洗顔後はフェイスウォーターを。その後は保湿液をつけよう!

男の乾燥肌対策には水分補給と保湿が大切

男の乾燥肌対策には水分補給と保湿が大切

洗顔後の肌は潤いを無くした状態です。タオルで優しく顔を拭いたら化粧水をつけましょう。これは水と美容成分とで構成されたもので、洗顔後の乾いた顔に水分を補給してくれます。適量をつけたら手のひらで顔全体を優しく押しつけると、さらに潤い感が高まりますので実践してほしいと思います。スキンケアを嫌う方は「化粧水」という名前に拒否反応を示している場合があります。化粧をしているわけでもないのに化粧水とは確かにおかしな話。フェイスウォーター、フェイスローションと言い換えてもいいかもしれません。

フェイスウォーターの次は保湿クリーム(ジェル)を。「まだやるのか」と思うかもしれませんが、フェイスウォーターで補給した水分は外へ逃げてしまいます。そうならないようにガードするのが保湿クリームの役割です。つまりバリア機能を作るのです。

余裕がある人は週に一度、美容マスクを使って、肌をたっぷり保湿してみてはいかがでしょうか? フェイスウォーターや保湿クリームにはない気持ちよさがあります。


乾燥肌は食事も重要。男は黙って鍋料理!

バランスの取れた食事も重要

バランスの取れた食事も重要

外側からのケアと同時に心がけたいのが内側からのケア。食事です。乾燥肌にいいと言われる栄養素として、ビタミンA、B、C、E、セラミド、α-リノレン酸、亜鉛などが挙げられます。あれこれ言うつもりはありません。鍋料理がベストです! 野菜がたっぷり摂れますし、好みに合わせて魚介類を入れたり、鶏肉、豚肉を入れたり、いろいろ工夫をこらすことができます。豆腐を入れるのもヘルシーです。こんなにバランスのいい乾燥肌防止の料理はないのではないでしょうか。トマトスープ、カレースープ、豆乳スープなど、味つけに変化も出せるので、マンネリになりません。

飲み物だと、白湯は体の内側から保湿してくれるので、乾燥肌の改善に効果的です。外出するときは、マスクをつけることも肌の乾燥を防ぐのでオススメです。カゼの予防にもなるので一石二鳥ですね。

乾燥肌を放っておくとシワや肌アレへとつながっていきます。女性も男のスキンケアについて前向きです。ビジネスシーンにおいても清潔感重視の世の中ですから、カサカサ肌では評価を落とします。

もし自分が部下の立場で上司の肌が汚かったらどうでしょうか。取引先の人の肌がボロボロだったらどうですか。いい印象は持たないと思います。仕事で部下や取引先の人から信頼を得たいのなら、肌に気を使うのはもはや当たり前なのです。

自分は肌が強いから「大丈夫」だと思う、その過信が肌の老化を助長していることを忘れてはいけません。今からでも遅くはありません。乾燥肌対策をしましょう!



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。