大きなお金は、身近なところから貯まっていく

「100万円くらいあればいいのにな」という声をよくいただきます。100万円があったら何をしたいでしょうか。旅行もプチ留学も、美味しい食事も、欲しい洋服もバッグも、大切な人への贈り物も、いろいろなことができそうで、何をしようかと夢が膨らんでいきそうです。

貯蓄が0円の状態から、「はい、明日までに100万円貯めましょう!」というのは無理だとしても……少しずつ貯めていけば、100万円を貯めることは、実はそう遠くはないことをご存じでしょうか。

日々の“無駄な出費”がないかを見つけよう

「いやいや、普段から贅沢はしていないから、削りどころなんてない、貯められない」という方も多いと思います。まずは、「日々の無駄な出費がないか」を見つけてみましょう。お菓子や飲み物、嗜好品、食材の買いすぎ(そして腐らせる)など、ほんのちょっとしたもので、すぐに300円くらいはいくのではないでしょうか。そして、それらは本当に必要なものでしょうか。(少なくとも腐らせてしまった食材は、本来は不要だったはずですね……)。

ただし「何もかも我慢しましょう」というわけではありません。例えばガイドの場合、甘いものが結構好きなので、おやつを食べる機会が多い方かもしれません。泣きながらそれらをすべて削ってまでお金を貯めても、幸せとはいえないと思います。自分の好みを削るのではなく、例えば「外出中にやたらとドリンクを買うのはやめよう」「おやつを食べるといっても、食べすぎには気を付けよう」「食材は使い切れる量だけ買おう」などと、自分にとっては優先順位が低いものや無駄なものを、日々少しずつ減らしていってみるとどうなるでしょうか。

無駄なもので100万円を失うか、100万円が貯まるか

先日上梓した書籍『お金が貯まる「体質」のつくり方』(すばる舎)でもお伝えしていますが、「お金が貯まらない」と悩んでいる人は、知らぬ間にお風呂の栓がズレてしまっているかのように、少しずつお金が漏れ出てしまっています。

毎日少しずつ漏れ出ているお金を防げるようになると、10年後はどうなっているか。1日300円だとすると……。

300円×365日×10年=109万5000円になるのです!

(小学高学年くらいでできる掛け算ではありますが、意外なほど大きな金額で驚いてしまいます)。

1日300円が、10年で100万円になる。

つまり、1日300円を無駄にすれば、10年で100万円を失っているのです。無駄なものに100万円も費やしているかと思うと、ちょっと恐ろしくなってしまいますね。

逆にいうと、1日300円の無駄を減らすようにすれば、10年で100万円貯まるようになるわけです。

ここに気づくと、お金はみるみる貯まっていきます。しっかり貯まれば、大きなものにお金を使えるようになります。「貯め込むため」ではなく、「将来の自分が大きく使うため」に。

日々少しずつ漏れ出ている無駄なお金がないかを、ぜひチェックしてみてください!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。