関西空港を「お得」に利用しよう!

P1

大阪・関西国際空港。アジアをはじめ欧米への路線が就航し、国内外のLCCも続々と就航しています

近年、アジア路線やLCC(ローコストキャリア、格安航空会社)が続々と就航している、大阪の関西国際空港。海外旅行はもちろん、国内旅行での利用者も増えてきています。

関西空港を利用するにあたり、空港までの公共交通機関でのアクセス、駐車場の料金が割引になる、レストランやショップをはじめ外貨両替までもお得になる方法があります。知っておいて損はない、関西空港をお得に利用する方法をまとめました。

大阪市内~空港へ最もお得で人気の鉄道きっぷ

P2

関西空港では、南海電鉄とJR西日本の駅が並んでいます。改札と反対側に券売機や友人の販売窓口があります

関西空港からまず大阪市内を目指すなら、「関空ちかトクきっぷ」が最もおすすめです。運賃は片道で大人「一律1,000円」(小児500円)。逆のルートでも使えます。

南海電鉄で関西空港からなんば駅で乗り換え、大阪市営地下鉄・ニュートラムの各駅まで利用できます。梅田駅までだと通常、南海と地下鉄の運賃を合わせて1,160円かかります。大阪市営地下鉄でなんば駅から最も遠い御堂筋線江坂駅、谷町線大日駅なども同じく1,000円なので、遠ければ遠いほどお得です。

「関空ちかトクきっぷ」の発売場所は、南海・関西空港駅の自動券売機、なんば・東梅田・天下茶屋を除く大阪市営地下鉄・ニュートラムの各駅にある自動券売機です。時には長蛇になる有人窓口に並ばなくても購入できるのもメリットです。

関空ちかトクきっぷ


特急のラピートやはるかもお得に乗車

旅行で大きな荷物があると、できれば座席指定がある特急を利用したいことも。南海電鉄の「ラピート」で大阪・なんばまで、JRの「はるか」では新大阪や京都などへ直通で行くことができます。

南海電鉄のラピートを利用する場合、「関空トク割ラピートきっぷ」がおすすめ。片道1,130円で、片道から利用可能です。南海・関西空港駅~なんば・新今宮・天下茶屋・住吉大社・堺の各駅の片道乗車券とラピートの特急券(レギュラーシート)がセットになっています。通常だと1,430円なので300円もお得。レギュラーシートよりも快適なスーパーシートも、通常1,640円のところ1,340円で利用できます。

関空トク割 ラピートきっぷ

一方、JRの特急「はるか」には、「はるか往復割引きっぷ」があります。利用は往復限定ですが、有効期限が14日もあるので海外旅行に使いやすくなっています。例えば、関西空港~京都だと往復でおとな4,830円(こども2,410円)。通常は片道で3,570円、往復だと7,140円かかりますから、はるかに乗ると決めていればかなりお得なきっぷです。

はるか往復割引きっぷ トクトクきっぷ:JRおでかけネット

その他、特急ラピートと地下鉄1日乗り放題がセットになったきっぷ、神戸や京都、奈良に鉄道やバス、高速船でお得に行くことができるきっぷなども発売されています。

関西国際空港|ご存じですか?安くて近い関西空港アクセス