私って、結婚に向いていない?

結婚向きでなくても、結婚できる!

結婚向きでなくても、結婚できる!

“結婚に向いていない人”というのは存在します。

でも、「結婚が向いていない=結婚ができない」わけではありません。
むしろ向いていないと認めることで、幸せな結婚ができることもあるのです。

ただし前置きとして、今回の話は、「自由でいるのが好き」「1人の時間が好き」「仕事や趣味に夢中」といった、独身向けの人を指しているのであり、DVの傾向、借金、浮気癖のある人は当てはまりません。

これらの場合は、相手の幸せのためにも、結婚という選択はしない方がいいこともあります。もし結婚をしたい場合は、その根本的な問題を解消してからした方がいいでしょう。


結婚向きでないのは、悪いことではない

現代は、35歳以上の独身の人も少なくありません。でも、余程特殊な事情があるわけでもないのに独身でいる場合は、実は本人の自覚がある、なしに関わらず、「結婚に向いていないから、今一人でいる」可能性は高いでしょう。
本当に結婚向きのタイプで、結婚を望んでいて、それなりに行動をしていたら、やはり結婚していることが多いからです。

でも、「自分は結婚に向いていないタイプ」だと認めるのが怖い人は多いもの。それは、「多くの人ができている結婚を、自分にはできる能力がないんだ」という劣等感を抱いてしまうからなんですよね。

でも、そこに劣等感を抱く必要はありません!本当に「向き・不向き」の話なのです。


例えば、先ほど例に挙げた独身向きの傾向……「自由でいるのが好き」「1人の時間が好き」「仕事や趣味に夢中」というのは、決して悪いことではありません。だけど、一般的な結婚には向いていない価値観や思考ではあります。

つまり、結婚の向き、不向きは、「アウトドア派とインドア派の違い」くらいのものだと言ってもいいかもしれません。
アウトドア派の人が、「私は、インドア派に比べてじっとしていられない性格なんだ」といじける必要もなければ、インドア派の人が、「私は、外に出ることを好まない、ダメな人間なんだ」と劣等感を抱く必要もありません。

ただ、アウトドア派の人がインドアなことをするとき、またインドア派の人がアウトドアなことをするとき(=結婚向きではない人が結婚する場合)は、やっておいた方がいいことがあります。それを次のページで紹介します。