あなたは、「貯まる快感」を知っていますか? 「もちろん!」という人は、お金をしっかり貯められる人です。「お金が貯まったら、いろいろ使えるからうれしいよね」と感じていることでしょう。

一方で、「何それ? 意味がわからない」「お金を貯めるのって、ガマンしなきゃいけないし、全然楽しくないでしょ」という人は、お金が貯まらない人ではないでしょうか。

実は「貯まる快感」を知っているかどうかで、楽しくお金を貯められ、楽しくお金を使えるかどうかの大きな分かれ道になるのです。
一度「貯まる快感」を味わえば、やめられなくなる!?

一度「貯まる快感」を味わえば、やめられなくなる!?

 

「貯まる快感」を知らない人がよく言うセリフ

ここで、「貯まる快感」を知らない人のセリフをご紹介します。

1.「お金を貯めるには、ガマンしなきゃいけないし、つらいだけ」
確かに、何もかも出費をガマンしたら、つらくなります。「楽しみを全部削ってください。それらは無意味な出費です」なんて言われたらたまりませんよね。いえいえ、そういうわけではありません。

ふだん使っているお金の中から、ムダなもの“だけ”を削って貯めていくのです。100円でも、1000円でも削っていくと、どうなるでしょうか。

ダイヤモンドの原石が小さな結晶からできているように、小さなお金が集まって、いつしか1万円、10万円、100万円と大きなお金になっていきます。

もし、まとめて10万円を使えるとしたら、うれしいですよね。しかも、それはれっきとした自分のお金。まさに「貯まる快感」、そして「お金を使う快感」を味わえる瞬間です。それをぜひ、知ってほしいと思います。

2.「お金を貯めるだけ貯め込んで、使わないなんてカッコ悪い」
確かに、必要なところにもお金を使わないで、貯めるだけ貯め込んでいる人はカッコ悪いかもしれません。自己愛だけでお金を貯め込んでいる人がいたら、がっかりしてしまいますよね。ですが、真の「貯まる快感」を知っている人は、いざというときにそのお金をしっかり使える人です。

例えば、旅行や引っ越し、転職、独立開業、憧れのものを購入などなど、ある程度まとまったお金がないとできないことを、しっかり貯めているからこそかなえられるのです。

また、自分だけでなく、自分以外の誰かにお金を使うことも、貯蓄がなければなかなかできません。自分のことで精一杯になってしまうからです。

大切な家族、友人、知人にお金を使ったり、時には寄付も行ってみる――そうして、他の誰かを気遣うことができる心とお金の余裕があると、素敵だと思いませんか。
 

「貯まる快感」を味わうためのステップ

とはいっても、「手取りが少ないし、100万円も貯めるなんて無理……」と感じるかもしれません。「銀行口座の預金が10万円を超えたことがない」という人もよくいらっしゃいます。

「貯まる快感」を味わうには、”貯蓄を別どり”することがコツです。まず「貯蓄分は別の口座に移すこと」から始めましょう。

普段使っている口座にお金を入れておくと、「お金がたくさんある!」→「使ってしまおう!」と、あっという間になくなってしまいます。

一番のおすすめは、貯蓄の王道ではありますが、給与天引きができるもの(財形貯蓄や社内預金の制度を勤務先が導入していれば利用可)。お給料を手にする前に、自分の目の届かないところで貯蓄が確保されるからです。

次のおすすめは、銀行の自動積立定期預金。毎月一定額を、自動的に無料で貯めてくれる仕組みです。

また、一部のネット銀行にある「自動入金サービス」もおすすめ。大手銀行などから、無料で毎月一定額を移してくれる仕組みです。

月5000円ずつなら20カ月後に、月に1万円ずつなら1年もたたないうちに、10万円のお金が貯まります。それを続けていけば、30万円、50万円と増えていき、やがて100万円を達成する日を迎えることでしょう。

それだけ大きなお金が貯まったら、ある程度のことは「できる」「買える」と感じるはずです。今まで貯蓄がないからといって諦めていたことにも、一歩踏み出せるようになるのです。

まさに、「貯まる快感」を味わえる瞬間です。あなたのやりたいことをかなえるために、ぜひ今日からお金を貯め始めましょう。

【関連記事をチェック!】

【編集部からのお知らせ】
・All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
※抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※2022/1/1~2022/1/31まで

お金のYouTubeチャンネル2周年企画を1/12から配信決定!
マネープランクリニックでおなじみの深野康彦先生への大質問会、茂木健一郎さんに聞く金持ち脳と貧乏脳の違い、林家ペー・パー子さんに聞く老後のお金など……10日間連続でお金を楽しむ動画を配信します。
予告動画を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。