お金がかかる時期だけパートに行く程度で足りる?

乳幼児を抱え専業主婦をしている人の多くは、「子どもにお金がかかる時期には、パートに出て働く必要があるだろう……」といった考えはあると思います。しかし、本当に子どもにお金がかかる時期だけ、パートに行く程度でよいのでしょうか?
 

夫の収入だけでは「ゆとりある生活」は難しい

今、家計に「ゆとり」はありますか? もし「ゆとり」が無いというならば、夫の収入が少しずつ増えることを想定しても、子どもの成長とともに支出が増えることや物価上昇を加味すると、夫の給料だけではこの先ずっと家計に「ゆとり」は無いでしょう。

しかし、多くの人が人並みにマイホームが欲しい、子どもは大学に進学させたい、ゆとりある老後を送りたいと願うものです。
 

子ども達の大学資金を準備できますか?

子どもを大学に進学させるには、自宅外通学の場合、約1,000万円かかります。例えば、毎年100万円をパートで稼ぐとしても、10年間働かなければいけません。2人大学に進学させるなら、2,000万円なので20年働いてやっと子ども達の大学資金を準備することができます。

このうえ、マイホームや豊かな老後といったことを考慮すると、子どもにお金がかかる時期だけパートで働くだけでは、難しいということが想像できるでしょう。つまり、長期にわたり、しっかりお金を稼ぐ必要があるということです。
 
イメージ

女性もキャリア&収入アップを


短期間だけ働くならパートでもよいですが、「長期にわたり、しっかりお金を稼ぐ」なら、パートではもったいないと思いませんか? 時間をかけて経験を積むことで、能力は上がっていくにも関わらず、その待遇がパート並みでは働く意欲も薄れてしまうでしょう。

これまで培ってきたキャリアを無駄にしないためにも、「パート」や「103万円以内の扶養の範囲内」ということにこだわらずに、早いうちから正社員という選択肢を入れていきましょう。
 

子どもの成長に合わせてキャリア&収入アップ!

しかし、子どもが小さいうちは働ける時間も限られ、病気や行事等で、正社員並みに働くことは難しいママもいるでしょう。最初は短時間のパートで働きながら、子どもの成長に伴い、少しずつ働く時間を増やし、キャリアと収入を高め、子どもが中学・高校に進学する頃には正社員並みに働けるようになればいいのではないでしょうか。
 

転勤族でもキャリアを生かせる働き方を選ぼう

夫の転勤でパートを辞めることになっても、どの地域に行っても店舗や支店があるような仕事に就いておけば、転居先でもキャリアを無駄にせず、即戦力として受け入れてもらえるのではないでしょうか。今は人手不足のうえ、女性の活躍を国が推進しています。時代の流れに乗り、キャリア&収入アップを目指していきましょう!

【関連記事をチェック!】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。