一度確認するだけで、お金の流れがいっきに変わる!

“固定費”を一度把握することで、「自分が本当に使っていいお金」が明るみになります!

“固定費”を一度把握することで、「自分が本当に使っていいお金」が明るみになります!

お給料日。税金や社会保険料などが引かれて、銀行の口座にお金が振り込まれますよね。「先月は残業が多かったから、今月は少し多めだな」「今月は少なめだったな」などと、月によって手取り額が変わる方もいるかもしれません。ですが…ここで、さらにどう思うかが、貯蓄ができるかどうかの大きな分かれ道なのです。

「手取り=自由に使えるお小遣い」と思うことに注意

銀行に振り込まれる「手取り額」は、すでに税金や社会保険料などが引かれています。ですが…これをすべて「自由に使える“お小遣い”」だとうっかり勘違いしていないでしょうか。

仮に、手取り月収が20万円だったとします。銀行に振り込まれた20万円を見て、「20万円も使える!」と思いこんでどんどん使ってしまうことが、“お金が貯まらない人”によくあります。注意したいのが、「毎月知らぬ間に出て行っている“固定費”」の存在。すっかり忘れてしまっていないでしょうか。

一人暮らしの方なら、家賃や水道光熱費が必ずかかります。実家暮らしや家族と住んでいる方も、携帯電話代や保険料、習い事代、ネットサービスの会費など、ある一定額が毎月“必要経費”としてあると思います。

これらの”固定費”は、わざわざお財布を開いて、誰かに支払ったり、レシートをその場で受け取ったりすることがなく、クレジットカード払いや銀行口座引き落としで、自動的に支払っていることが多いのではないでしょうか。

いつの間にか出ていくお金なので、忘れやすいのです。手取り額=自由に使えるお金だと勘違いをしていると、毎月いつの間にか赤字になってしまいます。

ですので、「自分が本当に自由に使えるお小遣い」を、一度把握しておく必要があります。


固定費を確認、「本当に自由に使えるお小遣い」をチェック

そこでおすすめしたいのが、一度「自分が本当に自由に使えるお小遣い」の金額を把握すること。まずは、“固定費”の存在を明るみにしましょう。

クレジットカードの利用明細書や銀行の通帳を見てみます。最近はWEB化されていて「そういえば明細をちゃんと見ていない」「銀行の通帳、しばらく記帳していない」という方も多いと思いますので、ぜひこの機会にチェックしてみてください。

仮に、家賃が8万円、水道光熱費が1万2000円、携帯電話代が7000円、保険料が3000円、習い事代が7000円、ネットサービスが600円…だとして、これらを足してみると10万9600円です。

手取り額が20万円だとして、固定費を引いてみると、残りは9万400円です。

毎月、確実に貯蓄をすることも忘れずに。仮に毎月1万5000円を貯めることにしましょう。

すると、残りは7万5400円になります。

ざっくりと、7万5000円! これが、「自分が本当に自由に使えるお小遣い」だということが判明しました。20万円と比べてみると、大きな差がありますよね。


家族がいる方は、みんなでチェックしてみよう!

給与振り込み口座に振り込まれた「手取り額」が全部お小遣いだと思うと、赤字になってしまう危険性があります(クレジットカード払いを重ね、翌月のお給料を、実は前借りしていることに気づいていないケースも多々あります)。

ですので、これを機会に、ぜひ自分の「固定費」を洗い出してみましょう。そして、手取り月収から、その金額を引いてみるのです。貯蓄額もしっかり確保しましょう。

すると、「自分が使っていいお金は、本当はこれくらいだったのね」ということがわかって、(多少少ないなと思うかもしれませんが、赤字は回避できますので)安心感を得られると思います。「もう少し自由にお金を使いたいから、固定費のうち、減らせるものはないかな」などと、自分の出費の無駄に意識が行きはじめるでしょう。どんどん有意義なお金の使い方ができるようになるのです。

一人暮らしの方だけでなく、実家暮らし、夫婦2人暮らし、お子さんがいるご家庭でも、ぜひみなさんで“固定費”をチェックしてみてください。「手取り月収」だけを把握していたときに比べて、家計のお金の流れが見えやすくなり、大切なお金を、自分と家族が本当に必要なところに使えるようになるはずです!