現地在住のガイドおすすめ!アメリカのお土産

ニューメキシコ州のマグカップとランブラー

ニューメキシコ州のマグカップとランブラー

旅行での楽しみの1つでもあり、一番頭を悩ませるお土産。大好きなあの人、大切なあの人の喜ぶ顔を思い浮かべながら選ぶのは、楽しいですよね。このコラムでは、ガイドがおすすめするアメリカのお土産を12個、ご紹介します。

1.定番中の定番!エコバック

コスパ最強!超かわいいサックス・フィフス・アベニューのエコバッグ

コスパ最強!超かわいいサックス・フィフス・アベニューのエコバッグ

近年、スーパーでのプラスティックバッグや紙バッグが有料となる州が多くなり、それに伴いエコバッグのバラエティも増えてきました。5年以上前に大流行したスーパーのトレーダー・ジョーズやホールフーズのエコバッグは、ほぼ毎年新しいデザインが追加され、引き続きお土産に最適。
99セントで種類も豊富なROSSのエコバッグ

99セントで種類も豊富なROSSのエコバッグ

最近、スーパー以外のアパレルや雑貨店などもオリジナルのエコバッグを販売するところも多く、そういうところも要チェックです。ガイドがお気に入りなのは、デパートの「サックス・フィフス・アベニュー」のエコバック。大人の女性にぴったりで、かわいくて、大きくて、なんと$0.99と激安!!アメリカのほとんどのショッピングモールやアウトレットに店舗があるので、簡単に見つけられます。またディスカウントアパレルのロスのエコバッグもグッドです。

2.ご当地ものと言えば、スターバックスマグカップ

スターバックス1号店オリジナルマグカップ

スターバックス1号店オリジナルマグカップ

現地限定で売られている州や都市の名前が入ったスターバックスのマグカップやタンブラーは、喜ばれること間違いなしのお土産。シアトルのスターバックス1号店には、1号店限定のオリジナルマグカップがあります。
新しいデザインのニューメキシコ州のマグカップ

新しいデザインのニューメキシコ州のマグカップ

最近各州、今までのデザインに加えて、新しいバージョンのデザインが登場。コレクターズアイテムとしてもおすすめです。

3.喜ばれることまちがいなし!チョコレートやスナックなどのお菓子

この列全部がチョコレートの棚。迷っちゃいますね?

この列全部がチョコレートの棚。迷っちゃいますね?

スーパーで売っている普通のチョコレートやお菓子は、お土産に大人気。日本では考えられないような原色の赤や緑、黄色のグミ、原色のゼリーの粉。水色や黄色のドリンク。それらは、お土産にも話のネタに最高!味は関係なく「面白い」をコンセプトに選んでもいいかも。

お菓子の定番は、チョコレート。1つの袋に何種類ものチョコレートが50個程度入って、10ドル以下で購入できます。会社やサークルなどのバラマキ用のお土産に最適です。

4.季節限定グッズ

ハロウィン仕様のパンプキンのキャンドルホルダー

ハロウィン仕様のパンプキンのキャンドルホルダー

アメリカでは、数ヶ月に1回、大きなイベントがあり、その度にイベントに合わせたグッズが販売されます。

例えば、3月のイースターの時は、うさぎ、ひよこ、たまごがグッズがいっぱい。7月のインディペンデンスデーの時は、アメリカ国旗グッズ。10月のハロウィンの時は、お化けやドクロなど。スーパーはどこも、これらのコンセプトに合わせて装飾され、目立つところにグッズコーナーができます。

同じチョコレートでも、イベントに合わせてパッケージングされている季節限定物の方が可愛いので、面白いかも!

5.ここでしか買えない!本場物グッズ

スペースセンターヒューストンにはNASAマークのギフトがいっぱい

スペースセンターヒューストンにはNASAマークのギフトがいっぱい

アメリカにはスターバックスコーヒーの本社、ディズニーランドの本社、国連総本部、NASAなどがあります。もちろん、スターバックスコーヒーやディズニーランドは日本にもありますが、日本では売られていないアメリカ限定グッズやデザインもたくさんあり、お土産に最適!

ニューヨークの国連総本部やジョンソン宇宙センターなどには、そこの売店でしか売っていないグッズがたくさん。旅の記念と友達へのお土産にぜひ!

6.ファンには嬉しい!スポーツグッズ

試合前のギフトショップは人で溢れているので、少し早めに現地へ!

試合前のギフトショップは人で溢れているので、少し早めに現地へ!

NBAやNFL、メジャーリーグなどのユニフォームやTシャツ、帽子や旗なども、人気のお土産。スタジアムのギフトショップは、試合時はもちろんですが、試合がない時でもオープンしているところがほとんどなので、試合に行かなくても購入できます。

また、これらのグッズは、スタジアム以外のギフトショップやショッピングモール内のスポーツグッズ専門店などでも販売されています。オンシーズンは、道端やスーパーのパーキングににスポーツグッズの露店が出るので、そんなところで購入するのも面白いかも!

7.アメリカを訪れたらチェックしたい!オーガニックやビーガンコスメ&スキンケア用品

アキュレのスキンケア用品はすべて自然のものでできていて口に入れても安全とのこと

アキュレのスキンケア用品はすべて自然のものでできていて口に入れても安全とのこと

アメリカは、リーズナブルな値段でオーガニックコスメなどが手には入ります。ホールフーズを始めとするオーガニックスーパーには、どこでも大きなコスメセクションがあり専門のスタッフも常駐していて、相談をしながら好みに合ったものを選ぶことができます。

ガイド愛用は、オーガニック&ビーガンの「アキュレ」の商品。コスメコーナーのスタッフさんに相談して、洗顔フォームを購入して気に入り、他の商品も買うようになりました。

また、まだ知られていないオーガニックコスメを探しているなら、ファーマーズマーケットやクラフトフェアなどを探してみのがベスト。地元の素材を使った手作りのオーガニックコスメやスキンケア商品が手に入ります。

8.香りの種類がいっぱい!ボディシャンプー

いろいろな香りのボディーシャンプーはいかが?

いろいろな香りのボディーシャンプーはいかが?

アメリカはボディシャンプーの種類が豊富。特に匂いのバリエーションがとても多く、見ているだけで楽しくなります。しかも、日本ではちょっとないようなフルーツの香りの付いたボディシャンプーも多く、面白いお土産アイテムになります。

オーガニックシャンプーやコスメも、種類がたくさんあるので贈りたい相手に合わせて選んでみては?

9.アメリカらしいシーゾニングやソース

コンパクトでリーズナブルで種類も多いシーゾニングパウダー

コンパクトでリーズナブルで種類も多いシーゾニングパウダー

食べ物にかけるだけで、簡単に味付けができるシーゾニングパウダーは、おすすめのお土産。5ドル以下でバラエティもたくさんあり、コンパクト。特にBBQ用の物は、アメリカっぽい味や匂いがするので、お土産としてグッド。また、ドレッシングやソースなども、日本にはない味のものがたくさんあります。

10.大人のおみやげの定番?ワイン

安くておいしいカリフォルニアワインはいかが?

安くておいしいカリフォルニアワインはいかが?

本場カリフォルニアワインも喜ばれるお土産の1つ。ワインは重くなってしまうので、大量に買っていく訳には行きませんが、とっておきの人へのお土産などにいかがでしょうか?ワイナリーやスーパーで購入することもできますし、空港の免税店で買うこともできます。

11.子供向けの教育系のお土産

発見がたくさんあるミュージアムのギフトショップ

発見がたくさんあるミュージアムのギフトショップ

子供のおみやげと言えば、おもちゃやお菓子、洋服などが思いつきますが、ちょっとアカデミックなお土産を探したい人は、ミュージアムのギフトショップや、ブックストアの「バーンズ&ノーベル」で探してみると面白いです。厳選されたワンランク上のお土産が見つかります。

また、ミュージアムのギフトショップには、「こだわりの逸品」のような他には見られない商品も販売されているので、とっておきの人へのお土産を探すのに向いています。

12.アメリカならではのネイティブアメリカングッズ

有名なネイティブアメリカングッズ、ドリームキャッチャー

有名なネイティブアメリカングッズ、ドリームキャッチャー

ネイティブアメリカングッズもアメリカの定番お土産の1つ。その代表的なものが、ドリームキャッチャー。サイズもピアスのように小さなものから、壁にかける用の数メートルのものまでさまざま。小さいものは値段もお手頃(3ドルぐらい~)なので、お土産にベストです。
道端の露店では値段交渉も可能

道端の露店では値段交渉も可能

その他には手作りのターコイズ入りのジュエリーも人気。国立公園などのギフトショップでも販売していますが、道路脇やレストエリア(日本で言う高速道路のサービスエリアの様なものでトイレだけがある所)、トレーディングポスト(地元のお土産物屋さんの様なもの)などで購入すると安く買うことができます。レストエリアやトレーディングポストでは、値段交渉も可能です。

ガイドがお土産を買う時は?

ちょっと良い物を買いたい時は、まずは近くのミュージアムのギフトショップに行き、面白いものを探します。そして、友達へのお土産は、スーパーのホールフーズに行き、スナックやコスメ、エコバッグをチェック。イベントなどで配る様は、スーパーやドラッグストアのお菓子コーナーで調達します。

皆さんも素敵なお土産を見つけてくださいね。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。