アクセス情報

ここでは、川越までのアクセス、現地での交通手段についてご説明しましょう。

電車でのアクセス

川越散策の起点は、西武新宿線「本川越駅」、または、JR東武東上線「川越駅」です。

・本川越駅まで
西武新宿線急行で西武新宿駅から約1時間(500円)。
・ 川越駅まで
JR埼京線で大宮駅から約22分(320円)
東武東上線急行で池袋駅から約30分(470円)
東急東横線横浜駅~東武東上線(和光市駅~) 約80分(860円)

車でのアクセス

・関越自動車道 練馬I.C.~川越I.C. 21.2km~国道16号で川越市街 約3km
・首都高速 首都高速埼玉大宮線 与野I.C.~国道17号~国道16号~川越市街 15km
・国道16号 八王子~川越市街 36km

現地での交通手段

川越観光の中心・蔵造りの街並みが続く一番街までは、本川越駅からだと徒歩10分、川越駅からだと徒歩20分ほど。歩けない距離ではありませんが、主要観光スポットをめぐるバスも出ているのでこちらを利用すると便利です。

・小江戸名所めぐりバス(1日フリー乗車券:大人300円、子供半額)
川越駅東口から出発する東武バス。喜多院へ直行し、博物館や蔵造りの町並みを経由して川越市駅・川越駅に戻ります。
●東武バス
http://www.tobu-bus.com/pc/area/koedo.html

・小江戸巡回バス(1日フリー乗車券:大人500円、子供半額)
川越駅西口から出発し本川越駅、川越市駅から喜多院、蔵造りの町並みなどの観光名所を巡回。イーグルバスが運営。レトロな見た目で人気です。
●イーグルバス
http://www.new-wing.co.jp/koedo/

小江戸巡回バス

小江戸巡回バス


車でお越しの際は、中心部の市街地は渋滞しがちなため「一番街」近くの駐車場に車をとめて徒歩で散策したいところ。ただし、川越氷川神社など一部の観光スポットは蔵造りの街並みから少し距離があるため、車またはバスでの移動をおすすめします。

お得なきっぷとクーポン情報

各線から、電車往復+東武バス1日乗り放題のお得な切符が発売されています。

●東武東上線沿線の方には「小江戸川越クーポン」。
東上線各駅から川越駅または川越市駅までの電車往復+東武バス1日フリー乗車のほか、協賛店での利用が割引料金に。当日窓口で購入可という手軽さも魅力です。
東武東上線「小江戸川越クーポン」詳細

●東急東横線利用者の方は「東急東武東上線 小江戸川越クーポン」。
東急電鉄「小江戸川越クーポン」詳細

●西武線各駅からは「小江戸川越フリークーポン」
西武線利用者はこちらをチェックしてみて下さい。西武線各駅から本川越駅までの往復運賃+イーグルバス「小江戸巡回バス」一日フリーパス+協賛店での割引サービスがセットになったお得なクーポンです。
西武鉄道「小江戸川越フリークーポン」詳細

※情報はすべて2017年9月現在のものです。お出かけの際は最新情報のチェックをお忘れなく。

川越の街の魅力、伝わりましたか? さらにこの街を知りたいのなら以下の記事を参考にしてみて下さい。

川越の美味しいお店を知りたいなら

川越は食通も唸るハイクオリティのグルメ店から、気軽に色々試したい食べ歩きのお店まで、バラエティに富んだ美味しいお店が揃っています。川越はウナギとサツマイモを使った料理やスイーツが古くから人気があります。一度は試して欲しいですね。

ウナギ。時たまの贅沢に。

ウナギ。時たまの贅沢に。


・川越はうなぎで有名な街、うなぎの美味しい店は以下の記事で。
川越名物うなぎの名店、厳選4店

・サツマイモも川越の名物。さつまいもスイーツをお土産に買いたいならこちら。
お土産にも最適! 川越さつまいもスイーツBEST5

明治時代はじめから続くという『菓子屋横丁』には、駄菓子屋さんやら手作りの飴などを売る小さな古い店が軒を連ねています。こまごまとしたお菓子の数々に、童心に帰って胸が高鳴ります。

・菓子屋横町の情報は以下の記事で。
懐かしさ香る、川越・菓子屋横丁

個性豊かな小さなカフェや食事処も多い川越の街。自分だけのお気に入りを見つけて常連になってみるというのも、街との付き合い方のひとつの方法です。

ハイクオリティのコーヒーをどうぞ。

ハイクオリティのコーヒーをどうぞ


・散策の合間にカフェでほっと一休みするなら
小江戸散策の合間に寄りたい 川越の厳選カフェ

・河越茶が楽しめるお店はこちら
川越のお土産、お食事、スイーツに!蘇る河越茶

・老舗のランチ処はこちら
川越でランチ、蕎麦屋はすみと洋食屋モダン亭太陽軒


川越のアート・カルチャー・歴史に触れるなら

川越で豊かな文化と歴史に触れるのはいかが? 日常を離れ、密度の濃い時間を過ごせます。

ヤオコー川越美術館所蔵・三栖右嗣の「爛?」

ヤオコー川越美術館所蔵・三栖右嗣の「爛漫」


・川越のアートスポットはこちら
小江戸・川越でアートに触れる旅

・川越で映画や映画の撮影スポットを巡りたいなら
映画と川越

武具も豊富に展示している「川越歴史博物館」

武具も豊富に展示している「川越歴史博物館」


・川越の歴史に興味があるならこちら
小江戸歴史散歩

川越と言えば川越まつり。毎年10月の第3土曜・日曜に開催される、江戸の香りを色濃く伝える伝統行事です。絢爛たる山車の競演が見もの。

・川越まつりについて知りたいなら
ドラマティック!川越まつり

・川越まつりの歴史と魅力を伝える「川越まつり会館」についてはこちら
川越まつり会館で川越まつりの雰囲気を体験

散策を楽しんでいると、あっという間に一日は経ってしまいますね。まだまだ訪れたい場所は沢山あるのに。立ち去るのは少々名残惜しいですが、また何度でも来ればいいのです。 川越は四季折々、晴れても雨でもそれぞれに風情あるやさしい街。いつでも、訪問者を歓迎します。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。