住宅ローンを支払いつつ、教育資金、老後資金は用意可能?

住宅ローンの支払いが70代まで続く

住宅ローンの支払いが70代まで続く

皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回の相談者は、住宅ローンを支払いつつ、教育資金等がつくれるか不安な40代の会社員女性です。ファイナンシャル・プランナーの深野康彦さんがアドバイスします。
※マネープランクリニックに相談したい方はコチラのリンクからご応募ください。(相談は無料になります)


■相談者
しばふさん(仮名)
女性/会社員/41歳
東京都/持ち家・マンション

■家族構成
夫(41歳/会社員)、子ども(1歳)

■相談内容
昨年、子どもが生まれ手狭になり、マンションを購入しました。夫婦とも40代のため、教育費や老後資金が不安です。


■ 家計収支データ

「しばふ」さんの家計収支データ

「しばふ」さんの家計収支データ
■家計収支データ補足
(1)加入保険の内訳
・夫/終身保険(60歳払込終了、死亡保障200万円、他)=保険料3万5000円
・夫/医療保険=保険料8000円
・妻/医療保険(60歳払込終了、死亡保障300万円)=保険料2万円
・妻/変額身保険(60歳払込終了、死亡保障750万円)=保険料2万円

(2)住宅ローンの内訳
物件価格4450万円、諸費用200万円、頭金750万円、フラット35/35年返済、毎月の支払額13万円、ボーナス併用はなし

(3)ボーナスの使いみち(昨年例)
貯蓄40万円、新居用の家具等の購入30万円、帰省費用10万円。半分貯蓄、半分新築用の家具購入や帰省時の交通費

■FP深野康彦からの3つのアドバイス
アドバイス1 完済時期をいかに短縮するかがポイント
アドバイス2 退職金によっては老後資金も用意可能
アドバイス3 家計見直し、一括返済を目指すのもいい
 
アドバイスの詳細はこちら>>