ゆっくりと自分の好意を伝える! 社内恋愛を成功させる4つの行動

社内恋愛をゆっくりと育む!

意外と知らない、社内恋愛のポイントとは?

働き盛りの男性の場合、出会いの場は会社が中心ですよね。

でも、「会社に気になる女性はいるけれど、どうアプローチしていけばいいのかわからない」
「職場恋愛で失敗すると、その後の関係性に響くからアプローチができない」
「当然誘ったりすると、ストーカーやセクハラだと思われそうでコワイ」

――このような悩みを抱えて、身動きが取れなくなっている人も多いのではないでしょうか?

失敗したら気まずい社内恋愛ですが、いくつかの段階を踏んでいくことで、自然と気になる女性の心を引き寄せて成就させる方法がありますよ。

会社に気になる女性がいる男性に知ってほしい、女性の心を自然に自分に向けさせる方法をお伝えします。女性が読めば共感すること間違いなしです!
   

1.まずは挨拶に、褒め言葉を「ひと言」プラス

まずは、知らない人から、「感じがいい人」を目指そう!

まずは、知らない人から、「感じがいい人」を目指そう!

基本中の基本ですが、まず気になる彼女に会ったら明るく挨拶を必ずするようにしましょう。そして、その時に、挨拶以外に「もう一言」付け加えることです。

「おはようございます。あ、夏っぽくて、素敵なピアスですね!」
「おはようございます。可愛い名刺入れですね」

このように簡単な褒め言葉をひと言、付け加えることを意識してみましょう。

ただし、女性の顔や体をストレートに褒めるのはセクハラになってしまう可能性があったり、お互い気恥ずかしかったり、かえって相手のコンプレックスを刺激してしまうことなどもあり、難しい場合があります。

その点、「持ち物」を褒めるのは無難な上、相手は自分のセンスを褒められていると感じ、嫌な気持ちがしません。

「その〇〇、素敵ですね」……これだけでOKです。気になる人には毎日、これをやるようにしてください。
 

2.相手が疲れているときに、「誘うフリ」で寸止め

次は、気になる女性が疲れているように見えたときにやってほしいことです。

「最近、残業が多いですね。疲れてませんか?」
……などと労いの言葉をかけてあげてほしいのですが、ここで気をつけてほしいのがイキナリ暴走しないこと!

「最近、疲れてませんか? ご飯でも行きましょう!」
とイキナリ誘うのはNG。

まだそこまで仲良くない人に誘われると、女性は「えっ!? 何この人、強引で怖い!」と感じてしまうのです。しかも社内だと断りづらいので、「こんな人がいて、どう思う?」と彼女は周りの女性社員に相談し、いつのまにか周囲から白い眼で見られてしまう……なんてことになるかもしれません。

それよりも、
「僕、おいしいお店とかいっぱい知ってるんです。悩みとかあったらいつでも言ってくださいね。ご馳走しちゃいますよ!」
……というように、あえて誘わずに「誘うフリ」で寸止めして、スッと立ち去ってください。

これができると、女性は、
「なんだか、いい人だな(笑)。困ったときに相談できる味方が居てくれるって心強いかも……」などと感じるようになります。

「いつも挨拶してくれて、気遣いをしてくれる。でも、強引には誘ってこない、スマートでいい人」――まずはこんなふうに思われることを目標に行動してみましょうね。
 

3.ふたりでの夜ご飯は、「終電まで」

彼女を気遣う態度で、ほかの男性との違いをアピール!

彼女を気遣う態度で、ほかの男性との違いをアピール!

毎日のひと事から、ちょっとした会話をかわすようになり、彼女の忙しかった仕事もひと段落。そんなタイミングを見計らい、「仕事の後に、軽く食事でも……」という展開にこぎつけましょう。

いざ二人でご飯にいくことになったら、ぜひ意識してほしいのが、「彼女をシンデレラのように扱ってあげる」ということです。

「せっかくご飯に行けたんだし、今日こそ口説き落とそう」などと思っても、「今夜あわよくば……」という想いは捨てて、終電の時間を気にしてあげる気遣いを忘れないようにしてください。

たとえ彼女が乗り気であっても、今回はNG。ちなみに、「電車が無くなったら、タクシーで送ってあげるよ」というのもNGです。絶対に、いつもの終電を逃さない時間に帰してあげてください。

この段階では、手を握ったり、キスを迫ったり、手を出したりはしないでくださいね。あくまでも紳士に、ガッツかず、相手を大切なお姫様にしてあげましょう。
 

4.相手の恋愛相談に乗せて、「好意に気づかせる」

これを繰り返すことで、彼女は次第にあなたに信頼を寄せ、どんどん心を開いてくれるようになります。

「他の男性とは違う、ちゃんと私を大切にしてくれている」
そう思われるようになってから、やっと、次の段階に進んでみましょう。

「その見極めポイントは?」というと、彼女が「恋愛相談モード」になるときです。

「私、なかなかいい人に出会わないんですよね」
などと言って来たら、チャンスです!

「〇〇さんはいつも仕事にも一生懸命だし、優しいし、僕にとっては素敵な女性ですよ。○○さんと付き合える男性は、絶対に幸せだと思うなぁ」
……という風に、相手の相談に答えながら、自分の想いをサラッと伝えてみてください。

「えっ、もしかしてこれって告白? 私のこと好きってことだよね??」と思われるくらいのライトな伝え方がベストです。

とくに、同じ会社内でのオフィスラブの場合、「付き合ってください! 好きです!」というストレートな告白をされると引いてしまう人もいます。むしろ、「この人、私のこと好きなのかな?」と相手に意識させて気付かせる、好意をほのめかすくらいのジャブを打ってアプローチすることで、相手の気持ちが大きくなるのを待ってあげるのがコツなのです。
 

いつもストーリーを作るのは、男性の「思わせぶりな態度」

イメージは少女漫画!

イメージは少女漫画!

いかがでしたか?
男性からすると、「まどろっこしくて面倒くさい!」「時間もかかるし、早く気持ちを伝えて、サッパリしたい!」と思いがちですが、この方法でやってみたほうが確実に相手の心を掴むことができますよ。

なぜなら、女性は何歳になっても、少女漫画の主人公のように、ストーリー性のある恋愛をしたいもの。少女漫画を読み解いてみると、ストーリーを引っ張るのは、いつも男性の思わせぶりな態度なのです。

そのためにも、毎日の挨拶から時間をかけて相手の「心」を開いていき、自然に距離を縮める必要があるのです。

試しに女性向けの恋愛漫画をいくつか読んで、乙女心や女性の恋愛の空気感、言われたい言葉やシチュエーション、エピソードを勉強しておくのもいいかもしれませんね!

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。