分かりやすい宇宙の本 『宇宙探検えほん』

『宇宙探検えほん』(小学館の図鑑NEOの科学絵本)

『宇宙探検えほん』(小学館の図鑑NEOの科学絵本)


「探査機宇宙マップと天体図鑑」「ロケット図鑑」「宇宙飛行士名鑑」などからなる、宇宙の不思議と魅力に迫った図鑑絵本。解説が丁寧で分かりやすく、「宇宙飛行士になるには?」「国際宇宙ステーションへようこそ!」など、子どもが興味を持つポイントもしっかりと押さえられています。

幼児や小学校低学年の子に宇宙について質問されたときには、図の分かりやすいこの図鑑はとても便利に使えます。簡単な用語解説や索引があるのもうれしいところ。また、宇宙って難しいなあと思っている大人の方にもおすすめです。ちょっと笑えるすごろくも付いているので、親子で楽しめます。

ちなみに、この『宇宙探検えほん』は、『花』の小林さんが編集を担当されています。『花』にも共通する、ビジュアルの良さにもご注目いただきたいと思います。

【書籍データ】
書名 『宇宙探検えほん』(小学館の図鑑NEOの科学絵本)
監修協力 宇宙航空研究開発機構
出版社 小学館
定価 1836円(税込)


分類って面白い! 『おじさん図鑑』

『おじさん図鑑』

『おじさん図鑑』


大ヒットした『おじさん図鑑』、ここでご紹介するのは意外かもしれませんが、「偉いおじさん」「ハイウエストのおじさん」など、分類された「なかま」のおじさんを見ることができるのは、NEOの『花』と同じ。

そう、『おじさん図鑑』も担当編集者は小林さんです。この本で、まず大人の方に、観察や分類の面白さを知っていただきたいと思います。どんな題材でも図鑑にできることが分かれば、夏休みの自由研究が楽しみになるかも?

ちょっぴり甘酸っぱいおじさんワールドですが、小学生から大学生まで、「お父さん探し」で盛り上がれますよ! こちらもぜひ、家族でお読みください。

【書籍データ】
書名 『おじさん図鑑』
文・絵 なかむらるみ
出版社 小学館
定価 1080円(税込)

 

 




【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場で図鑑を見る

Amazonで図鑑を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。