COUNTIF関数とは

COUNTIF関数とは、「範囲」に指定したセル範囲内で、「検索条件」を満たすデータが入力されているセルを検索し、その個数を求める関数です。
COUNTIF関数

COUNTIF関数(画像はエクセルの使い方 ガイド緑川吉行氏作成)

COUNTIF関数は、例えばアンケート結果で「はい」と記入してくれた人数をカウントしたいときなどに便利。また、比較式を利用して「○日以降」の日付を数えたり、「○円以上」の商品を数えたりするのにも役立ちます。


COUNTIF関数の使い方

例えばアンケートの集計で「はい」の個数を数えたいとき、COUNTIF関数を次のように利用します。
アンケート結果から「はい」の個数を数えたい

アンケート結果から「はい」の個数を数えたい

このエクセルシートでは、セルB3~B8に、アンケート結果の「はい」と「いいえ」が入力されています。COUNTIF関数を利用してセルB10に「はい」と入力されたセルの個数をカウントしましょう。このときの数式は

セルB10=COUNTIF(B3:B8,"はい")

です。
検索条件を「はい」に指定

検索条件を「"はい"」に指定

検索範囲に「セルB3~B8」を指定し、検索条件に「"はい"」、つまり「『はい』と入力されているセル」を指定します。

すると、COUNTIF関数を入力したセルB10に「はい」と入力されているセルの個数「4」が表示されます。
「はい」の数がカウントされた

セルB10に「はい」の数がカウントされた


このままだと「4」が何のデータなのかがわかりづらいですね。そこで今度は、セルA10に「はい」と入力して、セルB10の「検索条件」にセルA10を指定します。これなら、セルB10ではセルA10に入力されたデータの個数を求めているということがわかりやすくなります。

セルB10=COUNTIF(B3:B8,A10)
※検索条件に入力するのはセル番地なので、“”(ダブルクォーテーション)は不要
セルB10には、セルB3~B10の範囲から、A10と同じデータが入力されたセルの個数がカウントされる

セルB10には、セルB3~B10の範囲から、セルA10と同じデータが入力されたセルの個数がカウントされる


また、セルA11に「いいえ」と入力し、オートフィル(セルB10の右下にカーソルをあてると出てくる十字マークを、セルB11までドラッグ)を使ってセルB11に関数を入力してから範囲を調節すれば、簡単に「いいえ」が入力されているセルの個数「2」を求めることができます。
オートフィルによりセルB11には「=COUNTIF(B4:B9,A11)」が設定された

セルB11=COUNTIF(B3:B8,A11)


 

比較式を指定する場合

COUNTIF関数では、検索条件に比較式を指定することも可能です。例えば日付一覧から「2017年5月1日以前」の個数だけを数えたいとき。
検索条件に比較式を指定する

検索条件に比較式を指定する

検索条件には「2017年5月1日以前」を表す比較式が入力されたセルを表す「"<=2017/5/1"」を指定します。Excelで日付は、古いほど小さい数値で、新しいほど大きい数値なので、「以前」は「<=」で入力します。

セルA10=COUNTIF(A1:A8,"<=2017/5/1")
“以前”なので、「2017年5月1日」も含まれる

“以前”なので、「2017年5月1日」も含まれる

「2017年5月1日より前」の日付をカウントしたい場合は「=COUNTIF(A1:A8, "<2017/5/1")」、「2017年5月1日以降」でカウントしたい場合は「=COUNTIF(A1:A8, ">=2017/5/1")」という比較式になります。



COUNTIF関数は条件を1つしか指定できません。「はい」と答えた「男性」のみカウントしたい、「2017年5月1日以前」に購入された「商品A」のみカウントしたい、など複数条件を指定したい場合はCOUNTIFS関数を使いましょう。

COUNTIF関数を活用したテクを「エクセルの関数で重複データをチェックする方法」で紹介しています。あわせてご覧ください。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。