オーストラリアでSIMカードを購入・利用する方法

ボーダフォンショップ

シドニーの歩行者天国ピットストリートモールにあるボーダフォンショップ

今や海外旅行中にも欠かせないのがLINEやFacebook、InstagramなどのSNS。家族への連絡や旅先の写真をアップするなど、スマホ通信は海外旅行の必須の条件になりつつあります。日本でもスマホのSIMロック解除が進んだおかげで、高額な海外ローミングや別途の持ち歩きが必要なポケットWiFi以外に現地のプリペイドSIMを利用する人も増え、海外での通信事情は大きく変わってきました。オーストラリアではプリペイドSIMの利用は以前から普及していますが、日本の携帯は使えるの? 購入方法は? 料金は? などたくさんの疑問があると思います。今回はオーストラリアでのSIMカードの購入方法や使い方についてお答えします! 

プリペイドSIMの料金、メリットとデメリット

プリペイドSIM

スーパーで販売されている各種プリペイドSIMは種類やプランも豊富

一番重要なことは日本の携帯で現地プリペイドSIMは使えるの? という疑問ですが、答えは『使えます!』 ただし、お使いの携帯がSIMロックフリー(解除)であることが前提です。海外旅行中の通信には大きく3つの手段があります。現在契約中の携帯での海外ローミング、海外で通信可能なポケットWiFi、そして現地プリペイドSIM。

プリペイドSIMのメリットは料金が安く、高額請求を避けることができることです。従量課金制の海外ローミングを利用していて、帰国後にとんでもない高額な請求が携帯会社から届いた。なんてことも稀に聞く話ですが、プリペイドSIMの場合は支払った料金分しか利用できないので使いすぎを防ぐことができます。もちろんLINEやFacebook、InstagramなどのSNSもそのままお使いの端末で利用可能です。

日本の携帯各社も海外ローミングパケットし放題を1日2000~3000円前後、海外レンタルポケットWiFiも国によって料金は変わりますが1日1000円~2000円程度で提供されていてかなり安くなってきました。

では現地プリペイドSIMの料金はどうでしょう? 一例としてオーストラリアの大手携帯3社の30オーストラリアドルプランを挙げてみます。

■30ドルプラン
有効期間28日、データ容量3GB、国内通話無料、SMS(ショートメッセージ)無料。(国際通話は別途通話料がかかります。)
30オーストラリアドル=約2,600円(2017年7月現在)

やはり海外ローミングやレンタルポケットWiFiと比べ、料金的には一番お得と言えます。もちろんデータは無制限ではありませんので利用の仕方は考える必要があります。オーストラリアではマクドナルドやスターバックス、ショッピングセンターやホテルのロビー他、街中でも無料のWiFiが提供されている場所がたくさんあるので、そのような場所では無料WiFiを利用する。現在は画像の解像度が高いので写真1枚のアップロードでも相当のデータを要します。SNSへ写真をアップする際も無料のWiFiを利用する。などうまく使い分けをしてデータ利用を節約しましょう。

デメリットは当たり前ですがSIMロックが解除されてある携帯でないと使えないこと。そして電話番号が変わってしまうことです。※注1 ただ最近ではLINEやその他のアプリによるボイス(音声)通話を利用する方も増えているため、海外旅行という一定の期間であればさほど不便を感じることはありません。またSIM入れ替えには多少の設定が必要になることがありますが、現地ショップで購入すれば設定してもらえることが多いです。こちらは後ほどご説明します。
※注1 電話でリクエストすれば利用中の携帯番号をそのまま使うことも可能な会社もある。

オーストラリアでプリペイドSIMを購入できる場所

Vodafone

シドニー国際空港到着ロビーにあるボーダフォンショップ

オーストラリアでプリペイドSIMを購入できる場所はいくつかありますが、一番便利なのは到着した空港内の携帯ショップです。オーストラリアには3大携帯会社Telstra(テルストラ)、Optus(オプタス)、Vodafone(ボーダフォン)の他、格安のSIMを販売する会社があり、いくつかの会社が空港内にショップを構えています。

団体旅行の場合、到着空港で購入手続きをする時間がない時がありますが、その際は街中にある携帯ショップを見つけて購入しましょう。その他、スーパーやコンビニ、ニュースエージェンシーなどでも購入可能ですがご自身で設定する必要があります。携帯各社のウエブからも購入できますが、ID(基本的にパスポート)の提示やSIMを配送してもらう必要があるので旅行者にはおすすめできません。

プリペイドSIM購入に必要なもの

Optus

シドニー国際空港到着ロビーにあるオプタスショップ

プリペイドSIM購入に必要なものはSIMロックが解除された携帯パスポート。ここでは一番簡単な空港の携帯ショップで購入する方法をご説明します。

到着した空港のロビーで携帯ショップを見つけます。いくつかのショップがある場合、料金はどこも大きく変わりませんので空いているカウンターに並ぶとよいでしょう。

SIMロックが解除された携帯を見せて、プリペイドのSIMが欲しい旨を伝えると、たいていはショップのスタッフの人が滞在期間、利用用途や頻度などにより適切なプランを提示してくれますので、ご自身の希望に合ったものを選びます。

あとはパスポートを提示すれば購入手続きを進めてくれ、SIMの入れ替えもやってくれます。設定に不安がある方はショップで購入すればこうした手続きも行ってくれるので安心です。プリペイドで購入したプランの上限を使ってしまった場合は街中にあるショップの他、スーパーやコンビニ、携帯各社のオンライン上でもリチャージが可能です。

オーストラリア3大携帯会社のプリペイドSIM情報はこちらから。

オーストラリアの通信事情

スターバックス

シドニーの中心ハイドパーク前にあるスターバックスではWiFiが無料で利用できる

オーストラリアはお世辞にもインターネット環境は良いとは言えません。日本の方が格段にスピードも速いし安定しています。しかし、ショッピングセンターやマクドナルド、スターバックスなどのチェーン店、ホテルのロビーのほとんどで無料のWiFiも提供されており、大容量のデータを要する動画のストリーミングなどを除きメールのチェックやSNSの利用は問題ありません。

いかがでしたか? ご自身の携帯機種や契約内容、オーストラリアでの滞在期間やどのような用途で携帯を使うかを考慮し、無料のWiFiとうまく組み合わせて利用してみてください!

■関連記事:
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。