなど、暮らしの中心ともいえる場所です。
見せる収納

棚を取り付けて、大好きなブランドの鍋を並べてみたり食器を飾ったり。カウンターの片隅をお気に入りコーナーにすると、モノがたくさんあっても出しっぱなしには見えない

また、家族とのコミュニケーションをとりながら過ごす大切な空間。オープンなスペースなのでインテリアの要素としても重要な役割も担っています。そのため、実用と美観が両立したわが家らしさを表現したいところ。

たとえば、お気に入りをディスプレイするコーナーを意識してみてはいかがでしょう。それによって、自分自身を含めて家族や客人も居心地がいいと感じられるようになります。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。