都立高校が人気を集めている背景

都立高校の人気ランキング

都立高校の人気倍率ランキング


私立高校の人気復調により、近年、都立高校の倍率は少し落ち着き気味です。しかし、今回ランキングに入っている高校の倍率は約2倍。1校しか受けられない都立高校の一般入試においては依然として高い倍率といえます。2018年度入試における人気の都立高校、倍率ランキングベスト10を発表します。
(男女の倍率のうち、高い方の実質倍率を基準に比較しています)
 

第1位 都立広尾高校(渋谷区)

Vもぎ偏差値52/換算内申 男子44 女子50
住所:渋谷区東4-14-14
アクセス:恵比寿駅から徒歩10分
http://www.hiroo-h.metro.tokyo.jp/index.html

都立高校人気倍率ランキング第1位 都立広尾高校、通称「広高(ひろこう)」。毎年、高倍率ランキング上位に入る超人気校。文部科学省から「教育課程研究指定校(国語)」「実践研究指定校(国語)」、東京都教育委員会から「スポーツ特別強化校(女子バスケットボール)」「文化部推進校(文芸部)」の指定を受けています。東京理科大や國學院大などとの高大連携、大学教授を招いた分野別進路講演会などを実施し、 多くの進路情報の提供を行っています。
 

第2位 都立国際高校(目黒区)

Vもぎ偏差値62/換算内申 56
住所:目黒区駒場2-19-59
アクセス:駒場東大前駅から徒歩10分
http://www.kokusai-h.metro.tokyo.jp/

都立高校人気倍率ランキング第2位 都立国際高校は、国際学科を設置している唯一の都立高校。東京都教育委員会から「進学指導特別推進校」の指定を受けています。入試問題は英語のみ自校作成問題校であり、高度な英語力が要求されます。帰国生枠入試も採用。日本の公立高校初の国際バカロレア・ディプロマプログラム認定校(大学入学資格プログラム認定校)です。さまざまな生徒が在籍し、全体の3分の1から半分が海外滞在経験または、在京外国人で占められています。
 

第3位 都立青山高校(渋谷区)

Vもぎ偏差値64/換算内申 男子56 女子60
住所:渋谷区神宮前2丁目1−8
アクセス:外苑前駅から徒歩3分
http://www.aoyama-h.metro.tokyo.jp/

都立高校人気倍率ランキング第3位 都立青山高校、通称「青高(あおこう)」。東京都教育委員会から「進学指導重点校」「英語教育推進校」の指定を受けています。「国公立大学をめざす進学校」という教育方針のもと、近年では特に国公立大学への合格を強く意識した指導が行われています。青山高校最大の伝統行事は「外苑祭」。クラス発表の劇で、毎年非常に高いレベルに観客が驚かされています。
 

第4位 都立目黒高校(目黒区)

Vもぎ偏差値55/換算内申 男子47 女子52
住所:目黒区祐天寺2-7-15
アクセス:祐天寺駅から徒歩5分
http://www.meguro-h.metro.tokyo.jp/

都立高校人気倍率ランキング第4位 都立目黒高校は、東京都教育委員会から「理数研究校」「英語教育推進校」の指定を受けています。進学指導に力を入れ、筑波大、青山学院大、明治学院大、東京都市大、昭和女子大、成城大などと高大連携の協定を結んでいます。河合塾のe-ラーニングシステム「Kae1」も導入し、コンピュータ上で国語、数学、英語の3教科を高校基礎から大学入試レベルまで学ぶことができます。
 

第5位 都立三田高校(目黒区)

Vもぎ偏差値60/換算内申 男子54 女子56
住所:港区三田1-4−46
アクセス:赤羽橋駅から徒歩5分
http://www.mita-h.metro.tokyo.jp/site/zen/

都立高校人気倍率ランキング第5位 都立三田高校は、東京都教育委員会から「進学指導推進校」「言語能力向上拠点校」「英語教育推進校」、韓国忠南外国語学校や台湾の高級中学校と連携する「姉妹校交流推進校」の指定を受けています。大学の合格実績は毎年向上。海外修学旅行をはじめとした国際理解教育を通してグローバルな世界を知り、帰国生や留学生と共に日常生活を過ごす中で、異文化理解を深めます。
 

第6位 都立東高校(江東区)

Vもぎ偏差値49/換算内申 男子42 女子46
住所:江東区東砂7-19-24
アクセス:南砂駅から徒歩5分
http://www.higashi-h.metro.tokyo.jp/site/zen/

都立高校人気倍率ランキング第6位 都立東高校の大学進学率は約6割。年々、進学実績が向上しています。全館冷暖房設備完備。座席数268席の多目的ホール(しおさいホール)」、剣道場、弓道場、柔道場、屋上プール、パソコン教室などの施設があります。テニスコートは都立高校ではトップクラスの6面という広さ。部活は弓道部と演劇部が特に活躍しています。先生と生徒との距離が理解という声が多い高校です。
 

第7位 都立新宿高校(新宿区)

Vもぎ偏差値63/換算内申56
住所:新宿区内藤町11‐4
アクセス:新宿駅から徒歩4分
http://www.shinjuku-h.metro.tokyo.jp/site/zen/

都立高校人気倍率ランキング第7位 都立新宿高校は、東京都教育委員会から「進学指導特別推進校」の指定を受けている学校です。入試は独自入試問題を採用。土曜授業、週末課題、補習・講習(1700時間)、勉強合宿等を実施し、国公立大学合格者が100名を超え、早慶合格者も増加中。戸山高校との運動部対抗戦、1年生全員参加で沖の島まで約1.5kmを遠泳するイベントが名物となっています。
 

第8位 都立昭和高校(昭島市)

Vもぎ偏差値58/換算内申 男子47 女子52
住所:昭島市東町2-3-21
アクセス:東中神駅から徒歩4分
http://www.showa-h.metro.tokyo.jp/home/index.html

都立高校人気倍率ランキング第8位 都立昭和高校は、東京都教育委員会から「アドバンス校」「英語教育推進校」の指定を受けている学校です。多摩地域の中堅上位進学校。1年次から土曜講習があり、大学入試に対応できる学力養成に努めています。2015年にグランドの改修工事を完了し、陸上競技部などが実績を出しています。スローガンは「二兎を追い、二兎を得る」。
 

第9位 都立竹早高校(文京区)

Vもぎ偏差値61/換算内申 男子54 女子56
住所:文京区小石川4-2-1
アクセス:茗荷谷駅から徒歩10分
http://www.takehaya-h.metro.tokyo.jp/site/zen/index.html

都立高校人気倍率ランキング第9位 都立竹早高校は、東京都教育委員会から「進学指導推進校」「英語教育推進校」「理数研究校」の指定を受けている学校です。1学年6クラス。帰国子女の受け入れを行い、二年次からは自由選択科目として第二外国語(フランス語、ドイツ語)もあります。土曜自習室「竹早塾」では、現役OBによる補習などの学習支援が行われています。都立国際高校、三田高校同様に、帰国枠入試を採用しています。
 

第10位 都立小平高校(小平市)

Vもぎ偏差値54/換算内申 男子45 女子50
住所:小平市仲町112
アクセス:東中神駅から徒歩4分
http://www.kodaira-h.metro.tokyo.jp/site/zen/

都立高校人気倍率ランキング第10位 都立小平高校は、東京都教育委員会から「文化・スポーツ等特別推薦」の指定を受けている学校です。外国語コースを設置し、年海外修学旅行、年に3回のアジア諸国、欧米、オセアニアの高校生との学校交流、東京学芸大教職大学院との異文化体験授業・ワークショップや公開授業を実施しています。土曜授業では進学対策講習、英語検定試験等の受講者対象の講習なども実施しています。

 

都立人気校に合格するためには早めの対策が不可欠

さて、気になる都立高校はあったでしょうか。人気校に合格するためには早めの対策が不可欠です。できるだけ早めに計画を立てて合格を目指してめざしてください。

なお、前年にあまりにも倍率が高かった学校は、翌年に敬遠されて倍率が落ち着く傾向にあります。前年が高倍率だったからといってあきらめず、学力を高める努力をしてもらえたらと思います。
 

関連記事

都立高校の人気校ベスト10は?
5分でわかる!2018年度首都圏高校入試の最新トレンド
【都立併願】附属中・大のない私立高【偏差値55以上】
「併願優遇」とは?東京都の私立高校受験
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。