老舗で食べたい伝統点心

蓮香居

老舗の中でもワゴン式の点心販売をする店は希少

香港の旅で食べたいものリスト上位に挙げられる飲茶。せっかく香港で飲茶を食べるなら、地元の人が日常使いする昔ながらの飲茶レストランがおすすめです。特に上環(ションワン)エリアにある「蓮香居」は、地元の常連客で賑わう活気溢れる店というだけでなく、今では希少となったワゴン式の点心販売があるのも魅力です。

おいしそうな湯気を漂わせる蒸籠の中に入っているのは伝統的な点心の数々。中でも代表的なものをご紹介しましょう。


蝦餃(ハーガウ)

蝦餃

エビ餃子は点心の定番中の定番

地元の人にはもちろん、日本人にも人気が高い点心といえばこのエビ餃子。ぷりっぷりのエビが丸ごと包まれていてとっても贅沢。中身が透けて見えるほど薄い皮はもっちりしていて、意外にも破れにくいもの特徴です。


燒賣(シウマイ)

燒賣

黄色の皮に包まれているのが香港のシウマイの特徴

香港のシューマイは皮が黄色で、グリンピースではなく蟹の卵がのっているのが特徴。中身は豚のミンチ、エビ、シイタケ、ネギ、ショウガを混ぜたもの。ひと口サイズで食べやすい。


腸粉(チョンファン)

腸粉

腸粉の中身はエビやチャーシューが定番

ライスペーパーで具を包んで蒸したもの。一般的な具はエビや牛肉、甘いチャーシューなど。甘めの醤油を付けていただきます。ライスペーパーがしっとりしているので食べる際は中身がツルンとこぼれないように注意して。


蘿蔔●(ローバッゴウ) ※●は「米」偏に「羔」

大根餅

もっちりした食感と香ばしさがたまらない!

直訳すると「大根餅」。大根や干しエビ、中華ハム、ネギを混ぜたもち米を蒸してから、両面を焼いたもの。もちもちの食感と表面の焦げ目が香ばしい一品です。


山竹牛肉球(サンジョッアウヨッカウ)

山竹牛肉球

日本人には馴染みが薄いが、香港では人気点心のひとつ

粗めに挽いた牛肉に、クワイとパクチーを混ぜて丸めた肉団子を湯葉の上に置いて蒸した物。ジューシーなお肉とクワイのシャキシャキ感、さわやかなパクチーの風味がたまりません!。


鮮竹巻(シンジョッギュン)

鮮竹巻

ジュワ~っと肉汁が染み出してくる!

湯葉巻き。豊かな風味の湯葉に包まれているのは、豚のミンチ、タケノコ、シイタケなど。肉汁が染み出たスープによく絡ませて召し上がれ。


炸雲呑(ジャーワンタン)

炸雲呑

スープに浮かぶワンタンとはまた違う感動がある揚げワンタン

香港といえばワンタン。スープに入ったワンタンもいいけれど、揚げたワンタンはまた違うおいしさがあります。カラッと揚がったパリパリのワンタンは甘酸っぱいケチャップソースにつけて。


灌湯餃(ギュントンガウ)

灌湯餃

餃子をスープに浸すタイプとスープを中に閉じ込めるタイプがある

スープ餃子。たっぷりのスープに餃子を入れたものが一般的ですが、この店では豚のミンチやエビ、中華ハムなどに寒天状にしたスープを混ぜて蒸しているので、中からスープが染み出してきます。


叉燒包(チャーシウバウ)

叉燒包

ひと言で表現するなら甘い肉まん

香港のチャーシューはハチミツをつけてローストするため甘いのが特徴。それをふわふわの肉まん生地で包み蒸したもの。


鹹水角(ハムソイゴッ)

鹹水角

もっちもちのお惣菜系点心

中身はひき肉やシイタケなどで、餃子に似ているけれど、もち米に包んで揚げているので食感が独特。外はサクサク、中はもっちりとしています。


潮州粉果(チュウジャウファングォ)

潮州粉果

見た目は餃子に似ているが皮が厚くもっちりしている

エビや豚肉、ニラ、ピーナッツなどをでんぷん粉の皮で包んだもっちり餃子。潮州地方の伝統点心ですが、香港でもよく食べられます。


糯米●(ローマイガイ)※●は「鶏」の「鳥」が「隹」

糯米?

腹持ちの良さも満点!

点心にはごはんものもあります。鶏肉やシイタケ、貝柱など、たくさんの具を混ぜたもち米を蓮の葉に包んで蒸した広東風ちまき。葉を開けた瞬間の香りが食欲を誘います。


●汁蒸鳳爪(シージャップジェンフォンジャウ)※●は「豆」偏に「支」

シージャップジェンフォンジャウ

見た目はグロいがコラーゲンたっぷりで女性におすすめ

鶏の足先を醤油で甘く煮たもの。手羽先の様にかぶりついて食べます。見た目にひるむかもしれませんが、コラーゲンたっぷりで美容に良いので特に女性におすすめです。


馬粒●(マーライゴウ)※●は「米」偏に「羔」

馬粒?

ふわふわで素朴な甘さが魅力

素朴な甘さがどこか懐かしい中華風蒸しパンはデザート点心の定番中の定番。蒸籠いっぱいの大きさに驚きますが、ふんわり軽い口当たりなので、ペロリと食べ切ってしまいます。


煎堆(チントイ)

煎堆

揚げたてなので中のあんもあたたかい

こしあん入りの団子にゴマをまぶして揚げたもの。あたたかいあんは控えめな甘さで食べやすく、もっちりした生地とマッチしています。


気になる点心があれば、ワゴンで運ばれてくる蒸籠を覗いて選ぶも良し、店員さんに指差しで注文するもよし。楽しい飲茶タイムをお過ごしください。


<DATA>
■蓮香居
住所:2-3/F, 46-50 Des Voeux Road West, Sheung Wan, Hong Kong(Googleマップ
TEL:2156-9328
アクセス:MTR上環(ションワン)駅から約12分。
営業:6:30~22:30 ※飲茶は16:00まで
定休日:無休

※撮影/西澤智子

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。