成分・効能が処方薬と同等のものも! スキンケア医薬品とは

スキンケア

毎日のスキンケアではなるべく効果の高いものを選びたいもの。処方薬と同等の成分を含んだ「スキンケア医薬品」ですが、特に保湿剤は充実しているようです

アメリカでは「Cosmeceutical」という言葉が知られています。「Cosmetic」と
「Pharmaceutical」から作られた造語で、「市販品(化粧品)だけれど、医薬品のような高い効果をもっている製品」のことを指します。これにあたる日本語に、最近「スキンケア医薬品」というものがあるようです。

日本のスキンケアに関する市販品にも、クリニックで処方されるのと同等の成分を含む製品が多数発売されていることは、意外とまだあまり知られていません。病院やクリニックで処方されるぬり薬の方がよく効くような先入観をもっている人も多いかもしれませんが、一部の製品、特に保湿薬では市販品と処方薬の成分がまったく同じ、ということもあるのです。そうすると、クリニックを訪れる手間と待ち時間を考えたら市販品を買ったほうが早い、ということも多いでしょう。

スキンケア医薬品にはどのような製品があるのか

スキンケア医薬品でもっとも多いのは、皮膚科のクリニックで処方するぬり薬の中でも最も安全で医学的指導が必要ない保湿薬です。処方薬で言うと、ヒルドイドというヘパリノイドを保湿成分として含むクリームやローション、ケラチナミン・ウレパール・パスタロンといった尿素を保湿成分に含むクリームが挙げられます。これらにはステロイドや抗生剤といった医学的に説明を要する成分は含まれておらず、街のドラッグストアやAmazonなどのネット通販でも、同等の市販品が手に入ります。

処方薬で有名なヒルドイドもドラッグストアで買える!

ヒルドイド

ヒルドイドの保湿成分であるヘパリン類似物質を同じ濃度で含んだ製品が実はドラッグストアで市販されている

皮膚科の診察をしていると、「保湿のピンクのチューブが欲しいです」、「ヒルドイドを処方して下さい」と患者さんから要望をいただくことは少なくありません。クリニックでもらえる保湿薬といえばヒルドイド、というのが定着しているため、ヒルドイドが保湿薬の代名詞になっているようです。そして、わざわざヒルドイドをもらうためにクリニックを訪れる患者さんもいます。症状がほとんどないにもかかわらず保湿薬だけのためにクリニックにわざわざ立ち寄り、長い時間待つ必要はあるのでしょうか?

ヒルドイドの保湿成分はヘパリノイド、もしくはヘパリン類似物質と呼ばれるムコ多糖類です。詳細は「ウワサの「ヒルドイド」の正しい効果・効能とは?」を参考にして下さい。処方薬のヒルドイドにはクリーム、ローションともにヘパリン類似物質が0.3%で含まれています。この成分の安全性は長い処方経験で確立されていますので、現在では市販品でもヘパリン類似物質というメインの成分に関しては同じ濃度で手に入ります。

商品名で言うと、『さいき(Saiki)』『HPクリームHPローション』『アットノン』といった製品です。執筆時点でのAmazon.co.jpでの価格は、さいきが30gで800円、HPクリームが25gで900円、HPローションが50gで1350円となっています。処方薬のヒルドイドは25gでクリーム、ローションともに約600円ですので、3割負担で180円程度になります。たしかに値段だけを見ると処方されるヒルドイドの方が安いのですが、クリニックを訪れる手間と時間、そしてクリニックでは診察料や処方料といったほかのコストがかかります。また、医療保険でカバーされているために正規の価格(薬価)の3割で買えるヒルドイドですが、本来は病気の治療のための保険です。保湿薬だけをクリニックでもらうというのはあるべき医療保険の使われ方ではありません(アメリカでは保湿薬は保険でカバーされず、皮膚科医はCetaphil、EucerinやCeraVeといった定評のある市販のブランドを推奨します)。ヒルドイドだけをもらいにクリニックにかかるのであればAmazonやドラッグストアでヘパリン類似物質を含んだ市販薬を買うのがよい方法だと思います。

ドラッグストア

アメリカの皮膚科では写真のようなCetaphilやCeraVeといった効果に定評のあるブランドの保湿薬を勧める。いずれも10~20ドル程度と安価。日本のドラッグストアにも優れた製品が多数置かれている。


二の腕のブツブツや手足のガサガサに効く尿素クリーム

皮膚科でヒルドイドと並んで処方される保湿薬は尿素を含んだものです。ケラチナミン、ウレパール、パスタロンといった名前で知られる尿素10~20%を含んだこれらのクリームは、保湿とともに角質の成分を溶かして皮膚のガサガサを改善する作用があります。
ケラチナミン

皮膚科で処方されるケラチナミン。尿素20%を含み、表面のガサガサした角質を溶かして皮膚をなめらかにする作用があります。ヒルドイド同様、同じ濃度の成分を含んだ市販品がドラッグストアで手に入ります。


そのため、肘、膝、踵のガサガサして角質が厚くなった部分や二の腕のブツブツ(毛孔性苔癬と呼びます)によく処方します。この成分も昔からよく保湿剤に使われる成分で安全性が確立されているため、市販品でも同じ10~20%の濃度で使われています。『ニノキュア』『ケラチナミンコーワ』『尿素クリーム』といった名前で販売されていて、どれもヘパリン類似物質の製品よりも安価です。尿素と聞くと古いタイプの保湿剤と思われるかもしれませんが、世界的にはヘパリン類似物質よりも一般的に用いられる保湿の成分です。市販品でも濃度を含めて処方薬と成分が同じですので、保湿一般、そして特に手や足、二の腕のガサガサには効果を実感できると思います。
尿素

尿素20%が含まれたニノキュアやサリチル酸が含まれるセナキュア。角質を溶かす効果があり、二の腕や背中のガサガサに効果的。


その他のスキンケア医薬品

肝斑という左右対称にほほに出現する女性のしみに効くトラネキサム酸を配合した『トランシーノ』という飲み薬やぬり薬、ハイドロキノンというメラニンの生成を抑える作用のある成分を含んだぬり薬、レチノールというシミやシワに効果のある成分を含んだぬり薬、ミノキシジル5%を含む男性型脱毛に効く『リアップ』など。医学的に効果が高いとされている成分の市販品が発売されてきています。

ただ、いい製品が多数発売される一方で、効果がないことが医師の間では知られているにもかかわらず、赤みに効く、ニキビに効果がある、といった謳い文句で売られている商品もあり、玉石混交とも思えるのが現状です。もし自分の使おうとしている市販品の効果について不安があれば、かかりつけのお医者さんにパッケージの成分を見せて聞いてみるのがよいでしょう。皮膚科医は市販品のすべてを知っているわけではないので商品名だけでは詳細がわかりませんが、成分があれば適切なアドバイスをくれるはずです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。