直したいのに直せない…椅子に座ると脚を組む癖

脚を組む女性たち

椅子に座った時に脚を組んだ方が楽だ、と感じたことはありませんか?

「椅子に座ると、どうしても脚を組んでしまう……」。身体が歪むから止めた方が良いと分かっていても、脚を組まないと落ち着かないという方も多いのではないでしょうか。通勤電車内や職場でも、椅子に座るとすぐ脚を組んでしまう人をよく見かけます。では、何故人は脚を組んでしまうのでしょうか? 脚を組まないためにはどうすれば良いのでしょう? 脚を組んでしまう理由と、脚を組まずに座るための予防、対処法を解説します。

脚を組みたくなるのは腰痛・肩こりのサイン?

腰痛や肩こりなど、身体の不調がある方を対象に姿勢や筋肉の状態を確認しました。すると、骨盤の高さに左右差が見られるなど、身体の歪みが顕著に現れていました。椅子に座って脚を組んでしまう理由を伺うと……
  • 椅子に座るとついつい、脚を組んでしまう
  • 気が付くと脚を組んで座っている
  • 脚を組むと落ち着く
  • 脚を組まないと体が斜めになっている感じがする
といった「無意識的に、なんとなく……」という意見が多いと感じました。そこで、腰痛や肩こりなどを訴える方を対象に、筋肉の緊張をほぐすための施術や運動指導を行いました。すると、姿勢バランスが安定し、「脚を組まずに済むようになった」という喜びの声が多く聞こえました。施術を行っていると、脚組みと身体の歪み、姿勢バランスとの関係がよくわかるように思います。

脚を組む習慣には要注意! 脚を組むと「ラク」に感じる理由

身体が歪み日常の姿勢が悪くなると、椅子にじっと座っていることがつらくなるケースはよくあります。デスクワークなどで長時間椅子に座っているとなんとなく脚を組んでしまう方は、以下のような症状には思い当たる点があるのではないでしょうか?
  • 腰や背中の違和感や痛みがある
  • 脚を下げておくと何だか気持ちが悪い
  • 足が冷たくなってくる
  • 体が傾いている気がして集中力に欠ける
これらの症状がある場合、脚を組むと一時的に骨盤のバランスが変化し、腰の筋緊張が緩和したように感じたり、下肢の不快感が改善されたりします。これが脚組みをしてしまう原因かもしれません。これは一時的なものなので、脚組みが習慣化すると慢性的な体の歪みやコリ・痛みの要因になりかねないため注意が必要です。

脚を組むことはコリや痛み、姿勢の歪みを繰り返す悪循環に

座って坐骨の位置を確認する人

坐骨の位置が手の感覚で確認することができます

脚を組むから身体が歪むのか? それとも身体が歪んでいるから脚を組むのか? 脚を組むこと、身体の歪み、どちらが原因なのか、疑問に思う方もいるかもしれません。これは、相互に関係すると考えられます。

左右の坐骨に手のひら側が触れるように、坐骨と椅子の座面の間に手を置き座ってみます。この時、坐骨の位置が左右で大きくズレていたり、手のひら側にかかる圧の左右差が大きい場合は、骨盤の歪みが起きている可能性が高いです。さらに脚を組んでみると、手のひら側に当たる坐骨の位置や重みに変化が見られます(慣れないと感覚的に分かりにくい人もいるかもしれません)。脚を組むことで、左右の圧が異なる状態を長時間続けると、姿勢をつくるための土台である骨盤が不安定になってしまいます。

不安定な状態のままで過ごしていると、人はあちこちの筋肉を働かせて、身体のバランスをとろうとします。この動きが筋肉を硬く緊張させ、コリや痛みを引き起こしてしまう場合があるのです。すると、この姿勢が当たり前になってしまい、普段の姿勢にも歪みが生じます。そうして、椅子に座る時には脚を組んだ方が楽に感じるという「悪循環」から抜け出しづらくなるのです。

身体の歪みを防ぐ! 脚組み癖を直したい人の予防法・対処法

前項まででご説明したように、脚を組むことは全身のコリや痛みを誘発したり、身体の歪みにまた繋がってしまったりします。まさに悪循環です。習慣になった癖を急に我慢しろと言われても、簡単に直るものではありません。脚を組みたくなったときにすぐ実践できる簡単な予防や対処法をご紹介します。

■その1 お尻と太ももをほぐす

太ももを叩く人

両脚を下して座っていることがつらくなった時にもポンポン叩いてみましょう

1. 組んだ脚の側面をポンポンとリズミカルに叩いて筋肉をほぐしていきます。お尻は届く範囲でかまいません。お尻の横側からスタートします。

太ももを叩く人

強く叩き過ぎると痛めてしまうこともあるので、軽く心地良い程度の力加減で

2. 気持ちよく感じる程度の強さで、太もも側面を膝の方へ向かって叩いていきます。「1」「2」を3回繰り返しましょう。


■その2 足首をぐるっと回してじんわり伸ばす
足首を回している人

下肢の疲労があると回しにくいかもしれませんが、徐々にスムーズになると思います

1. 組んだ脚の足首をゆっくりと回します。つま先の角度によって、硬くなっている足首周囲が気持ちよく伸ばされることを感じながら動かしましょう。

足首を回している人

足のむくみ予防にもなりますので、無症状の時に行うのもOKです

2. 可能な限り大きく回した方が効果的です。時計回りに3回、反時計回りに3回行ったら、脚を組み替えて同様に反対側の足首も回しましょう。


■その3 肩甲骨と脇・股関節を伸ばしてバランス調整
上半身を右に捻っている人

脚を組むと上半身にも影響が及ぶため肩甲骨周辺を緩めてバランスをとりやすくします

1. 姿勢のバランス調整に役立つストレッチは肩甲骨付近から脇にかけてと股関節周辺に行います。右脚を組んだら左腕を右脚の外側へクロスします。そしてできるだけ上半身を右側へねじり肩甲骨から脇にかけて約10~20秒間伸ばします。左脚に組み替えて同様に行います。

足を組んで前に身体を倒している人

腰や背中を丸めるのではなく、背骨はまっすぐのまま脚の付け根から前傾するイメージです

2. 「1」を行った後、左脚の足首を右太ももにずらします。左脚の付け根から上半身を前傾して、左お尻や股関節周りを伸ばしましょう。約10秒間キープしたらこちらも組み替えて右側も行います。  

どうしても脚を組みたくなったときの対処法

脚を組むのは良くないとわかっているけれど、どうしても組みたくなってしまったらどうしたら良いでしょうか? すぐにできるのは「脚の組み替え」です。右脚を組みやすい人は、その方が安定感を得られると思いますが、その時に使われる筋肉の偏りを減らすために、左脚に組み替えることも試してみて下さい。おそらく不慣れな側を組むと不安定に感じる人もいるかと思いますが、なるべく時々組み替えるようにしましょう。

これらのエクササイズは、思わず脚を組んでしまった際に簡単にできる動作もあれば、仕事中やカフェなど人目があるところでは行いにくい動作もあります。大きな動きを伴う動作は、体のケアとして仕事の休憩時間や帰宅後にチャレンジするのが良いでしょう。毎日の疲労回復にもなるので、習慣的に行えば身体が楽に感じるようになるはずです。日常生活にうまく取り入れて、ケアを続けてみてください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。