評価するのが難しいクルマである。パッと見れば「ちょっと変わったデザインだし地味でしょう」なのだけれど、内容を知ると「凄いね!」と思う。まずは弱点から。アベンシスは元々ヨーロッパ専用モデルとして開発が始まった。チーフエンジニアに聞くと「日本で売るという計画はありませんでした」。したがってデザインも日本市場でなくヨーロッパ市場しか想定しておらず、典型的な日本人である私からすると「なんだかヘン」に見える。ところがヨーロッパ人の価値観からすると「良い」になるらしい。プジョーとかアウディのようなデザインなら、日本人にも受け入れられるのだが、オペルやルノーのような方向をチョイスしたワケ。

乗ると印象は変わる。トヨタのエンブレムを付けているものの、走りはヨーロッパ車なのだ。これまたチーフエンジニアに聞いてみたら「当初は日本専用の足回りにしようと考えたのですが、そうすると特徴の無いクルマになってしまいます。だからヨーロッパ仕様と全く同じにしました」。フワフワの日本車から乗り換えると「硬い」という意見が出るかもしれない。しかしこれぞ正統派のサスペンションである。クルマ通であれば、しっかり”良さ”を認識できるだろう。排気量が2リッターということで多少トルクの細さを感じるけれど、一旦速度出れば何ら不満無し。本当にヨーロッパの2リッターセダンのような味を出す。

もっと凄いのは衝突安全性。あまりPRしていないのだが、世界一厳しいと言われるヨーロッパの衝突安全性評価(ユーロNキャップ)で、日本車初の5つ☆を獲得しているのだ。日本の安全性評価は、規定された試験モードで基準以内の数値を出せばいい。逆に考えると日本の試験モードに合わせたクルマを作れば最高点だって取れる。ところがユーロNキャップときたら、メチャクチャ意地悪。基本となる衝突モードだけでなく、初採用となるニーエアバッグについちゃ「こうなったらどうなる?」みたいな追試をさんざんさせられたそうな。しかもイギリスの評価委員が認めても、ドイツの委員から異議でたり、アウェイは辛い。

結局文句のつけようがなくなり、最高点を付けるしかなくなったようだ。間違いなく現時点で、世界一衝突安全性高いクルマだと思ってよかろう。スタイルさえ気に入り、衝突安全性を重視したクルマ選びをするなら、最高のチョイスじゃなかろうか。そうそう、タイヤは16インチと17インチから選べる。買うなら迷うことなく16インチをどうぞ。17インチは硬く、しなやかさに掛けてしまう。何がなんでも大径ホイールじゃなければイヤだ、というなら止めないが、やはり適正なサイズを選ぶべき。グレードは豪華バージョンとベーシックモデルの2タイプ。ヨーロッパの人のようにベーシックを選び、道具として乗るのも悪くない。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。