親の名前を受け継ぐと、将来親を越えられない……って、本当?

親の名前を受け継ぐと、将来親を越えられない!

親の名前を受け継ぐと、将来親を越えられない!

Q: 子供の名付けに太郎という字を使いたいのですが、祖父の名前に太郎という字が入っています。特に祖父を意識した訳ではありませんが、父や祖父の名前の文字を取ったら親を越せないという話を耳にしますが、名付けでよくないのでしょうか?

A: 父子で同じ字を使う場合に注意すべきことはありますが、今回の場合は名前自体の問題ではなく、名づけの感覚、姿勢のほうの話になるでしょう。名づけは自主性をもって、明るく、楽しくやるもので、世間のうわさに不安をいだきながらするのは良い名づけとは言えません。



父親と男の子では注意すべきケースはある

一般論で言うと、祖父母の字を使うこと自体がいけないということはありません。世の中には「通し名」と言って名前に代々同じ字を入れる習慣のある家もあります。もちろん歴史上にもよく見られますが、現代でもそういう習慣の家はあります。その場合は字を真似たということではなく、あくまでも習慣に従っているだけですから、名づけの方法としては問題ありませんが、ただ先祖から使っていた字というのは古風な名前しか作れないこともあります。

親と同じ字を使う場合ですが、母親の字を使うとか、女の子に使うのは問題ありません。注意が必要なのは「父親の字を男の子に使う場合」です。この時「自分の名前にある字が好きだから」という理由でやるならかまいませんが、他の動機がある場合は要注意です。たとえば「親子の絆が強くなるように」とか「家の商売を継がせたいから」などと言われる方も居ますが、そのように親子の繋がりとか家業というものに非常にこだわって同じ字を使うのは、名づけがまじないになってしまいますのでおすすめできません。結果が裏目に出て親子が離れてしまうケースも非常に多いからです。


根拠のない悪い言葉に影響されなように要注意!

「私の名前は最悪だと言われたので、子供の名前だけは良くしたいのです」などと言われる方がよくいます。「名前が最悪ってどういう意味ですか?どういう人に言われたのですか?」とお聞きすると、「意味はわかりません。名前を見る人に言われました」とおっしゃるのです。

私たちは、たとえば「あなたは〇〇を盗んだでしょう」と言われたら、「してませんよ」と即座に否定できますが、でも「あなたはひどい人だね」とだけ言われたら、何のことやら気になってしまいます。それと同じく、人は「最悪」「親を越せない」などと言われると、自分であれこれ良くない想像をしてしまって気味が悪くなってしまうのです。私たち誰しも意味不明の言葉には反論が浮かびにくく、影響を受けやすいので、無意識で悪い暗示をかけれれてしまわないように、気をつけたいものです。