相思相愛は不可能ではない!

相思相愛を目指してみない?

相思相愛を目指してみない?

「好きでもない人と付き合うくらいだったら、一人の方がマシ!」と考えている、フリーの人は多いものです。

でも、実際に素敵な人が現れても、相手には恋人や好きな人がいて、恋愛が発展しないことがあるように、誰かと付き合うときには、何かしら縁とタイミングが作用するものです。

つまり、自分が好きな人に好かれることは、頻繁に起こることではないですし、「奇跡に近い」ことだと言っても過言ではありません。現実的に、「パートナー選び」というのは、「世の中にたくさんいる異性の中から、たった1人を選ぶ」ことなので、それくらいのハードルがあるのも当然とも言えるでしょう。

でも、相思相愛は、不可能なことではありません。では、どうしたら、相思相愛になれるのでしょうか?


相思相愛は、好きな人に好かれるパターンだけではない

相思相愛を望んでいる人は、「好きな人を振り向かせること」ばかり考えがちです。でも、「自分を好きになってくれた人を好きになる」ことにチャレンジすることは大事です。

例えば、相手の条件が自分の理想とは違っても、好みのタイプであれば、まずは付き合ってみてもいいでしょう。また、今は友人関係で、異性として見られない相手から交際を求められた場合でも、一緒にいて気が合って楽しいのであれば、気負わず交際をスタートしてみてもいいのです。

実際に、付き合う前に感じる「好き」「嫌い」と、付き合ってから感じる「好き」「嫌い」は違うので、余程、一緒にいて不愉快な思いをする相手でなければ、まずは関係を始めてみることは、時として大事なのです。
結果、付き合ってから愛情がどんどん増し、付き合う前には考えられなかったほど、相手を愛おしく思えるようになることもあるのです。

付き合い始めはそこまで相手に恋をしていなかったとしても、「付き合う前に見せる姿」と「付き合ってから見せる姿」が違う人は意外と多いので、付き合ってから見せる相手の姿にトキめくことだってあります。

例えば「恋人になったら、相手が甘えん坊になった」なんてこともあるでしょうし、キスをしたり、Hをしたりすることで、相手の男らしさ(女らしさ)を感じることもあるでしょう。

実際に、Hはお互いをさらけ出しながら、相手を受け止めたり、自分を受け止められたりする行為でもあるので、Hを重ねることで、お互いの信頼関係が増すことは多いのです。

また、一緒に過ごす時間が楽しくなり、相手をどんどん好きになることもあります。
「単純接触効果」といって、人と繰り返し接することで、好感度や印象が高まることはあります。
会う回数を重ね、相手の性格や欠点などを理解し、また相手からも自分のいいところと悪いところを理解され、受け止められるようになると、一緒にいて居心地の良い関係になってきますしね。

人は、一緒にいると楽な人、安らげる人の傍にいたくなります。だからこそ、そんな信頼関係を築けることができたら、付き合い始めはそこまで恋をしていなくても、本当の意味で相手を愛せるようになってくることもあるのです。

私の知り合いの中には、付き合い始めは「どうしても、彼の顔が好きになれない」なんてぼやいていた人がいたのですが、付き合っていくうちに「彼のつぶらな瞳がだんたん愛おしく思えるようになった」と発言するようになり、最終的には彼とゴールインしました。

実際に、付き合ってみないと、分からないことは色々とあります。付き合う前の段階で、相手の表面的な部分だけを見て「好き」「嫌い」とジャッジしている段階では、分かっていないことも多々あるのです。
もちろん「お試し」の気持ちで付き合ってしまっては相手に失礼なので、「相手と関係を築くぞ!」という覚悟を持って関係を始めてみましょうね。

実は、相思相愛を望み、なかなか恋愛ができない人の中には、“ある誤解”をしてしまっていることがあります。それを次のページで紹介します。