従来型パッソは厳しい内容だったが……

今年の希少な新型車ながら、タイミングが合わず試乗レポートをお届けしていなかったトヨタの新型パッソに乗ったので、バイヤーズガイドなど。このクルマ、従来型は厳しい内容だった。インテリアのクオリティときたら軽自動車並。いや、シートの作り込みなどは新興国のクルマレベルと言って良いほど。

X“L package・S” (2WD)  (ファイアークォーツレッドメタリック)

新型パッソのエクステリアは「X」と「MODA」の2つのスタイルから選べる。写真はX“L package・S” (2WD) (ファイアークォーツレッドメタリック)


走りの評価も厳しい。フロントサスペンションの動きが極めて渋い上、ダンパーの利きも弱い。ガタガタ乗り心地が悪いだけでなく、コーナーではハンドルの手応えなくフニャフニャ。イマドキこんな日本車があるのか、と驚いたもの。エンジンまで安っぽかった。したがって新型は全く期待しておらず。

先代モデルと比べ物にならない乗り心地の良さ

どれどれ、とDレンジをセレクトしてアクセル踏むと「あらら?」。けっこう良い。というか、車格からすれば十分納得の出来る走りを見せる。何より乗り心地が先代モデルと比べものにならないくらい向上した。もっと言えば、同じトヨタのヴィッツを相手にしないレベル。

MODA“G package” (2WD)  (ブラックマイカメタリック×ファイアークォーツレッドメタリック)

こちらはMODA“G package” (2WD) (ブラックマイカメタリック×ファイアークォーツレッドメタリック)


他メーカーの同クラス車である日産マーチや三菱ミラージュ、スズキ・イグニスあたりは凌駕しており、少し車格の高いホンダ・フィットや日産ノート、スズキ・スイフトと互角かそれ以上の乗り心地を持つ。ハンドリングも先代より大幅に向上。安定してコーナーを走れるようになった。

エンジン始動直後は低い回転域で若干ポロポロした振動を出す3気筒エンジンも、アイドルストップ(始動直後はエンジンが止まらないため、振動が気になる)が付いているため、走り出せばほとんど気にならない。何より燃費が素晴らしく、少し流れの良い道ならコンスタントに20km/Lくらい走ってしまうほど。

X“G package” (2WD)  (内装色:グレージュ)

インテリアは軽自動車より上質、かつゆとりのある空間


安っぽかったインテリアも軽自動車より上質になった。ベンチシート風の運転席+助手席はユッタリ座れて素敵です。何より軽自動車と比べれば横方向に余裕があり、車体の動きも落ち着いているため快適。これなら多少ランニングコスト掛かっても、白いナンバーを選ぶ価値はあると思う。

自社の自動ブレーキを採用していないのは残念

と、ココまでは高い評価が出来るのだけれど、自動ブレーキが厳しい! このクルマ、トヨタブランドなのに、トヨタの自動ブレーキでなく、気休め程度の性能しか持っていないダイハツの自動ブレーキ(スマートアシスト2と呼ばれる)を採用しているのだった。同じタイプの自動ブレーキは、止まらない。
衝突回避支援ブレーキ機能  (対車両)

 

JNCAPという国交省の外郭団塊が行っている自動ブレーキの試験を見ると、10~20km/hという極めて限られた速度域でしか自動停止出来ていない。30km/hで停止している車両に気づかず接近しブレーキを踏まなかったら、ほとんど減速せず17km/h程度で衝突してしまう。この速度で追突したら、けっこうダメージが大きい。

これがヴィッツなどに付いているトヨタの『セーフティセンスC』なら、40km/hでも停止可能。15km/hで追突するのと、手前で止まって事故を防ぐのは圧倒的な違いである。車両はダイハツで生産してもよいけれど、自動ブレーキだけトヨタと同じものを使って欲しかった。

ということで私が友人や知人からアドバイスを求められたら、ヴィッツを提案したい。パッソより若干高額なヴィッツながら、ここにきて値引き幅も広がってきている。大差無い支払額でヴィッツを買えることだろう。また、自動ブレーキ性能を重視するならイグニスというチョイスもるだろう。

■関連記事
新型パッソ、同じトヨタのヴィッツと比べてみると?
マイナーチェンジで燃費が向上、巻き返し狙うヴィッツ
日本仕様のプリウスPHV登場、ソーラー充電の能力は?


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。