家計簿アプリベスト3は

いつでもどこでも家計管理ができるのア家計簿アプリのいいところ。でも、家計簿アプリごとに、その得意とすることが異なります。今回は、現金支出を管理したいか、口座やカードをメインに管理したいかを基準に、3つのお勧めアプリをご紹介していきます。

現金管理がメインなら、2秒で入力!の「おカネレコ」 

おかねレコ
http://okane-reco.com/

【おススメポイント】
おカネレコの特徴は、そのシンプルさ。費目と金額を入力するだけのお小遣い帳のような作りで、子どもも大人もすぐに始められる手軽さがあります。「2秒で入力!」のキャッチフレーズにあるように、すぐにつけられるから、コンビニでおにぎりを買った後、バス代を払った後にもすぐに入力する習慣をつければ、自分のお金づかいの癖が把握できるから、いつのまにか無駄遣いが減らせているでしょう。

【いまいちポイント】
一つのスマホで現金の入出金記録をするだけなら、無料で使えるアプリです。ただし、一歩進んでレシートの自動入力をしたくなったり、家計簿データをクラウド管理してスマホからもパソコンからも入力したくなったりしたときには、月額480円の有料サービスへの移行が必要になります。有料サービスは年払いすると3000円(月250円)になります。

口座管理も現金管理も。バランスの良さで選ぶなら「Zaim」

Zaim
https://zaim.net/

【おススメポイント】
銀行口座やクレジットカード会社など、口座を登録できます。登録した口座やカードの入出金があるとアプリ上で一覧できるので、残高管理がしやすくなります。現金での買い物は、レシートの写真を撮れば家計簿にかんたんに自動入力できます。

口座登録・レシート自動入力・クラウド管理も期間制限なく無料で利用できます。メインの銀行とクレジットカード情報を登録しておき、普段は現金での買い物を中心に節約もしていきたいという人におススメのバランスのいいアプリです。

【いまいちポイント】
主だった銀行やクレジットカードは概ね口座連携できますが、証券口座や携帯電話なども含めて資産全般を一元管理したくなってきたら、物足りなくなってくるかもしれません。

プレミアム版(月額360円)に入ると、広告が非常時になるほか、複数アカウント(家族の家計簿、お小遣いの家計簿、事業用の家計簿など)を持つ場合には切り替えがスムーズになるなどのメリットがあります。ひとつだけの口座管理なら、プレミアム版に入る必要はないでしょう。

口座連携数ナンバーワン。口座管理したいなら「マネーフォワード」

マネーフォワード
https://moneyforward.com/

【おススメポイント】
銀行や証券口座、クレジットカード、携帯電話、電子マネーなど、たくさんの口座に対応しています。たくさんの口座の入出金履歴を一元管理したい人、キャッシュレスの買い物が多い人におススメです。

【いまいちポイント】
現金入力のわかりやすさや楽しさは、他のアプリのほうが優れているので、あくまでも口座管理を中心にしたい人におススメです。マネーフォワードを使って現金管理もしたい場合には、2重計上にならないやり方(財布という名の口座を登録して、そこから現金を支出する)がアプリ内で解説されているのでよく見てみましょう。

無料のサービスでは入出金履歴が1年間しか見られません。過去にさかのぼって履歴を確認したい人は、1年経過後から月額500円のプレミアムサービスに入る必要があります。

実際に使って比べてみよう

どれがいいかよくわからないという人は、気になるアプリを実際にダウンロードしてみましょう。どれも最初は無料で使えるので、実際に使ってみながら、自分に合うものを選んでみてはいかがでしょうか?


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。