ポートランドのハロウィンデコレーション

前庭に出現した墓場

前庭に出現した墓場

全米で「DIYの聖地」と称されるポートランド。ハロウィンの飾りに、趣向を凝らす人も少なくありません。今回は、こちらで目を引くハロウィン装飾を施したお家を写真と共にご紹介します。

ハロウィン装飾は、「トリック オア トリート」歓迎のサイン

Jack-o-lantern

カボチャをくりぬいたジャック・オー・ランタン

自宅に施すハロウィン装飾は、子ども達が仮装して、 「トリック オア トリート(お菓子をくれなきゃ、いたずらするぞ)」と家々を周るイベントを盛り上げる役割を果たします。ハロウィン当日、子どもたちは、オレンジのカボチャやクモ、骸骨などハロウィン飾りがあり、電気の点いている家々を巡ります。
resident A

ハロウィンの子どもたちを歓迎するお家

中には、自分たちも仮装して子どもたちが来るのを待ち構えて、小さな訪問者をドッキリさせてみたり、2階の窓からバケツでお菓子を下ろしてみたり……と趣向を凝らして楽しむ大人もいるようです。

ここからは、写真でハロウィン装飾を見ていきましょう。日本でも取り入れられるアイディアが見つかるかもしれませんよ。
pumpkin head doll

玄関に座る大きなお人形

mini gohst

オーバーオールのお人形と木に吊るされた小さなお化け

mice

玄関前の階段には、ネズミのカットアウト

ghost

ポーチに吊るされたシーツのお化け

spider

モールのような素材で作られた巨大なクモの巣

bones

前庭に並ぶ骨
 

bat

木から吊るされたコウモリやお化け

ハロウィン仕様になった木のブランコ

ハロウィン仕様になった木のブランコ

シンプルながらドッキリさせるアイディア

シンプルながらドッキリさせるアイディア

ghost

吊るされたかぼちゃのお化け


既に観光名所!? デイビス夫妻の「墓場」

デイビス夫妻の「墓場」

デイビス夫妻の「墓場」

ポートランドで恐らく最も有名な私宅のハロウィンデコレーションが、クリス&ジェフ・デイビス夫妻の手による「デイビス・グレーブヤード(墓場)」。ハロウィン好きのご夫婦が友人と共に準備を進め、毎年10月になると、自宅の庭に墓場が出現します。

晴れた日中でもかなり不気味でしたが、日没からライトアップされ、週末にはモンスターも作動。ハロウィン当日までポートランドの人々を魅了します。ここからは、写真でデイビス家のデコレーションをお楽しみ下さい!
gate

セミタリー(墓地)と記されたゲート

deivis graveyard

様々な墓石や彫像が並ぶ

spider

木から吊るされた蜘蛛

raven

本物みたいな大鴉の止まるエドガー・アラン・ポーやエミリー・ディキンソン、それにスポック(「スタートレック」)の墓

graveyard

ウィリー・ウォンカ(「チャーリーとチョコレート工場」)、ボビー・シンガー(「スーパーナチュラル」)といったキャラクターの墓石も

statue

精巧に作られた彫像

daemon

ゲートに鎮座するデーモンの骸骨

ポートランドのDIY精神をお手本に、日本でもいろいろと工夫して楽しめるといいですね!


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。