TOP > コイの仲間 > エンツュイ

エンツュイ Myxocyprinus asiaticus

エンツュイ

学 名:Myxocyprinus asiaticus (Bleeker, 1865)
通称名:エンツユイ、臙脂魚、咽脂魚
英 名:Chinese sucker、Chinese High Fin Banded Shark
分 布:中国:揚子江(長江)流域に分布
サイズ:60cm~1m以上
Temp :15 - 28℃
pH  


中国の揚子江流域に分布する温帯魚で、現地では生息数の減少から保護の対象とされる。しかし、味が良いことから食用としての人気が高く、盛んに養殖されており、それらが観賞用として日本国内でも流通する。

10cm前後の幼魚で販売されることが大半で、独特の風貌と、可愛らしい模様から広く人気がある。しかし、成長に伴いその模様は消失し、一本の縦じまへと変化し、体高も低くなる。体色はやや褐色から臙脂(えんじ)がかったものとなり、幼魚の頃の印象からはかけ離れる。ただし水槽内で、そこまで成長することは稀で、60cm程度にしかならないと言われている。国内でも一部の水族館で、メータークラスの個体を観ることができる。

幼魚の内は、冷凍赤虫や沈下性の人口飼料等を食べる。生きたイトミミズも良い餌となる。飼育の難易度は、簡単に死んでしまうほど弱くもないが、長期間状態良く飼育するのはやや難しい。水質の悪化、底床の汚れには、ぜひ注意を払いたい。かなり大型化すること、成魚の姿を考慮した上で飼育に臨みたい。




投資未経験者限定で、オンラインインタビューを受けていただける方を募集中!
ご応募の際に事前に投資意向調査アンケートにご回答いただきます。
投資に興味がない方から興味がある方まで幅広く受け付けております。
※謝礼は10,000円になります(最大10名まで)

ご協力いただける方はこちらから回答をお願いいたします(回答期限は2021年3月1日15時まで)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。