爪甲鉤彎症とは……足の親指の爪が厚く硬くなっていく

足の爪が厚くなる爪甲鉤彎症

足の親指の爪が厚く硬くなっていく「爪甲鉤彎症(そうこうこうわんしょう)」。※画像はイメージ

爪甲鉤彎症(そうこうこうわんしょう)は足の親指の爪に起こる爪の病気です。爪が厚くなり、色が濁り、表面のデコボコや変形が起こります。

クリニックにも「足の親指の爪が厚く変形してきた」「爪が変形したせいか圧迫感がある」「爪が厚くて爪切りが入らない」といった症状で来院される患者さんは珍しくありません。爪の変形があって他のクリニックで水虫と診断され治療を受けたものの治らずに受診された方もいました。

テーピングなどで自分で工夫している方もいるようですが、爪甲鉤彎症の原因、治療法、悪化防止も含めた予防法について解説します。

<目次>

爪甲鉤彎症の症状・特徴・水虫との違いと見分け方

爪甲鉤彎症になると、爪が分厚く、硬くなります。水虫と間違われることもありますが、水虫とは違い、爪が真っ白に濁ることは少ないです。爪甲鉤彎症の場合は黄色や茶色に少し濁って見えることが多いです。また、水虫の場合は爪がもろくなるため、爪を削るとぽろぽろと白い粉になり落ちますが、爪甲鉤彎症の場合は爪が硬くなるため、簡単には爪を削れないことが多いです。
 

爪甲鉤彎症の症例画像・写真

爪甲鉤彎症

爪甲鉤彎症の症例

爪甲鉤彎症になった足の親指の爪。他の爪と異なり、色に濁りが見られること、変形していることが分かると思います。

爪甲鉤彎症の原因・好発年齢……50代以降に多いが20代の発症も

爪甲鉤彎症は、長期間に渡って爪を傷害する力が加わることが原因で起こることが多いです。小さい靴や、先がせまい靴などを長く履いていると、外力で爪が傷害されるので爪甲鉤彎症の原因になります。運動選手やダンサーなど、足に外力が加わりやすいスポーツをしている場合も発症しやすいです。

長く外力が加わることでなりやすいので、50代以降で特に多くなりますが、20代でも症状を発症することがあります。
 
クリニックで診ていると女性の方が受診されることは多いですが、一般的に性差は報告されていません。
 

爪甲鉤彎症の治し方・治療法……皮膚科でも完治は困難

爪甲鉤彎症は、残念ながら病院でも完全に爪の変形や厚みを元に戻すことは難しいのが現状です。圧迫感や痛みがある場合は爪の一部を削ったり除去したりすることで、不快な症状を軽減できるよう対処します。
 

爪甲鉤彎症の予防法・セルフケアのポイント

爪甲鉤彎症は小さな靴や先が狭い靴を履き続けることによる圧迫が原因になることが多いため、まずはきつすぎない靴を履くようにすることが予防・悪化防止に有効です。爪を障害するような強い運動を続けることも爪甲鉤彎症の原因になりますので、足の指や爪に負担がかかりすぎないようにしましょう。
 

水虫なら治療可能。まずは鑑別のためにも皮膚科受診を

爪の変形や濁りでお悩みの場合、まずは爪の水虫でないかどうか確認が必要です。水虫の場合は治療も可能です。爪甲鉤彎症は治癒させることが極めて難しいですが、痛みがある場合には爪の一部を削ったり除去したりして、対処することもできます。気になる爪の症状がある場合は、まずは皮膚科でご相談ください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項