貯金ゼロの人は、今まで貯められなかったことは気にしない

お金を貯めるには毎月や毎年の収支が黒字でないと無理で、黒字にするには収入を今までより増やすか、支出を今までより減らす必要があります。収入を増やす方法は2つ、「頑張って働いて勤労収入を増やす」または「自分の代わりにお金に働いてもらい運用収入を増やす」です。支出を減らすには「聖域を設けずに節約し支出を抑える」ことです。

このくらいの事は40代にもなればファイナンシャルプランナーでなくてもわかっているはずです。頭ではわかっていても、日々忙しかったりストレス発散が必要だったり、何らかの理由があったりして今まで全く貯められなかったのだと思います。過ぎたことを気にしても仕方ありません。今日まで生活してこれたのだから良しとして、今日から貯めることを始めていきましょう。

40代は言い訳をせず結果を出すだけ

40代が貯金ゼロではやはり将来が心配です。貯められる時間が限られている40代では、確実に結果を残していかなければなりません。支出減においては、聖域を設けずに大きな支出から改善策を考えていく必要があります。支出額が特に大きいのは自動車や家に関する費用です。懐事情にあった車種を選ぶとか、もっと安い駐車場がないか探すのも有効です。家賃についても、場所や築年数等を少し変えるだけで月々数万円も浮くはずです。言い訳せずに結果を追求していきましょう!

節約は大きな支出から手を付ける

現状を知ることで貯蓄目標への道筋が立てやすくなります。現在の収支や貯蓄・負債額を確認するとともに、世間一般の40代の状況を知って、現在の立ち位置を確認することも大事です。総務省の統計から40代の一般的な支出等の平均値を確認してみました。最初の表は40代男女別単身世帯についてです。

40代単身世帯の支出等

40代単身世帯の支出等


※情報通信関係費は固定・携帯電話代やテレビ放送受信料、インターネット接続費を再集計したものです。

40代単身の平均貯蓄額は男性が759万円、女性が950万円で、30代では男性の方が多かったですが40代では逆転して女性の方が多くなっています。負債も女性の方が多いですが、ほとんどがマイホーム等の不動産なので、男性よりも女性の方が堅実と言えそうです。

支出項目別では女性の住居費(家賃や修繕費等)が男性の半分以下になっています。30代までは女性の方が多く支出していますが、40代になって女性の住居費が大幅に減っています。こういうところに貯められるポイントがあります。

2つ目の表は世帯主が40代の2人以上世帯についてです。

40代2人以上世帯の支出等

40代2人以上世帯の支出等


単身世帯と比べると教育費が発生し、ほとんどの項目で支出が大きく増えています。お金を貯めるには、大きな支出項目の食料費や交通・通信費等は真っ先に手を付けて節約していく必要があります。

貯蓄は40代前半が809万円、後半が1043万円で、30代に比べて順調に増えています。貯蓄から負債を引いても40代後半はマイナスを回避できています。


40代はまだまだ収入増が期待できるので、大きく貯められるチャンスは沢山あります。今回は細かく触れていませんが、勤労収入や運用収入を増やすことも貯めるための大きな柱です。最適な働き方や運用プランを一生懸命考えてみてください。支出減については、子どもがいる世帯だと結果を出しづらい時期ですが、貯金がなくて困るのは自分自身です。希望の持てる将来にするために、明確な目標を立てて実行していきましょう!

お金を貯める自信がない人はファイナンシャルプランナーなど専門家の力を借りて実行していく方法もあります。早めに相談してみると良いでしょう。

※総務省『平成26年全国消費実態調査』は、5年に一度の調査のため2018年時点で最新の情報になります。

【関連記事をチェック!】
お金が貯められない30代がイチから貯める方法
50%もお得!電車やバス代を浮かせる節約方法 貯金ゼロの人の保険の考え方3つのポイント


【新サービス事前登録のご案内】
あなたの「経験談」を、誰かの役に立ててみませんか?

オールアバウトは今後、「経験談」を売り買いするプラットフォーム「エクシェア」を開設予定です。「ファイナンシャルプランナーに相談したら家計が黒字化した!」「家族にバレずに債務整理できた!」など、あなたの体験談を登録してみませんか?

あなたの経験が、きっと誰かのチカラになります。副業としても、ぜひお気軽にご参加ください!

登録はこちらから

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。