実は簡単!くるりんぱ&三つ編みでできるセルフヘアアレンジ

結婚式やパーティー等で、美容院に行きたいけれど時間が無い! そんな時に使えるまとめ髪をご紹介。サロンの仕上がりを簡単なプロセスで再現できるヘアアレンジ方法をレクチャーします。使うテクニックは、三つ編みとくるりんぱのみ。セルフアレンジでワンランク上の褒められヘアをぜひ実践してみて下さい。
くるりんぱ&三つ編みで簡単セルフヘアアレンジ

hair&make RIKUSHI

ベースのヘアスタイル

鎖骨レングスのミディアムのローレイヤースタイル。直毛の方は26ミリ~32ミリのアイロンでランダムにカールをつけておくとやりやすいです。
ミディアムのローレイヤースタイル

ミディアムのローレイヤースタイル

 

おすすめのタイプ

顔型:すべてOK
髪質:すべてOK
クセ:すべてOK
毛量:普通~多め
 

ヘアアレンジの方法・やり方

耳後ろのラインで髪をざっくり分ける

耳後ろのラインで髪をざっくり分ける

1. 耳後ろのラインで、髪をサイドとバックに分けます。
 
ハチから頭の中心に向かってV字に分ける

ハチから頭の中心に向かってV字に分ける

2. 後頭部の髪を、ハチから頭の中心に向かってVの字に分けとります。ラフに分けた方が、あとでアレンジがなじみやすいです。
 
分けとった髪でくるりんぱをする

分けとった髪でくるりんぱをする

3. 2で分けとった髪で、くるりんぱをつくります。毛束の真ん中に穴を開け、上から下に通します。
 
少しずつ結び目が柔らかくなるように崩す

少しずつ結び目が柔らかくなるように崩す

4. くるりんぱした結び目の所を指でつまみ、引き出すようにして崩します。
 
鏡でバランスを見ながらトップを引き出す

鏡でバランスを見ながらトップを引き出す

5. トップの毛を指でつまむようにして引き出します。
 
襟足の位置でひとつに結ぶ

襟足の位置でひとつに結ぶ

6. バックの残りの髪とくるりんぱした毛先をまとめ、襟足の位置でシリコンゴムで結びます。毛束を持ちあげると浮いてしまうので、注意しましょう。
 
なるべく首に沿わせるように注意する

なるべく首に沿わせるように注意する

7. そのまま襟足の位置でくるりんぱをします。なるべく首に沿わせるように意識して。
緩みやすいのでしっかり引っ張る

緩みやすいのでしっかり引っ張る

8. 毛先を左右に引っ張り、たるみをとります。
 
1~1.5センチくらいの毛束が目安

1~1.5センチくらいの毛束が目安

9. サイドの毛から、もみあげと耳上の毛を分けとり、おくれ毛をつくります。1~1.5センチくらいの毛束が目安です。
 
力を抜いて緩めに編む

力を抜いて緩めに編む

10. サイドの毛を三つ編みにします。少し力を抜いて編むと、今っぽく仕上がります。
 
できるだけ毛先ギリギリまで編むと良い

できるだけ毛先ギリギリまで編むと良い

11. 毛先まで編んだら、シリコンゴムで結びます。逆サイドも同様に作ります。できるだけ毛先ぎりぎりまで編みましょう。
 
両サイドの三つ編みをクロスさせてピンで固定

両サイドの三つ編みをクロスさせてピンで固定

12. 両サイドの三つ編みを頭の丸みに沿わせて、クロスさせるようにアメピンで留めていきます。この際、表面のくるりんぱした毛束のゴムを隠すようにゴムの上を通り、三つ編みの毛先を折りこんでピンで固定します(※金色のピンは工程を見えやすくするために使用しています)。
 
下から上に向かってピンを刺すと崩れにくい

下から上に向かってピンを刺すと崩れにくい

13. 逆サイドの毛束も同様にピンで固定します。崩れにくくなるように、下から上に向かってピンを刺しましょう。
 

上手く仕上げるポイント

緩めに編みつつ、さらに指先で編み目を崩しながらつくると、よりオシャレなアレンジに仕上がります。
編み目の表面を引き出すように崩す

編み目の表面を引き出すように崩す

 

正面&サイド&バック

くるりんぱ&三つ編みで簡単セルフヘアアレンジ

hair&make RIKUSHI

くるりんぱ&三つ編みで簡単セルフヘアアレンジ

hair&make RIKUSHI

くるりんぱ&三つ編みで簡単セルフヘアアレンジ

hair&make RIKUSHI

難しそうに見えますが、三つ編みとくるりんぱができればとても簡単にできるアレンジです。ぜひ挑戦してみてください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。