プロが実践! 愛犬の正しいシャンプー方法とは

シャンプーが嫌いにならない方法があるよ☆

シャンプーが嫌いにならない方法があるよ☆

自然の中で思いっきり遊んだあとは、愛犬を綺麗にシャンプーしてあげたい!と思うものです。でも、ホームケアとして自宅でシャンプーすることに難しさを感じられている方が多いようです。大好きな飼い主さんのはずなのに、この時ばかりは逃げ回る犬たち。でも、彼らがシャンプーを嫌うには、理由があるのです。今回は、愛犬たちが心地良いバスタイムを過ごすために、最も大切なことをお伝えしたいと思います。


最適なお湯の温度とは?

シャンプーをする際のお湯の温度は、季節や個体の大きさによっても異なりますが、人間からすると「少しぬるめ」と感じる35度~37度に設定してあげて下さい。

犬の皮膚は非常に薄くてデリケートです。人間が心地よいと感じる温度は、犬達にとって「熱湯」になってしまうことを忘れないで下さい。お湯の温度が高いと体温が上がりすぎ、体力を奪う原因になります。また逆に、ぬる過ぎることで内臓を冷やし、体調を崩す原因にもなります。

一番大切なことは、愛犬の様子を見ながら温度調整を細やかにしてあげることです。洗う事に夢中になり過ぎず、常に犬達の仕草、表情に注意してあげて下さいね。

また、シニアの子へのシャンプーは、心臓に負担がかかります。長時間かからないように手際よく、また、お風呂場の室温にも気をかけてあげて下さい。夏場は浴室が熱くなり過ぎないように換気をし、冬場は愛犬を浴室へ入れる前にシャワーなどで室温を上げる工夫をされると、心地よいバスタイムになるでしょう。

最適な頻度とは?

シャンプーの頻度は月に1回~2回が望ましいとされています。

頻繁にシャンプーをすると、必要な皮脂まで洗い落としてしまいます。その結果、乾燥やフケ、皮膚炎を起こす原因にもなりますので、2週間に1回程度の頻度で行うと良いでしょう。

ただし、皮膚病などで獣医さんよりこまめにシャンプーをする指示が出ている場合は、上記の限りではありません。処方されているシャンプーを指示通りの頻度で行って下さい。

プロも実践!正しいシャンプーのやり方

≪用意するモノ≫

  • 犬用シャンプー
  • 犬用コンディショナー
  • ブラシ
  • 吸水性の良いタオル
  • ドライヤー
≪あると便利なモノ≫
  • 大きなスポンジ(シャンプーの泡立てに便利です)
  • 排水溝ネット(毛が排水溝に詰まりません)
≪シャンプーの前準備≫
シャンプー前にしっかりとブラッシングをしてあげましょう。絡まった毛や毛玉がある状態でシャンプーすると、毛が固まってしまいます。特に長毛のワンちゃんは、毛が絡まりやすいです。首まわり、耳の後ろ、内股、お尻まわりは念入りにブラッシングをして下さい。

≪シャンプー手順≫
  1. しっかりと全身を濡らします。濡らす順番は、顔から遠いお尻からです。シャワーを怖がる子が多いので、シャワーヘッドを体に密着させて、体に受ける刺激や音を最小限にしてあげて下さい。
     
  2. 大きなスポンジで泡を作ります。そして、顔に石鹸が付いている時間を短くするために、背中→お尻→後肢→胸→前肢→顔の順に洗います。皮膚を傷つけないように優しく洗ってあげて下さい。
     
  3. しっかりとシャンプーを流します。流す順番は、洗う順番とは逆に顔からお尻に向けて流してます。シャンプー液が残っていると皮膚炎やフケの原因になります。長毛の子は特に念入りに流してあげて下さい。
     
  4. コンディショナー液を作り、全身に馴染ませます。その後、しっかりと流します。
     
≪シャンプー後≫
  1. 出来る限りタオルで水分をふき取ります。
     
  2. ドライヤーで生乾きにならないよう、しっかりと乾かします。濡れた状態でいると、体温が奪われてしまうので手早く乾かしましょう。ただし、ドライヤーの熱風が直接皮膚に当たらないように、ドライヤーと体の間に手を置き、温度を確認しながら乾かしてあげて下さい。耳や手足、肉球部分は乾きにくいので念入りに行いましょう。
     

パピーはいつからシャンプーデビューできる?

パピーのお風呂デビューは時期が大切!

パピーのお風呂デビューは時期が大切!


1回目のワクチン接種が終わった生後3ヶ月が過ぎにシャンプーを開始してあげて下さい。

それより前の時期では、まだ足腰が不安定で危険が伴うことと、ワクチン未接種の場合は、体調を崩しやすいので、上記の時期をおすすめします。


ヒート中にシャンプーをして良いの?

ヒート(生理)中であっても、体調が良ければシャンプーを行っても問題ありません。ただ、長時間にならないように、手早く行ってあげて下さい。

人間用のシャンプーは使って良いの?

犬に人間用のシャンプーはおすすめしません。理由は大きく2点。

  1. 犬の皮膚は人間の皮膚の数分の1程度の厚さしかありません。薄くデリケートな皮膚は刺激に敏感で、皮膚トラブルを起こす可能性があるからです。
     
  2. 人間の皮膚が弱酸性に対して、犬の皮膚は弱アルカリ性だからです。

皮膚の厚みのみならず、皮膚の性質も違う観点から、私は愛犬に人間用のシャンプーは使用していません。

良いシャンプーって何?

犬用のシャンプーは、とても種類が豊富です。低刺激性のシャンプー、仕上がりにツヤ感が出るシャンプー、フンワリ感を重視するシャンプー、消臭効果や虫よけ成分が配合されたシャンプー。ノンシリコン、オーガニック、石鹸、無添加、様々です。何が良いのか迷ってしまいますね。

私自身も愛犬にどれがベストなシャンプーなのか迷いました。迷う理由は、人間用のシャンプーと違い成分表示の義務がないためです。正直、何が入っているか分からないのです。そこで、私は、愛犬に手作り石鹸を使用しています。泡立てにコツはいりますが、大きなスポンジを使うと、フワフワで、しっかりとした泡が立ちます。皮膚が薄く、刺激に弱い、愛犬の皮膚被毛にあうオイルを使用した手作り石鹸は、何より安心して使うことが出来ています。

犬それぞれに皮膚の強さは違います。体調や年齢によっても皮膚に変化は出るものです。何よりも大切な事は、愛犬の皮膚、被毛の変化に応じてシャンプーを選ぶことです。そして、アレルギーや皮膚トラブル起き来た時は、すぐに獣医さんに相談されることが一番重要だと思っています。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。