中国のような寺、萬福寺

どっしりした山門をくぐると、中国のような世界が広がっている

どっしりした山門をくぐると、中国のような世界が広がっている

萬福寺は、京都の宇治にほど近い黄檗というところにある、個性派の寺です。どこがそう個性的なのか? まずこの寺は、建物も、境内全体の雰囲気も、他の日本の寺とは大きく違います。お堂の屋根は反り返り、あちこちに祀られている仏像も、見慣れた和風のものとは趣きが違い、まるで中国のお寺に来たみたい。それは、この寺が、中国直伝の禅宗である黄檗宗の総本山だからです。

あれ、でも、禅宗って、そもそもが中国伝来のものではないの?その通りです。禅宗には臨済宗と曹洞宗があり、それぞれ栄西と道元が、鎌倉時代に中国に行って教えを学び、日本に伝えました。しかし、それは長い歳月を経て次第に日本文化と融合していきました。その後、江戸時代に、改めて中国から隠元禅師という僧侶を招聘し、完全に中国式の禅を伝えてもらいました。
反り返った屋根が中国の寺を思わせる

反り返った屋根が中国の寺を思わせる

中国風の七宝の壷は、近年、信徒さんから奉納されたものだという

中国風の七宝の壷は、近年、信徒さんから奉納されたものだという

隠元禅師は、この地にお寺を開き、自分が中国に持っていた寺と同じ「黄檗山萬福寺」と名づけました。隠元さんが伝えたものは、当時は臨済宗の中の一派となったのですが、幕府の政策等により、宗派を黄檗宗と改宗しました。したがって、現在の日本の禅宗には、臨済宗、曹洞宗、黄檗宗の三つの宗派があるのです。

隠元さんは、禅にまつわる数々の文化を日本に伝えました。そのため、この萬福寺も、すべてが中国の明時代の様式で造られています。それだけでなく、美術・建築・印刷・煎茶・料理、それまで日本になかった食材など、さまざまなものを日本に持ってきてくれたため、当時の江戸時代の文化全般に、大きな影響を与えたと言われます。